カップルが長続きする方法は嫌いなものが似ている人と付き合うことが大事

恋人と長続きするにはどうしたらいいか悩みますよね。

思いやりとかプレゼントとかデートとか色々な方法で繋ぎ止める手段はありますが、一番自然体で長続きする関係を築くにはなにが必要かわかりますか。

それは、嫌いなものが似ていることが一番大事です。

なぜ嫌いなものが似ていると長続きするのか解説します。

離婚の原因1位は性格の不一致の真相

突然ですが離婚の原因1位は性格の不一致です。これが圧倒的に多いです。

また、カップルの別れる原因1位も性格の不一致です。

おかしいと思いませんか?好きで好きで一緒にいたいから付き合って結婚したのに結婚した後に性格が不一致で離婚するって。

根本的に何かを勘違いしていたとしか思えませんよね。

その根本的に勘違いをしている原因が好きだから結婚してしまったことです。

顔だろうが、収入だろうが、性格だろうが、その人の何かを好きになってしまい結婚という選択肢を選んだと思います。

これは、恋愛なら良いのですが結婚という抗いようもない現実に対して好きという感情はあまりにも脆いです。

いざ、一緒に生活をしてみて好きだけで生きていけるほど人生甘くありません。

細かいことを言えばごみの捨て方、物の配置の仕方、洗濯物の畳み方、こういったことのズレが重なってどんどんムカついて嫌いになって離婚するのです。

これはカップルでもデートしていて、店員に対する態度、デートプランの立て方、普段の身だしなみ、こんな些細なことの積み重ねのズレが別れる原因です。

このズレが何かと言うと嫌いなものの不一致です。

例えば、デートプランの立て方一つとってみても、きっちりと隙間なく行動するタイプは行き当たりばったりで行動するのは許せないし、自由気ままに観光したいタイプはガチガチに束縛されると嫌になると思います。

お互い好きでデートを楽しみたいという気持ちは同じなのに、計画性が無いのが嫌い、ガチガチに計画を立てられるのが嫌いという違いだけで喧嘩になり別れます。

つまり、嫌いなものが似ていない同士では別れる可能性が高いのです。

だから、カップルが長続きするには思いやりとかのテクニックより嫌いなものが似ていることが絶対に大事なのです。

自分が譲れないものとは嫌いなこと

自分が譲れない部分って人間誰しもあると思います。

譲れない部分って何かと言えば自分が嫌いなものです。

好きなものと好きでも嫌いでも無いものは譲れます。

例えば、お肉が好きで魚は好きでも嫌いでもない、野菜は嫌いの人間がいたとしましょう。

ハンバーグを食べようと思っていたのにステーキになってしまっても、この人は納得して食べると思います。

魚になってもガッカリはしても食べると思います。

しかし、これが野菜になったら不満タラタラでもしかしたらキレるかもしれません。

でも、野菜が別に嫌いでない人からすれば小さいことでネチネチうるさい奴だと嫌気がさすでしょう。

嫌いという感情は人間の感情で好きより絶対に強いので許せないのです。

だから、嫌いなものが一致していないとお互いに譲れない部分が多数存在することになり譲れない数だけお互い衝突することになります。

B’zの「hole in my heart」という曲にこんな歌詞があります。「憎みあうわけじゃないのに いっしょにいれば傷ついてく」

これと同じことが好き同士のカップルでは起こります。

そのため、嫌いなものが一致しているもの同士のカップルの方が自然とぶつかる部分が少なくなるため長続きするカップルになりやすいのです。

嫌い=敵は共通価値観の共有

簡単に仲良くなる方法って知っていますか。

それは共通の敵を作ることです。もっと言うと嫌いなものを一致させることが重要です。

よく悪口を言い合っているうちに意気投合して付き合ったとか聞きますよね。それは、共通の敵を作り仲間意識を作れたため自然と打ち解けていくからなんです。

好きなものが一致していても自分が大嫌いなものを相手が好きになっていたら、価値観を疑い冷めますよね。

自分だったら金銭感覚、趣味、味の好みが似ていても店員に横柄な態度を恋人がとっていてそれがお客だから優遇されて当然なんて考えを持っていたらそれだけで恋人の人間性を疑い一気に冷めます。

これが他の好みがずれていても「店員に横柄な態度をするやつは最低」の一言があるだけで「わかる!わかる!」となり意気投合して勝手に「こいつ人間出来てるな・・・」なんて思うわけです。

恋人やパートナーは自分の人生にとって一番近しい存在なはずです。そんな大事な仲間が自分が嫌いなものを好きと言ってしまうと信頼関係が揺るぐのです。

一緒にやっていけないかもと思うわけです。

いくら好きでも「あれっ!?」っとなるわけなんです。

だから、こまめに連絡を取るとか色々な長続きさせる方法論はありますが、そんなものに頼らず嫌いなものが一致していて自然体で付き合える方が仲間意識が芽生えて長続きするのです。

まとめ

カップルで長続きする方法は最初から嫌いなものが一致する人を選ぶことです。

土台がしっかりとしていれば後はどうにでもなりますが、土台が脆いといくらテクニックで頑張っても絶対に限界が来ます。

だから、長続きするように嫌いなものが一致する人と付き合うことが幸せの近道なんです。

ただ、男と女はすれ違うことが多いので相互理科は必要です。理解するにはこの本が最適です。

今まで意味不明で喧嘩になっていた相手の言動について男女ともに論理的に解説してあり本当にベストパートナーとして生きていくために大事なことが書かれています。

長続きする人を見つけて是非楽しい人生を歩んでください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

内向的な根暗は恋愛に不向き 特に社内と学校

彼女を作るために最低限必要なこと

モテる男とモテない男は結婚しない

ドライブデートでしてはならないNG行動はこれ

男が結婚を決断するには勢いが非常に大事

彼女放置系の自分が彼氏が彼女を放置する理由解説