中堅社員がいない企業はブラック企業!?ヤバい理由を解説

新卒で入社した若い人は大体3年以内に辞める確率が30%を超えています。

若いうちは合う合わないがあるからしょうがないことです。

しかし、6年以上の経験を積んだ中堅社員が辞めてしまい、いなくなってしまった会社ははっきり言ってヤバいです。

その理由を説明します。

全てわかったうえで会社に見切りをつけている

会社って不思議なもので条件面が良くても働く人が自分と合わないだけで地獄の環境になります。

また、働く人が良くて条件が良くても自分に全く仕事の適性が無くて仕事が思うように出来ないこともあります。

仕事において大事なのは才能があるかどうかです。副業とか趣味でコツコツと続けるなら才能が無くても好きという感情で問題ないですが本業では話が別です。...

なので、若いうちは職場が自分と合わなかったり仕事が自分に合わなかったりして辞めてしまうことはあります。

しかし、6年以上勤めている中堅社員だと話は違います。

ストレスを感じることはあっても今までなんとか折り合いをつけてやってこれただろうし、仕事自体もまるっきり向いていないということは無いと思います。

しかし、中堅になると今まで与えられていた仕事をやっているだけではなく特に小さな会社では早いうちから組織運営の一部を任されるなどリーダー的な仕事も増えます。

会社の全体像がなんとなく分かり始めてくるのが中堅社員なのです。

仕事の辛さも人間関係も会社の状況も全て理解し始めて辞めているということは総合的に考えてこの会社にはいる価値が無いという決断を下しています。

物事を全体的に把握できていてこれから会社を担っていく人たちが、ダメだとわかったうえで見切りをつけてしまう会社が良い会社であるはずがありません。

だから、中堅社員がいない会社がヤバい会社なのです。

世代間対立が激化してしまう

いつの時代でも育ってきた環境が違えば考えが違います。

年寄りは若手を嫌うし若手は年寄りを嫌います。

これは避けられないものです。

しかし、会社としてやっていく以上なんとか折り合いをつけてやっていかないと組織が破たんします。

そこで活躍して橋渡しをしてくれるのが中堅社員です。

間に入ってちょうどいいバランスを取れる貴重な人材が中堅社員です。

この中堅社員がいない会社だとバランスを取る人がいなくなります。

すると、世代間対立が激化するのです。

激化していい方向に議論できるかと言えばそうはなりません。

大体年寄りが老害になってやりたい放題するようになりますし、若手は表面上従っても不満タラタラで愚痴が凄くなります。

どこの組織にもいる組織を衰退させる原因である老害。老害に絡まれると本当に嫌ですよね。 そんな嫌われる老害の特徴と嫌われる老害になってしまわ...

組織として完全にバラバラになってしまうのです。

そんなバラバラで上の人間がやりたい放題する会社が居心地良いはず無いですし、未来があるとは言えません。

だから、中堅社員がいない会社はヤバいのです。

残っている人はおかしい人

会社って本当に不思議なものでまともな常識人から辞めていき残る人間は他に行ったら確実に使えない、そもそも採用されないおかしい人ばかりです。

人が辞めることはどこでもありますが、中堅社員が少ない会社では残った人間は高確率で曲者揃いです。

明らかに何かが欠落している人間しかいなくなるのです。

仕事で大事なのは人間関係です。人間関係が仕事を決めていくと言っても過言ではありません。

おかしい人と働くだけで尋常ではないストレスとやる気が失われる最悪のコンボが発生してしまいます。

会社組織で働いていれば嫌な奴なんていくらでもいます。時には我慢が必要なのも社会人なのです。 しかし、どういうわけか嫌な奴どころか頭がおかし...

ここで中堅社員がいれば歯止めがかかったり、止めたりしてくれるのですがいないとおかしい人はよりおかしい人になっていく悪循環が出来上がります。

そうなると、最悪の環境で働かないといけないのでヤバい会社なのです。

まともに会社が成長してこなかった証拠

人材に穴がある会社は、何かしらの原因で人が辞めたか、その時期に業績が悪くて採用活動が出来ない状態になってしまっていた場合が考えれます。

どちらの場合でも簡単に言えば会社が健全に成長してこなかった証拠と言えます。

就活の時期とかに「人材は宝」と色々な企業が耳障りの良いことを言いますが、本当に企業が思っているかどうかは別にして会社とは人が全てというのは本当です。

自分の働いている会社でも中堅社員がいないのですが、すぐには悪影響が目に見える形で出ませんでした。

むしろ、人件費が浮いて短期的には余裕なのです。

それが、10~15年という長い年月をかけてゆっくりと目に見える形で悪影響が出てくるのです。

まともに成長できず誤魔化してやってきても、結局手詰まり感が出てしまうのです。

まともに会社が成長できていなくて、現在中堅社員がいない状態の会社がこれから飛躍的に向上していく可能性なんて少ないと言わざるを得ません。

そのため、中堅社員がいない会社は順調に成長していないうえに現状でも何かしらの対策もとれていないヤバい会社であるというわけです。

転職出来る準備だけはすべき

中堅社員がいない会社は基本的に若い人の労働力を使い捨ててベテランが私腹を肥やしているパターンが非常に多いです。

今は良いと感じていてもそんな会社に未来は無いと思います。

何かあった時のために転職できる準備だけは絶対に怠ってはいけません。

これからの時代、誰もが転職するしないは別にして転職できる能力は絶対に持っておくべきです。

上に従っているだけで安泰な時代は終わっています。

そのため、まずは自分が人生をどう生きていくか考えていくべきです。

転職できる力を身につけていく必要があると考える人が書いた本があります。

これは、転職のテクニックだけではなく仕事と人生との関係、自分のキャリアの棚卸まで含めて考えることが出来ます。

まさに、一度でも転職を考えたら読みたい本です。

また、転職しないにしても常に自分の市場価値を把握しておく必要があります。

社内で活躍出来ても社外で評価される能力や経験が無ければ何かあった時にどうにもならなくなってしまいます。

そこで、自分の適正年収を常に知る必要があります。

役に立つのがミイダスです。

質問に答えるだけで自分の適正年収を勝手に出してくれるので楽です。是非把握だけはしておきましょう。

まとめ

中堅社員がいない会社は確実に正常な状態の会社ではありません。

見切りをつけられたり業績が悪かったり人間関係が悪いなど絶対に問題があります。

だから、ヤバい会社なのです。

いつでも転職できる力だけはつけておかないと本当に困った時にどうにもらないことになるので注意しましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無駄な会議が多い会社の特徴!会議が多い会社が駄目な理由

絶対安定な会社なんて無い!大事なのは普遍的なスキルが学べる会社を選ぶこと

古い考えで時代遅れの会社からは転職した方が良い理由

仕事が忙しくても趣味を大切にすべき理由

紳竜の研究 島田紳助が成功した戦略の全てが詰まっている

職場で孤独感を感じるストレスの解消法と原因