仕事で正当に評価されない原因は何?辞める前に評価される人との違いを知ろう

仕事を頑張ってきっちり自分なりに成果を出しているのに会社から思ったように評価されないことがあります。

なぜ結果を出しているのにしっかりと会社は評価しないのでしょうか。

評価される人との違いから原因を説明します。

仕事で評価されない原因

仕事で評価されないのは単なるイジメでない限り必ず原因が存在します。どういった場合に仕事で評価されないのでしょうか。

仕事で求められていることが違う

よくある勘違いが自分では仕事が出来ると思っているだけのタイプです。この勘違いタイプは大体会社が求めていることと違うことを一生懸命にやって評価されなくて怒っているのです。

例えば営業の仕事で評価されると言えばどれだけ契約が取れたか、または営業に関連する資格を取得したとかですよね。

それなのにヒヨコ鑑定士の資格を取って「自分はこんな難関資格を取ったんだ!」なんて息巻いても誰も評価しないのは当たり前ですよね。

だから、会社がどういったことをしっかりと評価しているのか。どういう方向性を見据えているのか考えないで一人で突っ走るとその会社では評価されなくなります。

ただ、会社の方向性そのものが自分に合わないのに無理して働いてもストレスが溜まりまくるのでやりたいことがしっかりと決まっているなら転職した方が良いです。

ただ、転職をする場合絶対に在職中に行いましょう。結果的に現職が一番だと思うことだってあるので感情論でいきなり辞めるのだけはしてはいけません。

転職活動は大体が3カ月から6カ月で決めています。この情報だけ聞くと焦りますが在職中なら長期戦でも全く問題ありませんしむしろメリットだらけです。 ...

また、転職するにあたっては「転職の思考法」という本を読んでおくといいです。この本は実際の転職活動のハウツーだけでなく自分のキャリアをどのように考えて生きていけばいいのかという働き方のあり方まで考えさせてくれるのでサラリーマンなら絶対に一度は読んでおくことをオススメします。

定量評価が絶対だと思っている

大体の会社ではノルマがあると思います。このノルマや目標を達成して評価されることを定量評価と呼びます。

自分がしっかりと求められた目標を達成しているのに会社が評価しないから憤りを感じていることも多いと思います。

しかし、こういったタイプは定量評価が絶対だと勘違いしています。

結局人が人を選ぶのは最後は好みです。人が人を選ぶって本当に曖昧なのです。

この好き嫌いだったり目に見えない部分を評価するのを定性評価と言います。

評価と言うのは圧倒的に定性評価によるところが大きいのです。

理不尽だと思いますか。そうです!理不尽です。

そもそも、定量評価でさえもともとは定性評価のもとに作られます。

どのようなノルマを設定してどんな人間を評価の対象にしようと考えるのは定性評価ですよね。その定性評価のもとに定量評価が出来上がるのですから定量評価を盲信していても理不尽なことになります。

だから、しっかりと実力があって評価されていないことになるので、この場合は転職しても良いのかなと思います。

やり切ったオーラがうっとうしい

自分はこの仕事をやり遂げたから凄いとか今こんなプロジェクトで頑張っているなんてこれ見よがしに自慢する奴は誰からも評価されません。

会社でアピールすることは絶対に大事ですが、いちいち自慢するような発言をすれば周りから顰蹙を買うことになります。

また、そのような傲慢な人間にはリーダーなどの上の役職に付けたくないと上層部は思います。

さらに、下の人間から慕われなければどの道これから先活躍なんて出来ません。

実力があっても謙虚さが無いと人間いけません。

アピールが足りない

日本のサラリーマンがやってしまいがちな失敗ナンバーワンだと個人的に思うのはアピールが圧倒的に足りないことです。

自分の仕事を上司にアピールしたり資格の取得、勉強していることを声高にアピールすることは媚びを売る行為であり恥ずべき醜悪な行為だと思っていませんか。

全く違います。

アピールこそが会社で働くうえで絶対に必要なのです。

もちろん高慢な奴になってはいけませんが、アピールしないのが一番いけません。

結局人が人を選ぶって曖昧なんです。コツコツ頑張っていたからといって見てもらえると思ったら大間違い。人は目に入ったものしか見ません。

だから、自分はこんなことをした。こんなことをこれからやろうとしているとしっかりと上司や周囲の人間にアピールしないことには上の人間は評価しようがないのです。

だから、飲み会が嫌いとか言って行かないという気持ちは痛いほど狂おしいほどにわかりますが、日本で働く以上飲み会に出てしっかりとアピールをぶち込んでおかないと必死に働いているのに評価されません。

飲み会が苦手な人はこの記事を見てください。

効率性や働き方改革なんて叫ばれていてもいつまでも無くなることが無い無駄代表飲み会。 友達との飲み会は楽しいですが会社の人間との飲み会はつま...

会社の中で孤立している

会社は仕事をする場所だから仕事だけしていれば良いと思っていませんか。仕事をきっちりやっているから評価されて当然という考えは間違いです。

仕事だけしているということは会社の人間と極力関わらなくても良いと考えていると思います。

そうやって黙々と仕事だけしていると確かに頼りになるし真面目だし悪い奴では無いと思われますが、結局あいつってどんな人間?って不気味がられます。

何度も言いますが人が人を選ぶって曖昧なので好みです。

だから、不気味で仕事が出来る人間より人間味がある無能の方が御しやすいし上司からすれば最高なのです。

そして、孤立していると誰からも良い評価を広めてもらえないですし何を頑張っているかも上司の耳に入らないので評価されないのです。

性格傾向がINTJだと能力があっても孤立することがあるので自分で性格タイプを認識すると良いと思います。

無料性格診断でINTJと診断された自分がINTJってどんな人間なのか一つ一つ特徴を解説したいと思います。 色々面倒くさいんですが決して悪人...

やることが遅い

仕事をきっちりやることは良いですが遅い人間は評価されません。

大体世の中の仕事って何事も完璧と思っていませんか。違いますよね。

どんな専門職だろうが公務員だろうがずさんな仕事をしています。仕事ってある程度適当なんです。

だから、きっちり完璧なものを期限ギリギリまたは遅れて出すより80%くらいの出来て素早く出してくれる方が確実に上司からするとありがたいのです。

早いとそれだけ次の仕事に移れるしミスもカバーできやすいと考えるので仕事が速い方が良いのです。

だから、いつまでも遅くまでやっている人間は評価されません。

仕事で評価されている人の特徴

反対に仕事で評価されている人間はどういった特徴があるのでしょうか。自分が目指せそうなスタイルを目指すと良いと思います。

圧倒的な才能がある

仕事だけすればいいのではないですが、会社としては圧倒的な才能がありしっかりと利益を生んでくれる人間を無下に扱うことは絶対にしません。

結局きついことを言うとそこそこ優秀だけど代わりがいないとも言えない人材だから評価されないのです。

代わりがいない圧倒的な才能があり実績を残している人間を好き嫌いで差別することは出来ません。

だから、仕事だけして評価されたいと思うならば一杯勉強して一杯成果を出して口賢しい奴らを実力でねじ伏せるしかないです。

会社の方針を理解している

圧倒的な実力が無くても効率よくポイントを稼ぐのが一番現実的で評価されます。

会社がこれからやっていきたいこと、今一番力を入れている分野に積極的に手を挙げて参加したりコツコツと勉強していくのが一番いいです。

積極的に手を挙げること自体がアピールであり上手く参加できなくても結果としてはプラスです。

あくまで、自分は会社の考えに上司の考えに賛成しています。そのうえで、自分は実力を発揮して貢献したいという態度を見せる人間は評価されています。

上司との仲が良い

何度も何度も言いますが結局人が人を選ぶって曖昧なので上司との関係が良好でなければ話になりません。

また、上司が何を考えているのか理解しないとすり寄ることも出来ません。

だからこそ、しっかりと仕事中に上司と雑談したり飲み会に積極的に顔を出して話をするということが大事なのです。

評価されている人間は当然上司から評価されています。なぜ評価されるかと言ったら自分にとって都合が良いからです。

それは、仕事が出来ることによって上司の評価が上がったり自分の言うことを聞くから都合が良いとかとにかく上司に得があるから評価されているのです。

上司が何を考えて何を評価するのかは仲良くないとダメですし何より多少駄目でも仲が良いと勝手に評価されます。

ずるいとか思うのは間違いです。

自分を演出する力がある

上司と仲が良くても本当に遊んでいるだけの奴は一定以上の評価は得られません。一定以上の評価を受けている人間は自分を上手く演出しています。

自分はこれが出来る。これをやっていきたい。こんなことを勉強している。

といったことをしっかりと上司にアピールして自分は頑張っているよ。評価してね。でも、逆らうことはしませんよ。アピールをしっかりと実行しています。

自分も経験がありますが一番正しい論理的な意見より組織においてはその場の雰囲気で最も穏便に済ませる合理性が働きます。

日本の会議で一番重要なものと言えば論理性とか説得力ではなく根回しです。 正直に言えば根回しはくだらないし最悪だと思うのですが実際に根回しを...

自分を演出していい人材だと思わせましょう。

ゴールから逆算する力がある

仕事だけでなく人生で差を付けるために必要なのはゴールから逆算することです。

勝ち組と言われると良い企業に入ったとか高収入とか言われていますが、今は良い企業に入っても一生安泰じゃないです。 しかも、人生の大部分がよく...

ゴールから物事を考えていつまでに何をすればいいのか。そのために今できることは何かをしっかりと考えて先読みして行動する。

これが出来ている人間は仕事が非常に早いです。

仕事が速いということはそれだけ評価されるということです。

常に求められるゴールを認識してしっかりと道筋立てて行動していけば少なくとも出来る社員だと思われることは間違いなしです。

仕事で評価されないなら転職もあり

仕事で評価されないとモヤモヤイライラで人生を楽しめません。

だから、転職も選択肢に入れるべきです。

ただし、在職中に活動しましょう。

本当に不当に評価されているのか、自分に実力が無いのか完全に未知数です。

勢いに任せて辞めるのは賢い人のやり方ではないはずです。

在職中でも転職サイトは登録できるので自分が不当に評価されていないか客観的に確かめて評価してくれる会社があるなら転職しましょう。

恐らく大体の場合は能力があって年収も上がると思います。

実際に自分がどの程度の年収が貰えるのかはミイダスで確かめましょう。

5分程度で自分の適性年収が無料でわかるので一度やることをオススメします。

ミイダスで自分の本当の年収を知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

在職中だと履歴書、職務経歴書、面接の練習とかめんどくさいです。

そんなめんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

また、会社の内情も教えてくれるので社風が合わないような会社に入る危険が減ります。

どんな人が評価される会社なのか知っておくことは非常に大事です。

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

1つ目がリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

個人的な感想としては地元企業のあまり大きくないような会社の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

非公開求人が多いので登録することで優良な企業の求人を見れます。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので細かく自分の希望する求人を調べられます。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

そもそも、落ちまくってどうしたらいいのかわからないといった不安までしっかりと話を聞いてくれてアドバイスしてくれたので安心感が違います。

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

在職中だと履歴書、職務経歴書、面接の練習とかめんどくさいです。

そんなめんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

また、会社の内情も教えてくれるので社風が合わないような会社に入る危険が減ります。

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

1つ目がリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

土日休みの求人を多数紹介しています。

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

個人的な感想としては地元企業のあまり大きくないような会社の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

非公開求人が多いので登録することで優良な企業の求人を見れます。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので土日休みで求人検索すれば希望に合った求人が見つかります。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

そもそも、落ちまくってどうしたらいいのかわからないといった不安までしっかりと話を聞いてくれてアドバイスしてくれたので安心感が違います。

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

_

まとめ

仕事で評価されないと嘆く人に無能はいないと思います。悩む時点である程度は優秀だと思います。

しかし、優秀なだけでは評価されないことが多いです。特に内向的な人間は評価されにくいと思います。

内向的だからこそ出来ること出来ないことがあります。悩む必要はありません。

仕事で評価されないのは真面目な人間にとって辛いです。評価されるために出来ることは定式化されているので今回紹介した内容を参考に行動してみてください。

本当に実力がある人間が評価される世の中になって欲しいと心の底から願います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の年金制度と年功序列はねずみ講で詐欺と同じ制度

会社が潰れそうなときの対策と潰れる会社の特徴

黒板に公式

なぜ仕事を教えてもらえない!?職場で放置される原因と対策

会社員に向いていないならどんな生き方をすれば良い!?悩みぬいた自分が解決策を提示

総務職の志望動機 就活・転職・未経験別と求められるスキル

飲み会が多い会社は危険!風通しが良いとは嘘