男は本当に困っている時に助けてくれる彼女と結婚すべき

結婚する相手はどんな人が良いかどうか悩むと思います。顔が良い人が良いのか料理が上手い人が良いのか一緒にいて楽しい人が良いのか色々考えると思います。

どんな要素を差し置いても絶対に必要な要素があります。それが困っている時に助けてくれる彼女かどうかです。

けじめで結婚なんてしなくていい

よく長く付き合ったから結婚しなければならないとか言われたり考えたりすると思います。

確かに何の意味も無く結婚願望があるアラサーと付き合っている男は悪魔的ではあると思います。結婚願望が無いなら早めに別れてあげてください。

https://shiomakiai.com/%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%b5%e3%83%bc%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e3%81%ab%e7%b5%90%e5%a9%9a%e3%82%92%e3%82%a8%e3%82%b5%e3%81%ab%e9%95%b7%e6%9c%9f%e9%96%93%e4%bb%98%e3%81%8d%e5%90%88%e3%81%86%e7%94%b7%e3%81%af/

しかし、同時に義理や仕方なくという理由で結婚なんてしなくてもいいのは当然でしょう。

自分の人生をどう生きるか真剣に考えた時に相手に悪いからなんて理由で結婚することが最善なはずが無いですよね。

また、そろそろ良い年齢だから周りも結婚しているしけじめで結婚してしまう人もいますが任侠の世界では無いのですからそんなもので結婚する必要性なんかありません。

そして、それらの決断は結局のところ相手を見ずに自分の考え・都合だけで結婚していることになっているので高確率で失敗することは間違いないでしょう。

根本的な嫁選びの方法が間違っているのです。

困っている時の対応で本性がわかる

人生に大事なことはたくさんの友達を作ることではなくどれだけ困った時に見捨てない人間関係を作れるかが大事です。

人生いつでも順風満帆なら良いですが絶対に辛い時期や支えて欲しい瞬間があります。そんな時に助けてくれない彼女は所詮楽しい時だけ、良い所だけを美味しくいただこうとする下種野郎です。

一番辛い頑張り時に一緒にいてくれない人間って一緒にいる意味が全くないですよね。

だって、辛い時は一人で頑張るなら別に彼女なんかいらないですよね。

自分が肩書を失ったり上手くいかない時の対応が彼女の本性です。ここで、美味しいとこ取りをするハイエナなのか本当に自分のことを好きでいてくれるかわかります。

そんな困った時にしっかりと支えて一緒に頑張れる彼女であれば一生楽しく過ごせるので顔とか貧乏だとか関係なく結婚すべきなのです。

恋愛している場合じゃないからこそ恋愛すべき

困っている時に本性がわかるわけですから自分が貧乏だったり肩書が無かったり上手くいっていない不安定な時期こそ良い相手を見つける恋愛のチャンスです。

男は比較的「収入が安定したら」とか「これが成功して軌道に乗ったら」なんて言って成功したりステータスを得てからイージーモードで恋愛をしようとしますが全く逆です。

成功したり安定してから恋愛して苦楽を共にできる相手を見つける方が確実にハードモードです。

辛い時期に一生に頑張って助けてくれるかなんて辛い時期に一緒にいないと判断が出来ないじゃないですか。

だからこそ、自分が辛く悩んでいてとてもじゃないが恋愛する時期は無いと思っている瞬間こそが人生で一番いい相手を見つけることが出来るチャンスなんです。

ピンチはチャンスです。

困っている時に付き合ってくれた彼女こそあなたと人生を共にすべき人間です。良い相手を見つけてから成功したり安定すればいいのですから多くの男は手順違いをしています。

人が休んでいる時こそ稼ぎ時。恋愛する気じゃない時こそ恋愛すべきです。

辛い時に支えてくれる彼女の作り方

手遅れな人もいるかもしれませんが一番いいのは絶対に学生時代から続けられる彼女を作っておくことです。

結局学生時代から社会人までの間に人生のターニングポイントになるようなイベントが目白押しです。

そんなイベントばかりの中で確実に上手くいかなかったり辛くなって自暴自棄になりそうな時が絶対にあるはずです。

そんな肩書も無く何物でも無い期間を何の見返りも無いのに過ごした彼女とは他では替えの効かないかけがえのない存在であり一生を共に過ごせるでしょう。

だから、学生時代から続けられたら他のどの年代で出来たカップルより本質的な絆が強いと思います。

しかし、学生時代に彼女を作れるのは一握りの人物ですし何より社会人になっても続く関係を作るのは難しいです。

そこで一番良い方法は社内恋愛で彼女を作ることです。

なぜなら、街コンとかで出会うより確実に苦楽を共にできる関係を築けるからです。

街コンってなんとなくの合う合わないはわかりますが実際にどういった人間かどうかなんて全くの未知数だしキツネとタヌキの化かしあいです。

本当に必要な女を見抜くのはほぼ不可能です。

その点、仕事をしていれば困ったことなんていくらでもあります。そんな困難な時を一緒に乗り越えてやっていける人かどうかを付き合う前から体験して相手がどんな人か吟味できる社内恋愛は街コンなんかよりずっと手っ取り早いです。

社内恋愛は学生時代の黄金期を逃しても自分にとって辛い時に助けてくれて一緒にやっていける人を探せるボーナスステージなのです。

なので、良い女はとりあえず社内から探すことをオススメします。

昔は結婚と言えば社内恋愛と言えるくらい王道でしたが今では年々割合は減っていき合コンや友達の紹介が一番になっています。 その理由は社内恋愛は...

まとめ

男は女と比べてストレスや痛みに弱いです。孤独にも弱いです。そして、現代社会は厳しいです。

だからこそ、困った時に助けてくれる女を何としても見つけ出し結婚すべきです。これは顔や性格が合うとかよりも最優先で考えなければいけない要素です。

ただ、人は失敗します。確実に子の人じゃないと思っても間違った人を選んでしまいます。なぜ失敗するのかどうすれば回避できるかについてはこの本を読んで下さい。

困っている時に助けてくれる彼女と結婚すれば人生の充実度が確実に高まります。是非助けてくれる彼女を見つけ出して幸せになりましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

彼氏・旦那がいつまでも子供でムカつく原因は男は変わらないから

モテる男とモテない男は結婚しない

結婚するなら社内恋愛をデメリットもあるがオススメする理由

社交的な女は何故モテないのか

アラサー彼女に結婚をエサに先延ばしする男は悪魔

内向的な根暗は恋愛に不向き 特に社内と学校