真面目で誠実な男はモテないという圧倒的事実

女性の理想の男性として真面目で誠実な人がよく挙げられますが、あれは嘘です。

真面目で誠実な男は確実にモテません。嫌な目にあうだけです。

なぜ真面目で誠実な男は人として正しいのにモテないという不利益を被るのでしょう。

その悲しい事実を解説します。

女は重い、がっつく、余裕のない男は嫌い

女は真面目で誠実な男は好きではありません。何故かというと真面目で誠実な男は女が嫌いな要素を人知れずパーフェクトにコンプリートしてしまっているからなんです。

女が嫌いな男の特徴気持ちが重い、女にがっつく、女に対して精神的余裕が無いです。

真面目で誠実な男はまさにこの嫌われる特徴に当てはまっているのです。

誠実な男は、真面目で一途でその人だけを愛そうとします。これが女にとっては重い男で魅力が無いと嫌われる原因になります。

一人の女を真剣に好きになったらもっと喋りたいし遊びにも行きたくなりますよね。そんな一途に真面目に好きな人にアプローチをするとがっついている男だと認識されて嫌われます。

本気で好きな人を前にすると嫌われたりしないかとか好かれるためにはどうしたらいいのか色々考えてしまい平静ではいられなくなってしまいますよね。そんな平静でない態度が精神的に余裕が無いと思われてしまい嫌われます。

そのため、真面目で一途で誠実であればあるほど男は好きな女から心底嫌われ相手にされないようになるのです。

最低限なので別にモテるとかではないので過剰に期待しない方がいいです。また、好きな子を確実に落とすとか大それたものでもないです。しかし、彼女を作り...

清潔感の正体は周囲の人気度

女は清潔感がある人が好きなんて意味の分からないことを声高に発言していますよね。

実際問題として清潔感ってなんだかわかりますか?

答えは周囲からの人気度のことなんです。

清潔感といってもお風呂に入らず髪の毛がギトギトとか明らかに異臭を放っていたりボロボロの服を着ている人間なんて普通に生きていればいません。

高い服を着ているか安い服を着ているかの違いはあっても清潔感が無い男の方が割合的には少ないです。

それでも女が意味不明な清潔感を求めます。ここでお風呂の回数を増やしても別にモテません。

清潔感とは女がちょうどいい相手だと勝手に思い込むためのプロパガンダに過ぎないのです。

男はモテる女よりモテない女の方が好きですが女は逆です。モテる男が好きなんです。

モテる男は簡単に言えばアマゾンレビューが付いている高評価の商品なんです。いくら真面目な男が優良物件だとしても評価がついていない商品はなかなか買わないですよね。

女はこう考えます。モテるということは他の人からお墨付きを得たということ。女の扱いにも慣れていて楽しませてくれそう。そして、女の目を気にして程よく洗練されている。ちょうどいい清潔感があるな。

こんな感じでモテる男が好きという頭が悪い理由を上手く清潔感という目に見えない何かで誤魔化しているのです。女がブランドが好きな理由は他の人が持っているから欲しがっているからです。まさに欲望は他者の欲望です。それは異性関係でも当てはまります。

そのため、真面目で誠実な男がいかに頑張ろうとも現状モテてない以上清潔感は手に入らずますますモテないのです。

真面目で誠実な男性が好きはカラ求人みたいなもの

真面目で誠実な男はこう反論するでしょう。

「そう言っても、ほとんどの女はチャラ男より真面目で誠実な男が好きだと言っている。地道に頑張っていれば誠実な男が好きな優しい女が振り向いてくれる」

と、こんな夢を語るでしょう。

はっきり言います。女が言う「真面目で誠実な男が好き」はカラ求人です。

求人票で個性的で挑戦心がある人を求めると言いながら実際は従順で逆らわない奴隷になりそうな人間しか採用しないのと一緒です。

その求人内容はまるっきりの嘘であり最初からそんな人を採用する気が無いカラ求人なのです。

考えてください。学生時代にモテた人間は真面目で誠実な男でしたか?違いますよね。

社会人になったらモテる人間は真面目で誠実な男に変わりますか。変わりませんよね。相変わらずモテるのは学生時代にモテたようなタイプで真面目で誠実な男に来るのはATMにしようとしている遊び終えた女だけですよね。

または、全く相も変わらず相手にされないことだって多々あります。

女の言う真面目で誠実な男はカラ求人であり幻想に縋っても嫌な思いをするだけです。

モテるためには女慣れをする

真面目で誠実な男が報われてモテるためにはどうすればいいのか?

それは女慣れするのが一番です。

慣れすれば重い・がっついている・余裕が無いという負の3要素を克服出来るのです。

しかし、モテないからこそ女慣れしていない状態であり詰んでいると思っていませんか?

モテなくても女慣れは可能です。

その方法がキャバクラに行くことです。

モテなくて社会人になってしまった男性って結構いると思います。 学生時代なんて顔か運動神経が良くなければ恋愛なんかすることさえ叶わない現代で...

ふざけているわけではありません。キャバクラに行くことで現状より女に接することでレベルアップが出来ます。そこからステップを踏んで色々経験すればいいのです。

そして、言い方が悪いですがお金を払えば到底喋ることすら叶わない美人と喋ることが出来ることで「なんだ・・・こんなものか・・・」という気持ちになります。これが女慣れです。

彼女が出来た時に絶対に思うのが「なんだ・・・こんなものか・・・」です。

これを繰り返して情熱を失い冷めていくことが女慣れするということなんです。

だからこそ、付き合った後に女だけ舞い上がって結婚する気が満々なのに男はその気が無いということが起こります。それは男側は付き合えそうな女と付き合っただけで特に一途で情熱があるわけでは無いからです。残酷ですよね。

今どき結婚しない人って増えましたよね。結婚しない人の内訳を考えてみるとモテる男とモテない男はなかなか結婚しないと思います。 なぜモテる男と...

そのため、モテるためにはとりあえず女慣れしましょう。

女慣れした方が良いと言っても真面目なタイプは恋愛も理論から入ってしまうと思います。そんな人にはこの本をオススメします。

この本は面白いけど実際に使えるテクニックを学生のような熱量で真剣にモテない男がモテるためにはどうするべきであるかを熱心に考え解決策を提示してくれる本です。面白いので是非読んでみてください。

まとめ

真面目で誠実な男こそ本当はモテないと日本社会において多大なる損失であると思っています。

だからこそ、真面目で誠実な男は女慣れをしてモテるようになって女を幸せにしてあげて欲しいと思います。

女慣れするのは簡単に出来るので彼女を作って楽しい人生を送ってほしいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Vintage Blue ビンテージ ブルー 静岡でデートにオススメ

気が利かない彼氏をオススメする気が利かない男の持論

彼女がLINEを既読スルーする理由と対策

街コンはコスパが悪い運ゲーだから行かなくてもいい

デートで奢りたくない割り勘にしたい男は楽しみ方を間違えている

結婚するなら社内恋愛をデメリットもあるがオススメする理由