社会人からの簡単貯金術 FPが教えます

社会人になると毎月会社から給料が安定してもらえるので働く前は誰もが楽勝で貯金出来るじゃんと思いますよね。

しかし実際は全くお金が貯まらないという人が多くいると思います。

そこでFPの資格を持ってる自分が社会人はどのような考えを持てば貯蓄がより出来るのか教えたいと思います。

収入が多ければ貯蓄が多いは間違い

とにかく収入が多ければ金が貯まると考えている人はお金は貯まりません。現に貯まってないですよね。

社会人になれば給料が毎月何十万という額が確実に入ってきます。さらに賞与も含めれば実際計算してみて欲しいのですけど「自分ってこんなにもらっていたんだ・・・」って思えるほどもらっていると思います。手取りで250~300万は20代でありますよね。

この300万近くの大金がどこかに消えているから貯蓄が無いんです。300万あるって言われれば決して多いとは胸を張って言えないかもしれませんが金が無さ過ぎるという状況にはならないと思います。

学生時代と比べれば破格の金額を貰ってますよね。

このことから収入が多ければ貯蓄が多いのではなく使い方が下手な人間はお金が貯まらないということになります。難しく言えばキャッシュフローを意識してないのです。

極端なことを言えば1億稼いでも1億使えば金が手元にないですよね。300万でも100万手元に残す方法を考えて実行するほうが絶対に人生楽しく安泰に生きれます。

支出を知ろう

なぜお金がいつの間にか通帳と財布から逃げ出しているかというと当然何かに使っているからです。盗まれてなければ当然の話ですよね。

そのため貯蓄をするには支出を知ることが絶対に欠かせません。

理想としては毎日使ったり収入があったときは通帳と現金の出納帳をつけるのが一番いいと思います。自分は毎日使ったものをメモして月末に出納帳を付けてお金の管理をしています。

そこまでは面倒だからやらないというタイプも当然いると思います。というよりそちらの方が多数派で細かく出納帳を付ける自分がおかしいと思います。

そんな面倒に思う人でも確実に支出する年間の固定費ぐらい算出できると思います。

例えば家賃4万、食費2万、水道高熱費2万、雑費1万であれば月9万で年間108万になります。手取りが300万として考えると残りの192万が自由に使えるお金になりますよね。

このように把握することで自分がいくらまで使っていいのか視覚化されるので大体年間確実にかかる費用の額は把握しておくべきです。

また食費や水道高熱費を見直せばさらに使える額が増えるじゃないですか。どこを節約できるのかという問題意識も持てるようになるので自分の支出を把握することは非常に大事です。

最初に貯蓄額を設定

さて残りの192万を湯水を浴びるように使えば当然お金が無くなりますよね。まず自分のお小遣いの確保からと考える人は絶対に貯蓄が出来ません。

先に考えるのは貯蓄額をいくらにするかです。例えば年間100万円は貯蓄に充てると先に決めてしまいます。そうすると貯蓄の100万円は固定費みたいなものと考えて先に引いておきます。

すると残り年間92万円が使えるといことになりますよね。そうすると月約7万6千円使ってもいいということになります。

どうでしょうか。年間100万円貯蓄して月7万6千円使って良いんですよ。リッチメンな生活をしつつお金をしっかり貯蓄出来るプランが出来ましたよね。

これが収入と支出を意識するキャッシュフローというものなんです。

気を付けるのは当然月7万6千円を超えたらアウトですからここのラインを超えないように意識していくことだけは忘れてはなりません。

細かく言えば7万6千円を飲み会代、趣味代など細かく分けることが出来ればよりスムーズにお小遣いを使っていくことが出来ると思います。

節税してますか?

上記までで現状出来ることは全てやりました。しかし人間は欲深いですよね。より貯蓄したい。よりお小遣いが欲しいとなりますよね。気持ちは凄くわかります。

そこで提案したいのが節税するということです。

節税と聞くと会社経営者だけのものかと思いますが全然違います。サラリーマンだって節税出来ます!!

ふるさと納税というと食べ物などが有名ですよね。お肉が貰えたり、お米が貰えたりそれが全て地域の特産物なんですよね。基本的にふるさと納税はやっておか...

やはりオススメはふるさと納税。上記記事ではゲームをやっていますが無難にお米などの食べ物を返礼品として貰えれば食費が浮きますよね。ということは固定費が減りますよね。その分好きに使えるという話になります。

また病院に通ったりや薬局で薬を買った人は医療費控除で確定申告すればお金が返ってくる場合があるので確認しましょう。住民税も減るので結構馬鹿に出来ません。

やっぱり金を稼ごう

収入があれば良いってものじゃないと冒頭で書いたんですがしっかりキャッシュフローを意識している人ならばお金を稼いだ方が良いです。

サラリーマンって飲み会やプライベートの遊びで結構お金を使いますよね。 給料毎月もらえればリッチな生活が出来ているんだろうなと想像していた学...

お金を稼ぐとは少し違いますがカードのポイント還元ってバカに出来ません。例えば92万を全てヤフーでポイント10倍で買い物すれば9万2千円分のポイントが手に入ります。決して下に見れない金額だと思いませんか。積極的に活用していきましょう。

世の中お金が無ければ何も始まりません。毎月お給料をもらっても足りない!もう少し欲しいと思うことは決して悪いことではありません。 むしろ、サ...

記事にあるようにイデコなどで大幅に節税出来れば年末調整で結構な金額が返ってきます。それを貯蓄にまわすもよし遊びに使ってもいいので本当に最高です。是非やりましょう。

それと通勤時間や暇な時間はポイントサイトでお小遣い稼ぎをした方が良いです。芸能人のくだらないゴシップを見ているよりよっぽど自分の人生にとってプラスになります。

株を買うと配当金のほかに株主優待制度がある会社って結構ありますよね。クオカードやその会社の商品、お米などが貰えるものが人気なんです。 しか...

さらに一番いいのは投資です。自分だけでなくお金に働いてもらいましょう。特に20代ならば長期投資前提で行えば短期的には資産が減少することがありますが長期的にはプラスになるので若ければ若いほど積極的にやりましょう。記事ではゲームを買っていますがゲームに限らず自分のライフスタイルにあった株を買ってみればいいです。

何でもとりあえず始めることが大事です。興味を持てる人間は1/10、実際に調べられる人間は1/10、行動に移せる人間は1/10、継続できる人間は1/10なので行動してい続けるだけで才能無くても1/10,000の人間になります。是非やりましょう。

何と言っても今は副業が大事です。一生今の会社に勤められるかわからない時代です。副業をしましょう。副業したくないという人でも色々な副業の形があるので模索してはどうでしょうか。覆面調査とかも副業だと思います。

社会人になると飲み会が沢山ありますよね。会社の飲み会はもちろんのこと友達とも久しぶりに会えば大体飲み会になりますよね。 また、女性とデート...

精神的な話になりますがIQ以上に性格がお金稼ぎに影響するという研究もあります。どんな性格がお金を貯めれるかと言うと誠実性があることです。

世の中嫌なことばかりで誠実性を無くしそうになりますが無くさないようにしましょう。お金を稼ぐという知識以上にこれからは性格教育も必要な時代となると思います。

誠実性も長い目で見れば絶対に得なので嫌なことがあっても先行投資で短期的に悪いことが起こっただけだと思うようにしましょう。

まとめ

キャッシュフローを意識して支出管理するだけでお金はかなり貯まります。人間はウソついてもお金はウソつきません。努力したらした分だけお金が応えてくれます。

無理のない範囲で節約していけばいいのですが欲が出たらお小遣い稼ぎでより上の生活を目指す。切り詰めるだけの生活なんて長続きしません。

なので節税・副業をこれでもかというくらいに活用して貯蓄しつつ自分の人生を等身大に楽しめるように自分で色々人生をカスタマイズしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

個人事業主で税金が高い人のための節税・税金対策

新入社員が入社してうつ病にならないために気を付けること

転職活動は在職中なら長期戦の方がメリットがある理由

社会人実家暮らしが最強な理由をFPが解説 一人暮らしとの比較

FPが教える絶対に入ってはいけない必要ない保険を紹介

子供を作ることにメリットはあるのか デメリットはなに?