【将来の自分の姿】上司・先輩みたいになりたくないなら行動するしかない

会社の上司や先輩を見て

 

人生楽しくなさそうだな・・・、人として最低だな、こんな風になりたくないと思ってもその会社に居続けると必ず自分も似たような感じになります。

 

自分が将来どんな社会人になっているのか上司や先輩で分かります。

上司や先輩が自分の未来です。

 

そうなりたくない場合は行動して改善するほかないのです。

なりたくない上司・先輩ばかりの会社が最悪な理由

なりたくない上司・先輩が少数いるぐらいなら良いですが、そんな人ばかりの会社は最悪なのです。

その理由を3つ紹介します。

モチベーションが下がる

なりたくない上司・先輩は単純に人間的に問題があり、人として最低だからなりたくないと思っているはずです。

 

単純に最低な権力者と接しているだけでモチベーションが下がります。

 

ほとんどの人がお金のために面倒でも働いている状況で更に意味わからないことをされれば誰だってやる気が無くなります。

 

何事においても重要なのはやる気です。

 

やる気がなければ才能があっても台無しだし、成長する速度が明らかに落ちていきます。

モチベーションが下がる分だけ、仕事も覚えないし、仕事が嫌になるし、嫌な奴に怒られることも増える悪循環に陥ります。

 

次第に心が潰れてしまうことで自分の人生が台無しになってしまう可能性があります。

成長することが出来ない

誰も出来なかった技を誰か一人が出来るようになると次々と周りも出来るようになる現象がプロの世界にはあります。

 

その理由は成功したお手本=正解を見ることで今まで持っていた力を上手く活用して更にレベルアップしていけるからです。

 

見て覚えろは時代遅れですが、仕事のスタイル、人間性、これらは全て自分だけでなく見て感じることで成長していけるものです。

 

なりたくない上司や先輩と働いているとこのお手本が無いわけです。

 

つまり、こんな人たちの下で働いていても成長が一切ないのです。

 

ただの知識だけを見るなら資格などで補てんは可能です。

 

しかし、人をどう動かすか、どういった仕事をして活躍するか、これを教科書から学ぶことは不可能です。

そのため、一般社員としての成長は出来てもそこから先のマネジメント能力などの成長性が一切期待できません。

 

そもそも、なりたくないと思っている時点でマネジメント能力どころか専門性も怪しい人たちばかりだと思うのでまさに地獄です。

 

自分一人で努力するしかないし、その努力も限界がありそれを突破できない。

そんな管理職に向いていない人の下で働いても最後は自分が損をして終わるのです。

一つだけ生き残るチェスの駒
年功序列で出世したり、中小企業で人数が少なすぎて仕方なく上に行ってしまった全く管理職に向いていない人がいる会社はヤバいです。 上司が終わっ...

将来不安が拭えない

なりたくないと思っている先輩や上司が幅を利かせているような会社は遅かれ早かれ悪くなっていくことは確実です。

 

悪くなっていく会社では将来不安が拭えません。

 

何か危機感を持って提案しても論理性のないことを言ってきたり、なんだったら嫌がらせをしてくるかもしれません。

 

そんな組織でずっといてなんとかなるのかなんて考えを仕事が終わった後も鬱々と考えるようになりいつまでも将来が不安になります。

 

変にしがみついて、あんな先輩や上司になってしまうのかと悩む。

そもそも、あんな奴らが運営していて挙句悪くなっている場所でしがみつくのが得策なのか?

それでも、それが仕事なのか?

 

と1円の得にもならない悩みで支配されてつまらない人生を送ることになります。

環境によって人は染まってしまう

責任を負わない、仕事をしない、自己保身しか考えられない。

こんな人たちみたいになりたくないと思っていても我慢をしてるだけでは年数を重ねるごとに確実になりたくない上司・先輩になります。

 

我慢して耐えることは結果的に腐った上の人間のやり方を許容していることに他なりません。

 

このちょっとの許容が次第に広がっていき、自分が少し上の立場になった時に同じような事を楽だからと続けてしまうことになります。

 

一人で頑張り続けることは、ある意味狂った精神的強靭さが無いと無理です。

人は良くも悪くも環境に染まっていく生き物です。

社会人は会社に染まるもの!そんな意識がありませんか? 会社に染まると自分の人生を棒に振ることになります。また、会社に染まらない人間が本当に...

努力するのと我慢するのは本質的に違います。

 

嫌な上司しかお手本がいない中仕事をしていれば、いつしか自分も同じような思考回路をするようになっていき下から馬鹿にされるだけの存在になっていきます。

他人は変わらない、変わるのはいつだって自分

嫌な先輩や上司が居たとしても変えてやろうと思うことは一番ダメです。

 

そういった人間は何もしないことを正当化することだけは一流であり、嫌がらせに関しても一流です。

 

働きかければかけるだけ、時間も労力も全て無駄になり、残るのは嫌な気持ちになるだけです。

 

本気で変えようと思ったらいつだって他人ではなく、自分が変わるしかないのです。

 

そういった意味でなりたくない人たちに自分が変わるのか、そんな人たちとは職場を変えてしまうしかないのです。

自分が変わるという点では職場を変えるのが一番将来の自分にとって良いことです。

 

在職中でも転職活動は出来ますし、活動して残る選択肢も納得してるならありです。

なんでもやらないよりやった方が自分自身の納得感が違い人生の満足度が上がります。

 

転職活動をする前にまずは自分の本当の適正年収と向いている業種を知っておきましょう。

 

適正年収を知って搾取されることを防ぎましょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

 

適正年収の把握にはミイダスが有効です。

 

無料で自分の適正年収と自分に向いている職種を教えてくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

 

キャリアアドバイザーがいるような転職サイトは成功報酬で転職者の年収35%程度を会社から取っていきます。

つまり、キャリアアドバイザーが付くような転職サイトは金がかかるので経営能力が無いブラック企業は登録も出来ず、そもそもが弾かれています。

 

また、会社の内部情報、雰囲気、社風などを教えてくれるので入社してからのミスマッチが防げます。

 

さらに、めんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

 

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

 

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

 

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

 

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

 

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

 

1つ目がリクルートエージェントです。

 

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

 

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

 

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

 

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

 

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

 

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

 

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

 

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職するにあたってこの本を読んでおくと逃げの転職から攻めの転職、そして自分の将来を守ることにも繋がっていきます。

是非読んでみてください。

まとめ

上司や先輩みたいになりたくないと思っても、人は環境に染まるのでいつしかなりたくない人間に自分も知らず知らずのうちになっています。

 

上司や先輩は一番わかりやすい自分の未来の姿です。

よほど意識しないと同じようになってしまいます。

 

一番良いのは居る環境を変えてしまう、これが一番将来の自分を変えられる方法で結局自分が変わっていくしかないのです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社が潰れそうなときの対策と潰れる会社の特徴

社員旅行に行かないという選択は正しい!行かなくても問題はない

キャリアアドバイザーは使えない!?有効活用する方法を紹介

落ち込む人

仕事で不公平な目に合う原因!辞めたいと思うのは当然な理由

コンサルタントなんていらない!経営改善は社員の愚痴に本質あり

サウナ

コスパ最強!サウナを趣味したら生活に絶大な効果がある5つのこと