やりたいことが見つからない社会人はとりあえず貯金しとけば幸せになれる

社会人でありがちなのが自分のやりたいことが見つからずに毎日鬱屈で悶々とした日々を暮らしその暮らしに意味も無く罪悪感を抱いてしまうこと。

特に20代、30代でやりたいことがないと転職とかの選択肢が多く何かしないと!という焦燥感もあります。

 

ただ、とりあえず何もやりたいことがないなら貯金しておけば幸せになれます。

その理由について説明します。

20代、30代で自分が本当にしたいことがわからないのは当然

やりたいことが見つからないことを何か悪いことの様に思ってしまいますが、世の中のほとんどの人はやりたいことなんてありません。

 

みんななんとなくで生きています。

 

なので、20代、30代で自分が本当にしたいことがわからないのは当たり前だし、それ以上の年齢でも別に何もおかしなことはありません。

 

何もやりたくないけどお金が湧いてきて楽しく過ごせないかな~って心のどこかで甘い考えを持って生きているのが人間です。

 

そもそもやりたいことがないことが悪いなんて一切ありません。

やりたいことがなくても何も考えてなくても毎日楽しく過ごしている人間は大勢います。

 

悩んでしまうのは確実に選択肢の多さと人と比べた時の惨めさ、見栄からです。

 

20代、30代だと転職して自分はもっと輝ける場所があるんじゃないかと思うしそれ以上の年齢になると年収に差が付きます。

そうなると、なんとなく自分はこれでいいのかと、もっと自分だってイケるんじゃないか?と不安が頭をよぎります。

 

ただ、冷静に考えてもらいたいのですがほとんどの人が転職したいと考えている時点で、まあ世の中なんてろくな会社がありません。

 

そして、年収が高くても仕事が大変だったらこれまた嫌だし、なにより金の使い方が下手だと年収が高くても金が貯まりません。

 

何も自分が無い、漠然とした状態で選択肢を増やされ、栄光を見せられるから自分を卑下してしまうのです。

やりたいことがない人がほとんど、悩んでいるだけマシ、気にしない。

 

これが一番です。

やりたいことは自己分析と年を重ねれば見つかる

やりたいことが見つからないのは普通ですが、どうしても見つけていきたいと思ったら必要なのは自己分析と時に身を任せることです。

 

やりたいことなんて人の話を聞いてもダメです。

 

自分がやりたいことは自分しかわかりません。

 

自分を知らないで人を探るから答えのない迷路に勝手に入ってネガティブになって落ち込むのです。

だから、自分はどういったタイプの人間でどういったことが好き、得意なのかをしっかりと認識することが大事です。

 

がむしゃらに頑張るのではなく、方向性を決めて一生懸命頑張ることが一番大事です。

 

だからこそ、やりたいことがないから見つけたいとなったら自己分析が最善なのです。

 

個人的にオススメなのがミイダスです。

ミイダスで自己分析
転職サイトなのですが、自己分析を元に自分がどういったことに向いているのか、どういったタイプなのかを無料で診断してくれるのでお得です。

転職したい気持ちがあるならそのまま求人を見ても良いので一石二鳥です。

 

色々な失敗談とか甘くないとかありますが、大体が自己分析不足です。

落ち着いた人が好きな人に騒がしく盛り上げキャラで突撃して振られて勝手に世の中甘くないと言って諦めたり否定する人が世の中のほとんどです。

 

自分に合った戦略と得意な分野で色々試しているとやりたいことがおぼろげながら見つかっていきます。

 

また、自己分析っていくらやっても難しいので時に身を任せてみる手法も良いです。

とりあえず無意識に生きてみると確実に自分の興味がある分野、行動に偏りが出てきて長期的にやっていることがあります。

無意識に長期間やれるものはどんなものでも才能があります。

 

砂金取りの様に時の流れに身を任せ最後に残っていたものが自分の目指すべきところなんだなってやり方も良いのでとにかく焦らないことです。

 

そして、変にタブーを作らないことです。

特に何もしたくない、働きたくもないならそれがやりたいことでいいぐらい考えてそこから働かないためにはどうしたらいいか考えるぐらいのふてぶてしさが必要です。

働くことが嫌で嫌でどうしようもない!早く辞めたいと思うことはありませんか? 働くことが苦痛なら働かなければ良いのです。 そのためには...

何をするにもお金が必要だからこそ貯金

やりたいことが現状無い、ただ焦って何かしようとしている人は変なことを始めようとしますがやめましょう。

 

やりたいことがない社会人がやるべきことは貯金です。

 

やらしい話ですが、世の中何をするにもお金がいります。

夢だのなんだの言っても結局金がかかります。

 

やりたいことが見つかってもお金がないと何もできないし、諦めることになればそれこそなんだったのか意味不明です。

 

だから、やりたいことがないなら探しながら貯金していつでも自分はなんでも出来る状況を作ることが一番幸せになります。

 

貯金があれば安心感を変えるし、なんだったら働かない状態も維持できるので選択肢が無限に広がります。

将来の自分への投資とか言ってお金を使う人が多いですが、それは99%浪費です。

インドルピー硬貨
若いうちは貯金なんてせずに自己投資することが一番良いという論調があります。 せこせこ貯金している人からすれば確かにこのままで良いのかなって...

 

将来の自分を信じているなら、将来の自分を助けたいならすぐに行動が起こせるように貯金する。

これがやりたいことがない人が今すぐにやる一番大事なことです。

 

結局やりたいことが見つからなくても貯金は保険みたいなものなので、特に損した感じにならないのも良いです。

まとめ

やりたいことがない社会人はぶっちゃけ普通です。

悩むのは軸が無い所に選択肢の多さと他人との比較による嫉妬です。

 

振り回されないためには自己分析でなんとなくの軸を作りつつ焦って動かず貯金をして勝負所が来たら全力で動けるようにしておくことです。

 

やりたいことが見つからないなら貯金をしておくことが結果として幸せになるし、将来への自分に投資になり着実に前に進んでいることになります。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社の人は馬鹿が多いとムカついてストレスが溜まった時の対処法

会社の飲み会は行きたくないが少しは行った方が良い理由

転職でいい会社がない、ろくな会社がないと思った時の具体的な対処法

お金が無くても楽しめる!コスパが良いオススメの趣味を紹介

バーベルを上げる男

セミリタイアは貯金と同じくらい健康が大事!自宅で筋トレして鍛えよう

日本の年金制度と年功序列はねずみ講で詐欺と同じ制度