ダークソウル3 評価 シリーズ最高傑作の面白い死にゲーの金字塔

有名過ぎる死にゲーダークソウルシリーズの集大成して最高傑作のゲーム、ダークソウル3をクリアしたうえでの評価を書きます。

総評としてグラフィック、操作性、絶望を感じる難易度、厨ニ心をこれでもかとそそる唯一無二の世界観とまさに最高傑作の出来です。

そして、シリーズファンなら知っているステージやキャラが登場するのでシリーズファンもしっかりと楽しめる非の打ち所がない出来です。

心が折れそうになっても乗り越えた時の何とも言えない万能感と全能感と爽快感は堪りませんでした。

そんな、ダークソウル3の良い部分と悪い部分を紹介します。

理不尽でない考えれば誰でもクリアできる高難易度ステージ

ダークソウル2や下手くそな死にゲーで一番ありがちなのがひたすら理不尽です。

数の暴力でひたすらボコボコにして死なされるだけ。

ただのリンチをされても何も面白くありません。

しかし、ダークソウル3が凄いのは死にゲーの難易度が絶妙なのです。

後もう少しでクリアできたのに目前でやられる悔しさともう一度やってやろうという精神を駆り立てるバランスです。

しっかりと慎重に行動すればいきなり意味も無く死ぬことはありません。

そして、強い敵でもしっかりとパターンを覚えて冷静に対処していけば驚くほどスムーズに進むことが出来る快楽があります。

簡単に「俺、強くなっている・・・」が体験できるのです。

全てのステージで次がやりたくなる中毒性がある素晴らしいステージが魅力です。

絶望を与えてくれるクソカッコいいボス

ダークソウル2の不満は純粋にボスが強く無かったです。

死にゲーなのにボスが強くないとかそれこそおかしな話です。

ダークソウル3の場合、ボスがめちゃくちゃ強いです。

もう、絶望を与えるためだけに存在しているような奴らばかりです。

そして、ボスの見た目も絶望を与えるものに相応しいくらいにカッコイイです。

絶望を与える存在でありながらカッコイイボスを極度の緊張感の中ひたすら戦い続けるのですから面白くないわけありません!

パターンを覚えてダメージを与えられるようになっても、後一歩でやられる焦燥感ともう一度やりたくなるもどかしさにプレイする手が止まりません。

周回プレイも飽きずに楽しめる

周回プレイだと普通は強くてニューゲームとかひたすら無双したりキャラも強くして意味不明なステータスの敵を倒すだけのことが多いです。

多くの人がニューゲームをやらずに投げてしまうことも多いでしょう。

しかし、ダークソウル3は周回プレイまで緊張感があり新鮮な気持ちでプレイできます。

レベルを引き継いでプレイできますが、普通に敵も強くなっています。

自分も強くなったし、無双するかと思っても敵にボコボコにされることも珍しくありません。

よりレベルと腕前が洗練された状態でより強敵に挑む快楽を何度でも味わえるのです。

前作までのもっさり感が無くなった

ダークソウル2まではモーションが非常にもっさりしていて難しい理由が行動が遅いだけということが多かったです。

単にストレスが溜まる仕様でした。

それがダークソウル3ではプレイヤーがヌルヌル動きます。

アクション部分が優れているので華麗に動いて敵を捌いて隙を突いて攻撃して倒す気持ちよさがケタ違いです。

このおかげで純粋にボスが強いと感じられると同時に避けた時の興奮と感動が信じられないくらい快楽になるのです。

モーションが素早く言い訳無用で上手くいった時は最高にカッコイイ。

もう、本当に最高ですよ!

ダークファンタジーに恥じない最高の世界観

ダークソウルはその名の通り、ダークファンタジーというジャンルになります。

ダークファンタジーって下手すると普通に痛いだけの厨ニになりがちです。

しかし、ダークソウル3はまさにこれだ!と断言できる最高にカッコよくて熱い厨ニの世界観を表現しています。

ただ暗いだけではなく、透き通って吸い込まれそうな闇と恐怖。

オーソドックスな城と竜のマッチも完璧で探検するワクワクさと強い敵がいるドキドキのミックスが最高なのです。

思い描くカッコイイ厨ニの世界観を冒険出来て敵を倒しつつ厨ニ心そそられるボスを必死に倒していく感無量は唯一無二です。

信者と考察ぬきでもわかりやすいストーリーが欲しかった

ダークソウル3の気になる部分としてストーリーが挙げられます。

ダークソウルシリーズ通して同じ舞台などの演出があったりと熱い展開はありますが、特にストーリーらしいストーリーはありません。

考察サイトとか信者はストーリーを頑張って作り上げて、面白いと騒いでいますが、普通にプレイしていくだけでは到底ストーリーらしきものはありません。

ゲーム性があまりに面白いのでどんどんやり進めてしまうのですが、ストーリーを期待したりすると肩透かしをくらいます。

ストーリーがわかりやすいように構築されていれば、もっともっと面白くなっていたのではないかと思います。

カメラワークをもう少しなんとかして欲しい

ダークソウルシリーズ通して言えることですが、カメラワークが悪くなる時があります。

具体的に言えば巨大なボスに近づくと変に見上げるような形になるので上手く敵の姿を捉えることが出来ません。

そのため、カメラワークが悪くてあたふたしている時に普通に負けて終わってしまうことがあり理不尽に終わってしまうことも珍しくありません。

そんなに頻繁にあるわけでもなく立ち回りでなんとか頑張れるのでそこまでの理不尽ではないですが、アクションでカメラワークに難があるのは少し残念でした。

まとめ:一度はプレイすべき名作ゲーム

ダークソウル3は死にゲーというジャンルにこだわらなくても純粋にアクションゲームとして最高峰の出来と言えます。

ストーリーは無いみたいなものですが、逆にどこからでもやれる強みがあります。

まさに、死にゲーのお手本のような作品で子供の頃に感じたゲームのドキドキと感動と興奮が大人になっても味わうことが出来る名作ゲームです。

厨ニ病の人でも確実にその世界観に引き込まれてニヤニヤ出来ることは間違いないので、ゲーム文化に少しでも馴染みがあるなら絶対にプレイすべきです。

今はDLCも収録された完全版があるので、かなりのボリュームで遊ぶことが可能です。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アマガミはキャラが最高で人生を狂わせる

白いPS4コントローラー

PS4メインにストーリーが良い感動して泣けるオススメゲームを紹介

テイルズオブベルセリア評価感想 復讐とおねショタを中心としたストーリーが面白い

FF15評価感想 根本的に勘違いをしているクソゲー

十三機兵防衛圏ネタバレ無し評価感想 難解で完成度が高く面白いSFゲーム

二つ並んだPS4

PS4でじっくり長時間出来て暇つぶしになる面白いゲームを紹介