二ノ国白き聖灰の女王 評価・感想 ジブリの絵が優れている子供向けゲーム

PS4で面白いゲームを探すと高確率で紹介されるゲームである二ノ国。

プレイすると子供向けと侮っていたという評価ばかりですが、実際にプレイしてみて本当に子供向けのゲームだと感じました。

二ノ国の良い部分と悪い部分を余すことなく紹介します。

二ノ国の良い点

子供向けのゲームではあるのですが二ノ国には良い部分が沢山あります。

実際にプレイしたうえでの感想を書きます。

絵がジブリで美しい

二ノ国の魅力は何と言ってもジブリの協力で作られた魅力的なキャラ達です。

ジブリってなんでこうも懐かしくもドキドキワクワクするような幻想的な冒険の世界を創るのが上手いのでしょうか。

そんなジブリの魅力が詰まっているのが二ノ国です。

ムービーシーンになるとジブリの良さがいかんなく発揮されており自然とゲームの世界に引き込まれていきます。

キャラも素朴なんだけど愛着が湧く感じで好きになっていきます。

音楽が壮大でハマる

ジブリでキャラの魅力がしっかりとしているうえに音楽も素晴らしいです。

まさに今から道への冒険に乗り出すという壮大な音楽と切ない幻想的な曲調まで網羅しており世界観にピッタリです。

タイトル画面の曲からしてハマる音楽です。

場面場面に合った最高の音楽を提供してくれます。

住む世界の往復が面白い

二ノ国とは自分たちが住む世界とは違うパラレルワールドです。

自分たちの世界を一ノ国と言います。

二ノ国と一ノ国はリンクしているのです。

そのため、二ノ国で起きた問題を一ノ国で解決すれば二ノ国の問題が解決されるユニークさがあります。

心を題材にしたゲームですので、一ノ国で問題がなさそうでも二ノ国で見たら重大な問題を抱えていたなどの面白さがあります。

世界をあっちこっち行き交うことで問題を解決する面白さがあります。

ポケモン要素あり

主人公たちはイマージェンと呼ばれるモンスターを駆使して冒険を進めます。

簡単に言うとポケモンです。

確率でゲットすることもできるし3段階まで進化させることも可能なのでポケモン要素があるのです。

モンスターを倒して仲間にしていくことで戦いの幅も広がります。

進化させていくごとに強くなっていくので愛着が湧いていきます。

戦闘に戦略性がありやりごたえがある

子供向けのゲームだと思っていますが、かなり戦略性があります。

適当にイマージェンを育てて殴って終わりのゲームではないです。

適当に殴るだけだとボコボコにされます。

相手の弱点を突いたり、仲間にどんな行動を取らせるか指示したり、いかに自分が上手く立ち回って相手を倒すか考える必要があります。

戦略性があって一筋縄ではいかない面白さがあります。

二ノ国の気になる部分

良い所が沢山ある二ノ国ですが、気になる部分もあります。

個人的に気になった部分を紹介します。

声優が下手過ぎる

とにかく声優が下手過ぎます。

声優が下手なのは俳優や女優を使っているからです。

ジブリは俳優の棒演技でもなんとか見れますが二ノ国は流石に酷過ぎます。

例えば

「うわあああ!」

という表現も棒過ぎて驚きなのか簡単なのかの区別すら出来ません。

どこでも同じ抑揚なので調子が狂います。

声優のせいで魅力が失っていると言えます。

仲間の戦闘時の行動がバカすぎる

戦闘でストレスが溜まるものとして仲間が本当にバカなのです。

回復役を持たせているから回復すればいいのに、なぜか攻撃力の弱い回復役イマージェンで殴りまくっています。

で、いつの間にか倒れています。

また、MP管理も下手くそでちょうどいい具合で使うことを知りません。

全てフルパワーで術を使います。

だから、道中すぐにMP切れになります。

一番ムカつくのは戦うというコマンドを選ぶと一直線に敵に向かいます。

向かう途中で味方と団子状態になるとみんなで押しくらまんじゅうをして敵まで辿りつきません。

バスケでいうスクリーンをかましてきます。

これが凄いストレスです。

初見の敵が強すぎる

敵が強いのは良いですが、バランスがおかしいです。

新しい面に行ったらレベル15だったら15前後の敵が出ないとおかしいですよね。

それがいきなり20近くと思える強さの敵が出てきます。

とにかく敵の難易度が一気に上がりすぎです。

初見の敵は舐めていると即行でやられます。

バランス調整を誤っています。

ストーリーが大したことない

ストーリーで泣けたとか感動したとかあるのでワクワクしてプレイしたのですが正直に言って大した事ありません。

いきなり、母親が心臓が弱いとか言い出して亡くなった場面なんてちょっと置いてけぼりにされます。

ひたすらお使いのようなストーリーをこなしていくだけです。

ボスの心情とか経緯は面白かったですが、最後の最後でちょろっと判明するので何と言うか勿体ないです。

題材自体は良かっただけにもっと上手くストーリーに絡めれば面白くなったポテンシャルはあります。

でも、ポテンシャルなだけで勿体ないゲームです。

だから、ストーリーもこんなものかという感想しか浮かびません。

ストーリー重視で買うとちょっと肩透かしを喰らいます。

まとめ

全体的には良く出来たゲームだと思います。

ジブリの世界観に最高の音楽が付いているのでワクワクするのは間違いなしです。

ただ、ストーリーと戦闘がちょっと物足りないというか惜しい作品です。

もうちょっとで完全な名作ゲームになれたような作品だと思います。

ただ、やって損は無いゲームですので是非プレイしてみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PSVitaで本当に面白いオススメの名作神ゲーはこれだ!!

十三機兵防衛圏ネタバレ無し評価感想 難解で完成度が高く面白いSFゲーム

FF15評価感想 根本的に勘違いをしているクソゲー

龍が如く7 評価・感想 主人公が面白いシリーズ最高傑作の神ゲー

虫眼鏡で本を読む

シャーロックホームズ悪魔の娘トロコン評価感想つまらない推理ゲーム

刀を持った人

トロコン済み!仁王評価 ダークソウルとの差別化が出来た死にゲー