会社のモラハラからは逃げるが勝ち!ウツになる前の防衛は逃げること

どんなに理不尽なことがあっても一生懸命に耐えることが仕事だと思っていませんか?

目標に向かって努力する我慢と耐えることは似ている様で全く別物です。

 

会社でモラハラをされた場合、変に耐えすぎるとになって人生を台無しにしてしまいます。

会社でモラハラをされたら逃げることこそが勝ちな理由を説明します。

モラハラからは逃げるのが良い理由

モラハラが平気で起こるような会社から逃げるのは全くの恥ではありません。

むしろ、人として正しい行為です。

モラハラするような会社からは逃げるべき理由は3つです。

努力と耐えるは全くの別物だから

目標に向かって一生懸命努力をすることと耐えることは似ているようで全くの別物です。

 

努力は目標があってそこに向かうまでに順風満帆でないこともいくらでもあるし、辛くても踏ん張らないといけないこともあります。

しかし、そうして努力した結果は何かしらの形で自分に返ってきますし、望む結果になれば言うことありません。

 

それに対して、モラハラに対して出来るのは耐えることだけです。

これを耐えたからといって何か成長するわけでもなければ望む結果を得られることすら一切ありません。

ただひたすらに辛いだけです。

 

何のメリットもなく辛くて嫌なだけで精神が壊れるかもしれないデメリットはあるものを行っても良いことなんてありません。

目標に向かう途中の嫌なことは歯を食いしばって頑張る価値はありますが、モラハラは単なる嫌がらせなので耐える必要性がなく逃げた方がいいのです。

モラハラをする人は変わらないから

どんなに辛いことがあっても耐えればなんとかなるなんて思うのは間違いです。

モラハラをする人と職場が変わるようなことは基本的にはあり得ないからです。

 

まず、モラハラをする人は性格的に一生そんな感じなので変わることはせず一緒に働くうちは定期的にモラハラをしてきます。

そして、まともな会社ならモラハラをしている人を平気で放置するなんてことがあり得ません。

 

管理職としてモラハラに対しての対応をしないなんて管理職の仕事をしていないことになります。

特に管理職自身がモラハラをしていたら完全に終わっていると言っても過言ではありません。

一つだけ生き残るチェスの駒
年功序列で出世したり、中小企業で人数が少なすぎて仕方なく上に行ってしまった全く管理職に向いていない人がいる会社はヤバいです。 上司が終わっ...

 

管理職などの上の人が変わらないと会社は変わりません。

耐えてもいつかは報われることがなく壊れるか疲弊して自分の人生をつまらなくしてしまうだけです。

そのため、モラハラからは逃げた方がいいのです。

モラハラを耐えてもいつかは壊れてしまうから

どんな苦痛があっても終わりが見えているから走れます。

受験でも試験でも大会でもその期限に向かって走るから、終わりがあるのが見えているから頑張れるところがあります。

 

終わりが見えないほど絶望を感じることがありません。

モラハラとはいつ急に始まるかも終わるかもわからないものなので一つ一つは大したことがなくても精神的にきます。

 

耐えても終わりがないし、耐えても特にメリットも何もない。

そんな状況でひたすら耐えても確実におかしくなって壊れてしまいます。

 

壊れるために働いているのではありません。

自分の人生のために働いています。

 

モラハラをする会社に居ても自分が壊されて、耐えても終わりのない事象に絶望するのでいつダメになるかの問題です。

モラハラに潰されないうちに逃げるが勝ち

モラハラに対する有効策は逃げることしかありません。

モラハラがあっても、上司に相談すれば解決みたいな記事もありますが、そもそも上司に相談できれば悩むことなんてありません。

 

なにより、上司がモラハラをかましてくることが多いのでどうにもなりません。

モラハラをされると働くうえでデメリットしかありません。

・モラハラに耐えても潰れてしまう

・モラハラに耐えても特に得られるスキルが存在しない

・モラハラを気にして気を遣って働くと仕事効率が悪くなる

・モラハラが平気であるような会社、部署が成長していく見込みがない

 

モラハラがあると仕事以外のことで悩むので単純に生産性も効率も何もあったものではありません。

 

そして、耐えれば慣れる面も確かにありますが、それは慣れると言うより同じ嫌な存在になっていくだけです。

同じだから嫌悪感を感じなくなるだけで、自分もモラハラをする最低最悪な人間になってしまいます。

 

嫌な奴になるか、潰されるかだけなので全く良いこと無しです!

そのため、モラハラからは全力で逃げることが自分の現在と未来を守るうえで何よりも重要で恥ずかしいことではありません。

逃げの転職とはキャリアの棚卸をしないこと

モラハラへの有効策は会社を辞めて逃げること。

これが一番良い選択肢です。

 

ただ、会社から逃げるように辞める逃げの転職はいけないことでどんどん状況が悪くなって堕落していくことだと脅されます。

 

個人的に逃げの転職とはしっかりとキャリアの棚卸しをしないで、適当に次の会社を決めてしまうことだと思います。

 

そもそも、逃げじゃない転職なんてこの世にあるのかと強く問いたいです!!!

みんな、何かしらが嫌だから辞めるのです。

 

十分な給料があるのに更にもう少しだけ上乗せされるとか、自分の成長とかのためだけに今の満足している環境を捨てるほど人間は強くないです。

嫌だから逃げるし、その状況を修正するために努力していくのです。

 

だから、モラハラされたら耐えるのではなく耐える気概と努力が出来るなら次の会社でその力を良い方向に向けていけば良いだけなのです。

 

限界で無ければしっかりとキャリアの棚卸しを作る時間を作った方が良いので在職中に転職活動をしましょう。

なんでもやらないよりやった方が自分自身の納得感が違い人生の満足度が上がります。

 

転職活動をする前にまずは自分の本当の適正年収と向いている業種を知っておきましょう。

 

適正年収を知って搾取されることを防ぎましょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

 

適正年収の把握にはミイダスが有効です。

 

無料で自分の適正年収と自分に向いている職種を教えてくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

 

キャリアアドバイザーがいるような転職サイトは成功報酬で転職者の年収35%程度を会社から取っていきます。

つまり、キャリアアドバイザーが付くような転職サイトはお金がかかるので経営能力が無いブラック企業は登録も出来ず、そもそもが弾かれています。

 

また、求人票を見るだけで企業が求めている基準を知ることが出来るので自分がスキルアップする際にも役立ちます。

 

さらに、めんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

自分のキャリアの棚卸しも様々な事例をキャリアドバイザーとして見ていることから、手伝ってくれたり方向性を示してくれます。

効率よく転職活動が可能になるのです。

 

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

 

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

 

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

 

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

 

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

 

1つ目がリクルートエージェントです。

 

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

 

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

 

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

 

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

 

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

 

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

 

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

 

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職するにあたってこの本を読んでおくと逃げの転職から攻めの転職、そして自分の将来を守ることにも繋がっていきます。

是非読んでみてください。

まとめ

会社のモラハラに対して必死に耐えても特に得られるものは存在しません。

それどころか自分自身が疲弊してダメになってしまうことの方が多いです。

・目標に向かって努力する我慢と理不尽に対する我慢は全くの別物

・いつかわかってくれると思っても何も変わらないのがモラハラ会社

・耐えて得られるものは何一つ存在しない

モラハラをしてくる人を放置している時点で他の部分でも問題がある会社であることが多いので早めに自分を守るために逃げましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新入社員がメンタル不調にならないよう気を付けるべきこと!会社に変な期待はするな

残業は無いけど成長も達成感もスキルも身に付かない!ゆるブラック企業の特徴と対策

出世したくない、しない、管理職にならない方が幸せは間違っている理由

1ドルを持つ女性

給料が高い会社と低い会社の違い!給料が低い会社は転職した方がいい

仕事選びで大切な軸は給料や残業時間より人間関係とやりがいで選ぶこと

INTJは孤独な天才でサラリーマンに向いてない