寝ている時に足がつる原因 辛くて痛いこむら返り予防と対策方法を紹介

気持ちよく寝ているのにふくらはぎがつった激痛で目が覚めると不快ですよね。

頻繁に足がつってしまうと寝不足にもなるし、単純に日中も痛みで集中が出来なくて辛いですよね。

そんな寝ている時に起こる辛いこむら返りの予防と対処法を20代で足がつりがちな自分が紹介します。

寝ている時に足がつる原因

激しい運動をしているわけでも無いのに寝ている時に足がつるって理解できませんよね。

夜中に足がつる原因は大体以下の3つに区分されます。

1.運動不足などが原因で筋力量が低下したから

2.体内のイオンバランスによって筋肉が過剰に収縮する

3.足が冷えて血行が悪くなり筋肉の収縮が上手くいかない

このどれか、または全てに当てはまるために足がつってしまうのです。

運動不足になるとなぜ足がつるのかと言えば、筋肉量が減少してしまうからです。

筋肉量が減少すると単純に血行が悪くなります。

血行が悪くなると当然働きが悪くなり乳酸などが溜まりがちな体質になります。

知らずのうちに溜まった疲労により寝ている時に足がつるのです。

体内のイオンバランスとは何かと言えば、体にはカルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなど様々な成分がバランスよく存在しています。

これが寝ている時に知らず知らずのうちに汗をかくことによりバランスが崩れるのです。

バランスが崩れるとこれまた疲労が溜まったような状態になるため足がつるのです。

足の冷えも大敵です。

足が冷えてしまうと必然筋肉が収縮している状態になります。

そんな状態で寝返りを打てば急に筋肉が緊張状態の中で稼働したことになります。

すると必要以上の負担がかかってしまい足がつるのです。

このような原因から足がつって夜中に激痛で辛い思いをしてしまうのです。

参照:同友会グループ

夜中に足がつらないための予防、対策

夜中に足がつらないようにするためには、上記3つを解決してあげればいいだけです。

具体的にどうすればいいのか、実際に夜中に足がつらなくなった実体験から紹介します。

自宅で簡単に運動して筋力量をアップする

意識していなくても年を取るごとに筋力量は低下していきます。

特に現代なんかはスマホやパソコンで特に動かないことが多くなっているので筋力量が低下している人が多いと思います。

自分もインドア派で完璧に筋力量が低下していました。

でも、運動しろと言っても外は暑かったり寒かったりでわざわざ運動の時間を無理矢理作るって辛いですよね。

特に足の筋肉なんか歩いてなんぼの世界ですからとにかく地味で疲れます。

そこで、オススメしたいのが自宅で気軽に足の筋肉を鍛えてしまう方法です。

エアロマグネティックバイクを使えば良いのです。

なんとなく難しい名前ですが、ただのエアロバイクです。自宅の中に進まない自転車を用意してしまうのです。

自分が使っているエアロバイクはここまで進化したのかと思わせてくれる仕様です。

自宅でも大きな画面で心拍数と体力測定を簡単にしてくれるので自分がどれだけの運動量をこなしたのか簡単にわかります。

そして、自宅だと気になる音ですが非常に静かで迷惑になることがありません。

さらに、負荷段階も8段階から選べるのでいきなり挫折するくらい辛いことは無いですし、物足りなくなってしまうことも防げます。

生活習慣の改善とダイエットにもなるのに、テレビを見ながら気軽に出来るので時間も有効に使えてストレスになりません。

筋肉を鍛えると毎日が楽だし、足もつらなくなります。

是非試してみてください。

体内のミネラルバランスを整えていく

寝ている間に汗をかいて体内のバランスが崩れてしまうのは、元々体内のバランスが崩れがちだからです。

普段の食生活で現代人は知らず知らずのうちに偏ったバランスで食事をしているのです。

なので、足りない分をしっかりとサプリメントで補うことが大事です。

そんなアンバランスで不足がちなミネラルを補うのにオススメなのがコムラナイトです。

サプリメントなので当然時間は取りません。薬でも無いのでラムネ味で気軽に飲めます。

ミネラルを細かく言えばカルシウムとマグネシウムです。

この2つは体内で作れないので食事で補う必要があるのですが、ただ単に食べれば良いというものではないです。

カルシウムとマグネシウムが2:1のバランスでないといけません。

そんな適切なバランスを飲むだけで調整してくれるのです。

成分も余計なものは使わず玄米胚芽を使用していて体に優しいです。

飲むだけでこむら返りから解放されます。

是非試してみてください。

寝ている時の足の冷えを防いで血行を良くする

いくら気を付けていても、冷房で足が冷えたり、冬場で布団を蹴飛ばしてしまったらそれだけで足が冷えてつりやすくなってしまいます。

実際に足がつってしまうと、一過性のものと言われていても筋肉がこわばってしまうため1日中痛いですよね。血流が悪くて辛いことになりますよね。

そこでオススメしたいのがルピエラインです。

悪くなった血液とリンパの流れを17種類の天然エキスと12種類の植物成分で流れを改善していくのです。

温感クリームなのでむくみ、冷え、乾燥を防いでくれるのです。

クリームだからといって、ベタベタしないので安心して使うことも出来ます。

そして、なんだか怪しいと思っている人もいると思いますが、なんとルピエラインは医学誌にも掲載されたことがあるちゃんとした商品です。

これを付ければ足がつることは無いですが、つっても温感クリームで流れを良くしてくれて筋肉がほぐれるので楽になります。

運動しなくても毎日塗り続ければ足がつらなくなるので、何もしたくないけど痛い思いだけは絶対に嫌だと思うなら使わない理由はありません!

実際に足がつりそう、つってしまったら

実際に寝ている時に足がつりそうになったら、なんとなくつる前って感覚で「つりそうだ!」ってわかりますよね。

こうなった時に、放っておくと確実につるし、いきなり動いても絶対につります。

こんな時は、ゆっくりと足首を上に上げて意識的にふくらはぎを伸ばします。

その後、起き上がって足の親指を体側に引っ張ると足をつるのを回避できます。

万が一つってしまっても、放置すると次の日も痛いのでつる前と同じ要領で足を伸ばしましょう。

そうすると、足の痛みとこわばりが全く違います。

ルピエラインを付ければ尚更良いです。

まとめ

夜中に足がつってしまうと不快だし、猛烈に痛いです。

ただ、自宅で簡単に運動したりサプリメントを飲んだりクリームを塗るだけで劇的に改善して足がつるようなことはなくなります。

しっかりと実行することで快適な睡眠が実現できるのです。

足がつって辛い人は是非試してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事や会議で緊張して顔汗や赤面が酷い人のためのオススメ対策グッズを紹介

B'z稲葉さん愛用のパワーブリーズ 簡単に腹筋と呼吸筋のトレーニング効果あり

髭剃りで肌が荒れる人必見!髭剃り後のニキビケアにオススメの化粧水を紹介

髭剃りによるニキビはカミソリよりシェーバーを使えば治る!

28歳の若ハゲ予防対策 抜け毛が増えて心配ならすぐに動け

頭が臭い!頭皮の臭い対策にオススメのグッズを紹介