残業をしない人は嫌われる!?職場で嫌われて一生報われない理由

ネオン掲示板

一生懸命仕事を終わらせて定時で帰りまくると確実に良い顔をされません。

それどころか嫌われてしまって評価も下がり残業ってしないだけでこんなにも評価が低いのかって驚いた経験がありませんか。

実際に定時帰りしまくって嫌われる職場にいたことがある自分が嫌われる理由とそんな職場にいると一生報われない理由を説明します。

残業をしない人が嫌われる理由

効率よく働いてしっかりと仕事を終わらせて帰っているのに嫌われたり悪く言われると謎すぎてビビりますよね。

なぜそんな理不尽なことが起こるのか理由を説明します。

愛社精神がないと思われる

残業=忠誠度。

今でもこの方程式が細胞レベルで染み込んでいる年配の方は本当に多いです。

高度成長期には人口ボーナスで売り上げも利益も右肩上がりで仕事量もどんどん増えていきました。

そんな時代にはとりあえず働きまくれば会社は成長して給料もどんどん増えていくような環境だったのです。

だから、残業して働きまくれば働きまくるほど会社が成長して結果として自分たちが報われると思ってしまうのです。

今ではそんな右肩上がりばかりではなく、効率的にやっていくことでなんとか会社を存続させるような時代です。

しかし、時代が変わっても人間の考えは変わりません。

だから、残業しない=会社を発展させる気のないやつだと思われてしまうのです。

単純に会社を成長させず適当に働いている舐め腐った奴だと思われるのです。

残業する度合いが会社にしっかりと忠誠を誓っているかどうかの指標を持って評価している会社では定時帰りは嫌われます。

長時間労働こそが正しいと思われている

評価システムも当然として会社で働く人間のほとんどが長時間労働が当たり前。

長時間労働こそが正義である会社では定時帰りは完璧な悪です。

働けば働くほど社員同士の絆が深まると考える意味の分からない思考回路をしている人が非常に多いです。

会社の成長とか効率よくとかそんなのどうでもよくてとりあえず非効率でもがむちゃらに頭を空っぽにして根性で乗り切る。

乗り切って頑張った経験から絆が深まり会社が発展すると考える精神を病んでしまった会社にいると定時帰りは嫌われます。

社風って本当に大事です。

アメリカでは部屋の中を靴で歩いても日本でやれば激怒しますよね。

長時間こそが正義の会社では定時帰りは部屋の中を靴で歩きまくっているようなものです。

そんな状況で好かれるはずがないです。

価値感が違い過ぎて嫌われてしまうのです。

協調性がないと判断されている

みんなが仕事を抱えているのに定時で帰るなんてけしからん。

協調性がないという理由で嫌われることも定時帰りにはあります。

これって正論みたいに思われていますがよく考えるとおかしな話です。

普通に自分に与えられた仕事が終わったら家に帰るべきです。

どうしても仕事が終わらないのなら、本人の仕事が遅いかそもそも会社の仕事の割り振りが間違っているかのどちらかです。

どちらの場合でも定時帰りからすれば本来の仕事量以上のことをこなすので給料をその分もらわないことにはおかしな話です。

実質財布からお金を抜き取っているようなものです。

抜き取られて文句を言わないことが正しいとされるならそんな協調性は間違っています。

そもそもお金を奪う人は少なくても時間を奪う人は多いです。

タイムイズマネーです。

時間泥棒はお金の泥棒と同じです。

ただこれに気付かず時間はいくら奪っても良いと思っているので協調性がないという理由で嫌われます。

単純に嫉妬している

定時で仕事をしっかりと終わらせて帰るのがベストですがなかなかそうもいかない人が必ず一定数います。

それは仕事が出来ない人です。

仕事が出来ない人って確実に仕事が遅くいつまでも職場にいます。

仕事が遅いというのもありますが、仕事でアピールできる部分が残業して頑張っているアピールしかないので残っている部分もあります。

仕事って結局どんな綺麗ごとを言っても才能が全てなので、向いていない仕事で頑張ると疲弊するだけなのです。

仕事が向いていないから辞めたいと思うことは悪くありません。正しいです。 仕事だけでなく人生は才能が全てです。 自分が活躍できる仕事で...

向いていないから健気に頑張るかと言えばそういった人間は確実に定時帰りに文句を言うのです。

簡単な話仕事が早いことに対して嫉妬しているのです。

素直に認めて努力するのが一番ですが、そうなると仕事が出来ない遅いと認めることになるのでなかなか認められません。

そこで現実逃避で定時帰りはおかしいぞと文句を付けて嫌うのです。

残業をしない人は報われない事実

残業をしないで嫌われてしまうような環境にいる人は正直に言って一生報われない環境に身を置いてしまっています。

その理由を説明します。

残業を評価する社風では一生日の目を見ない

仕事で大事なのは休日数も給料も大事ですが社風が本当に大事です。

居心地が悪い環境では単純にストレスが凄いです。

そして、社風って評価制度に直結していることが多いので合わないと評価が低いことになります。

だから、定時帰りで嫌われている以上これから先どんなに努力して結果を残してもあんまり評価されないです。

仕事を頑張ってきっちり自分なりに成果を出しているのに会社から思ったように評価されないことがあります。 なぜ結果を出しているのにしっかりと会...

それどころか残業ばかりして効率が悪く大した結果も出していない人が評価されていくのを恨めしそうに見るだけの地獄を味わうこともあります。

つまり、どんなに頑張ってもストレスだけにしかならない現実があるのです。

効率よくとか会社のためとか思ってもそんなもの評価されません。

組織は腐っている、しかし強大なのです。

だから、どんなに個人が頑張っても残業を評価する社風では定時帰りを続ける以上は理不尽な目に合います。

そして、一生その会社にいる以上は日の目を見ることは無く鬱屈とした

「なんで仕事も遅く大したことが無いあいつが褒められて自分がこんなケチをつけられないといけないのか!」

という思いを抱えながら働くことになるのです。

会社が傾く可能性が高い

日の目を見なくても理不尽なことがあっても、それが世の中だと納得して折り合いをつけるのも社会人だと思っていませんか?

当然我慢するべき時はすべきです。

サラリーマンとは我慢業ですから。

給料は我慢料だと思って辛い思いをして働く。 当たり前のことだと思われていますが普通におかしいです。 会社員は一言で言えば我慢業になっ...

しかし、残業を評価している時点で効率性をそこまで評価していない会社ということになります。

昔は残業をやりまくってがむしゃらに仕事をするのが絶対的に正しかったです。

成長期に定時帰りはアホです。

ただ、低成長時代には効率性を重視して物事を考えていくことが求められています。

そんな時代に効率性度外視で根性論で頑張っても上手くいくはずがないのです。

すると、なぜか残業している人たちは自分は頑張っていると思っているのにどんどん会社は傾いていきます。

根性で頑張るにも限度が絶対にあります。

仕事で評価されて報われないうえにこれも仕事だからと思って理不尽に耐えても会社が潰れそうになる確率が高いです。

そして、そんな時に効率性を重視した提案をしてもやっぱり社風って変わらないので受け入れてもらえません。

ただ、理不尽な思いをして会社が傾いていくのを見ているだけになります。

赤字会社で働いた経験から言わせてもらえば本当にろくなことにはならないのです。

現代は不景気なので実際に自分が働いている会社が赤字の場合があるかもしれません。 赤字だからと言ってすぐに潰れることは少ないですが絶対に赤字...

嫌われてそのうち会社も傾けば本当に何のために会社にいるのか意味不明ですよね。

残業を評価する会社では絶対に報われません。

残業しないことで嫌われるなら転職もあり

残業しないで嫌われるということがそもそもおかしいです。

きっちりと仕事を終わらせて早く帰るほど良いに決まっています。

嫌われている時点でストレスを抱えてしますし、何より将来抜群の会社とも言えないと思います。

そのため、定時帰りで何も悪くないのに嫌われて嫌な思いをしているなら転職してしまうのもありです。

転職活動をする前にまずは自分の本当の適性年収と向いている業種を知っておきましょう。

自分を客観視してから行動するほうが成功率が上がります。

適性年収の把握にはミイダスが有効です。

無料で自分の適性年収を出してくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

在職中だと履歴書、職務経歴書、面接の練習とかめんどくさいです。

そんなめんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

また、会社の内情も教えてくれるので自分に合いそうな会社に転職できる確率が上がります!

社風って本当に大事ですからね!

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

1つ目がリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

まとめ

定時帰りは本当に普通です。

というか、それがあるべき姿です。

それを定時帰りだからという理由で嫌う時点でおかしいです。

理不尽に耐えてもそれに見合うリターンは少ないです。

自分の人生を無駄にしないためにも今の会社でいいのかしっかりと考えるのが一番です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上司・リーダーになると無能になる絶対になってはいけない人の特徴

楽して稼ぎたい!大学生におすすめする楽して稼げる短期バイトを紹介

社内ニート経験あり!暇すぎる社内ニートは意外に辛い!社内ニートから抜け出す対策

ぬるま湯体質の会社は将来危ない!転職しようか悩む人への対策

絶対に上手くいかない!経営者に向いていない人の特徴と診断

ムカついても勢いで転職したらダメ!転職が決まらない人になる理由