焦らなくても良い!就職活動・転職活動に疲れたと思ったら休んでも良い理由

就職活動や転職活動をしていると不採用が続いたり良い会社が無くて焦ったりしますよね。

そんな状態で無理に頑張ってもいい結果が得られません。

疲れたらいっそのこと休んでしまった方が良いです。休んでも全く問題無い理由を教えます。

面接は運ゲー

薄々気付いているかもしれませんが面接は運ゲーです。

本屋さんには面接絶対合格テクニックなんていかにもな本が所狭しと並んでいますがあんなものインチキです。

とりあえずスーツがヨレヨレで寝癖や髭面で面接に向かうとかため口を聞いたりと明らかに人として間違っていることをしなければ基本的に受かるか受からないかなんて運の要素が非常に強いです。

だから、受からないと自分の人生が全否定されるような気になりますがそんなこと思うだけ無駄です。たまたま運が悪かっただけです。

特に一度何かしらの会社で働いたことがある人はわかると思いますが人事って別に相手の嘘がわかったり本質や素質を見抜ける神みたいな存在では決してないです。

普通に面接する側も試行錯誤でやりながら気付かないうちに自分の好みで採用を決めている部分が多いです。

人が人を選ぶって本当に曖昧なのです。何回もデートして好きになったのにしばらくして思ったのと違って別れることや結婚して離婚するなんて世の中にいくらでもあるじゃないですか。何回もあって言葉を交わしてもそうなるんですよ。たかだが1時間程度で何がわかるって言うんですか?わかりませんよ。

よく社風が合わないから優秀でも不採用という話があるじゃないですか。あれ、普通にありますからね。社風っていう名の好みなんですけど、そんな子供じみたことを平気でやるような組織は結構あります。

だから、面接は運ゲーであり上手くいかない時は普通に休んでも良いです。というより、運だからこそ理由がわからず疑心暗鬼になるので疲れたら休まないと精神がおかしくなります。

条件の妥協は早期退職の元

面接があまりに受からないとついつい弱気になって条件を下げてしまいがちになります。

確かにあまりにも理想を追いすぎるのは駄目ですが働くうえで絶対に譲りたくない実現したい条件は誰しもあると思います。

その大事な部分を焦って妥協して適当な企業に就職・転職をすると絶対に後悔します。

その後悔がいつまでも尾を引いて早期退職ということになったら、また転職活動で面接を受けなければいけません。

だからこそ、面接で疲れたら無理に条件を下げて適当な所を焦って受けるのではなく、休んでじっくりと自分の希望する条件で譲れるところと譲れない所をしっかりと再認識したうえで再活動するべきです。

急がば回れの精神で疲れたら休んで妥協しない姿勢が絶対に将来に繋がっていきます。

転職活動は1年以上の長期戦でも良い

先に言っておきますが既に退職してから転職活動をされている方はあまりに空白期間が長いとそこをネチネチと突かれるので6カ月前後で次の場所を決めた方が楽です。

ただ在職中の場合だと焦る必要は全くありません

転職活動って簡単に言いますが結構難易度が高いです。

何故なら自分が転職活動をする時期に自分が希望する求人があってそこから内定が貰えなければ成功ではないからです。

この自分が希望する求人というのは完璧に運です。どれだけの努力をしようがどうにもなりません。

しかし、長期間で活動することで希望する求人が出てくるなどのメリットがあります。

転職活動は大体が3カ月から6カ月で決めています。この情報だけ聞くと焦りますが在職中なら長期戦でも全く問題ありませんしむしろメリットだらけです。 ...

転職活動を長期間すること自体は全く問題ないのですが、面接に落ち続けた結果長期間になったり長期間ゆえにモチベーションが下がることだってあります。

そんな時は転職活動を諦めるより休むことが大事です。

在職中なら今の会社から給料が出るわけですから休んでも問題ありません。休んで元気が出たらまた走り始めればいいだけです。

転職活動をする場合はこの本を読んでおくとスムーズです。

休むことでパフォーマンスが上がる

就職や転職活動って普通に疲れるのでそこで無理したところで自分の力の何割かしか出せません。

落ちたりして嫌になっているのに明らかに不幸そうなツラして面接に来たら間違いなく落とされます。

そんなことを繰り返してダークサイドに落ちたって意味が無いです。

いっそのこと休みましょう。

休むことだって仕事のうちと言うように休むことで得られるものだってあります。

休むことで英気を養い自分本来の自信と元気を取り戻すことでパフォーマンスが上がることなんていくらでもあります。

休む=悪という意味も根拠も無い理論を信じるより休んで元気になって行動した方が幸せになります。休んでも問題ないです。休んでしまいましょう。

人生なるようになる

就職とか転職とか人生の一大イベントですけど人生長いし運ゲーだからこそ行動して諦めなければなんとかなります。

少し活動を休止しても別に大した影響なんかありません。結局なんとかなっていくのが人生です。

たしかに休んでいる間に良い企業があるかもしれません。しかし、タイミング次第で知らずに逃したチャンスなんて全て拾いきるのは人生不可能です。

だから、結局自分が活動している時にたまたまその中で合致した企業の入社して働けばいいですし別に転職しようが人生終わることなんてありません。

だから、深刻に考え過ぎず自然体でなんとかなると思っていればいいですしなんとかなります。休んで正常な状態で選んだ企業なら大失敗するようなことはそうそうないです。

絶対に大丈夫です。上手くいきますよ!!!

まとめ

疲れている中無理やり活動して傷ついて自分を見失ったら絶対に納得がいく就職・転職活動なんて出来ません。

休むことで得られることがたくさんあります。

無理せず休んで元気になったらまた頑張っていけば後悔するような選択はしないと思います。

周りに左右されず自分の意志と行動力で是非納得する結果を得てください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人見知り・人嫌い社会人でも働ける仕事と入ってはいけない会社の特徴

期限を守れない人は仕事で信頼を失っている

20代初めての転職で失敗しないか不安な人必見!内定を得るまでの手順を紹介

会社が潰れそうなときの対策と潰れる会社の特徴

会社の飲み会は行きたくないが少しは行った方が良い理由

絶望的なまでに会社員に向いてない性格の特徴・診断