独身30代だからこそ勉強すべきおすすめ資格6選!遅いことは一切ない

独身で30代に突入するとまあ普通に暇な時間が出てきます。

この暇な時間をフルパワーで遊べる人って結構少ないです。

 

遊びたい気持ちはあるけど、何か今のままではいけないのではと焦燥感が生まれてくると思います。

 

そこで30代独身で比較的時間があるこそ今からでも遅くない、自分の人生の角度を変えられる資格を紹介します。

独身で暇で閉塞感を感じているなら勉強して人生の角度を変える

20代の頃は働いてお金を持ち始めて色々目新しい経験が出来るので楽しいですが、30代になるとどうしてもマンネリ気味になります。

そして、友達とも比較的疎遠になりやすいので時間だけが出来てしまい、暇な時間があると余分なことを考えがちです。

 

30代になると体力も衰えるので、ボケっと生きていると好きだったものに対しても情熱が消えていきがちです。

ここで流れに身を任せてしまうと、恐らく感じている焦燥感通りに駄目な人生を送ることになると思います。

 

もちろん、何か新しい遊びを始めて楽しく生きるのもありだと思います。

ハンモックで寝る男と見守る犬
休みになりゃ暇だし、仕事は暇なし状態になる30歳という節目。 30代独身は単純に暇すぎるのです。 まともな友達は結婚して疎遠...

 

ただ、せっかく焦燥感で危機感を感じているからこそ勉強するには絶好のタイミングですし、なにより勉強は人生の角度を変えます。

年収が上がったり、知識で人生が豊かになるなどプラスな面が多いです。

独身で閉塞感を感じているなら絶対に勉強すべきなのです。

原則は自分の仕事で役立つかどうかが大事

30代になると20代の時と比べてあからさまに要求されるレベルが高くなります。

自分的には高校生の時と別に変っていないのですが、世間の目はそうは許しません。

 

独身で勉強していくことは重要ですが、手っ取り早く自分の人生の角度を上げたいなら自分の仕事で役立つかどうかで勉強すべきことを選ぶべきです。

 

資格だけでどうにかなるほど甘くないですが、それでも業務に関連する資格を持っているかどうかで年収も上がりやすくなので人生にとってプラスです。

よほどの夢が無い限り自分の仕事に役立つ資格や勉強からやりましょう。

 

そもそも自分にどういった資格や勉強が必要なのか知りたければミイダスで自分の市場価値や適職を診断することで行動しやすくなります。

無料なので気軽に出来るのが最高ですよ。

本当の価値をミイダスで知る

独身30代にこそおすすめ出来る資格

独身30代にオススメできる仕事でも人生を生きる意味でも普遍的に役立つ閉塞感を打破してくれる資格を6つ紹介します。

簿記

どんな職種でも個人的に必須だと思うのが数字がわかることです。

才能があるとか勢いがあっても、結局数字が弱くてダメになってしまう社長や管理職って結構います。

とにかく、これから先の時代数字を軽視して生きていくことは出来ません。

 

そういった意味で簿記を学ぶことは自分の人生を学ぶことに繋がります。

 

会社の日々の経費がどうやって財務諸表作成に繋がっていき、利益に反映されていくのか理解することが出来ます。

 

個人的におすすめしたいのが2級まで取得することです。

ぶっちゃけると簿記2級は近年はかなり難しいですが、2級まであると基本的な会計については理解できていると判断されます。

 

数字がわかって財務諸表のなんたるかがわかるって経理以外なら確実に管理職に欲しい人材です。

また、2級までいくと損益分岐点など日々のコスト意識など把握すること家計簿が高水準で付けられるので良いことばかりです。

 

数字を学んで損することは絶対無いです。

難しくても独学でいけるので是非挑戦しましょう。

毎年難易度が高くなっている簿記2級。 昔と比べて試験範囲も広ければ試験時間も短くなって受かるの難しくなっています。 ...

ビジネス会計検定

簿記は財務諸表を作成する力を身につけるものです。

財務諸表を読み解ける力を付けられるのがビジネス会計検定です。

 

財務諸表を作成できるだけでも凄いですが、大事なのがそれが一体何の意味があるのかしっかりと理解出来ることです。

財務諸表から一歩踏み込んで企業の財政状況を分析できるのがこの資格です。

 

数字に本当に強くなるには簿記に加えてビジネス会計検定があると鬼に金棒です。

財務諸表の意味がわかり、分析をすれば自分の会社の良し悪しがわかるので改善計画も立てられるし、ヤバいとわかればいち早く転職も出来ます。

 

投資をするにも自分で分析指標の意味がわかるので、投資判断の一指標として活用できること間違いなしです。

マイナーですが取って損のない勉強しがいがある資格です。

財務諸表を作成するのが簿記で読み解く力を付けるのがビジネス会計検定です。 簿記2級持ちが3級を飛ばしていきなりビジネス会計検定2級を独学で...

FP(ファイナンシャルプランナー)

納税は国民の義務ですが、節税は国民の権利です。

そんな知識は力なりを体現するのがFP(ファイナンシャルプランナー)です。

 

義務教育で本当は教えられるべき税金や身の回りの人生で役立つ保険関係の知識を学ぶことが出来ます。

どんな職種だろうが現代人として生きていくなら、本当に勉強して良かったと感じることが出来る資格です。

 

勉強して上手く節税したり、自分の権利を学ぶと使えるお金や人生の選択肢も増えるので人生が確実に楽しくなること間違いなしです。

手取り額を増やしやすいし、もしもの時の対策もしっかり学べるので弱者のための理論がここで学べます。

友達や家族に頼られること間違いなしの資格です。

FP2級は人生を生きるうえで絶対にとっておいて損のない資格です。 そんなFP2級は資格講座を受けなくても独学で受かることが十分に可能です。...

TOEIC

海外旅行をスムーズに出来るし、外資系に転職すれば年収アップ出来る資格。

 

それがTOEICです。

 

年収アップを目的に考えるなら一番大事なのが英語力を身につけることです。

結局日本の企業より外国企業の方が年収が高いです。

 

日本企業でも高年収を提示するところは海外と付き合いがあるので英語が出来る実務経験なんて喉から手が出るほど欲しいはずです。

また、英語を学ぶことで海外旅行にも行きやすくなるので単純に自分の人生が広がるのが間違いないです。

 

確実に人生の角度が上がる有名な資格です。

とりあえず履歴書に書ける600点まで目指すのが良いです。

社会保険労務士

サラリーマンが取得を目指す確率が高い難関資格1位。

 

それが社会保険労務士です。

 

国家資格系で普通のサラリーマンが目指す典型的な資格です。

国家資格だけあって1,000時間ほど勉強しないと受からない難関資格です。

 

ただ、この資格があると手当てが貰えることがあるし、何より最近うるさい労働問題に強くなります。

仕事が出来ても労働問題に関する意識が低い人は管理職になっても降格される可能性が平気である時代です。

 

また、今でもろくでもない会社が多いのでそういった会社から自分が搾取されるのを防ぐことが出来るのが社会保険労務士の魅力です。

 

独立するのは容易ではない資格ですが、独立も一応できる資格なのでゆくゆくは独立したいと考える人なら取って損は無いです。

メンタルヘルス・マネジメント検定

自分と部下のメンタルを守れる現代的な資格。

 

それがメンタルヘルス・マネジメント検定です。

 

マイナーな資格ですが、とにかくメンタルを病みやすいのが現代社会です。

気合でメンタルはなんとかなりません。

 

論理的に対処することでメンタルへ配慮する知識が自分にも他社にも欠かせないのが普通になってきています。

 

そういった意味で3級は自分のメンタルコントロール方法を論理的に勉強できますし、自不調の予兆を知識として把握することが出来ます。

2級では自分に後輩や部下が出来た時の注意すべき点や相手へのコーチングまで勉強できる優れものです。

厳しい現代社会を生きるにも管理職になった時にも絶対に必要な資格。それがメンタルヘルス・マネジメントです。 2種まで合格している自分が合格ま...

まとめ

独身で暇を持て余すなら、勉強をするのは本当に良いことばかりです。

焦燥感や閉塞感を感じている時ほど勉強をするのが確実に自分の人生を切り拓いていくことになります。

 

で、勉強が嫌になって遊びたくなった時はまた楽しく遊べばいいだけなのです。

知は力なりとの言葉通り勉強すれば知識が全て自分の力になり、何かと人生を楽しく出来る選択肢が増えます。

30代だからこそ役立つ勉強があるので、遅いことは無いので思い立った時にやるべきです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

買い物場面

社会人アラサー男が買ってよかった人生が捗る、満足度が上がったオススメのもの

ランチで有名なODECOにディナーしに行く

オタクでも好きになれる画家ミュシャ

Vintage Blue ビンテージ ブルー 静岡でデートにオススメ

FPが教える絶対に入ってはいけない必要ない保険を紹介

28歳の転職は難しい?苦戦した自分が成功するための手順を紹介