男が結婚する女かどうか判断するチェックポイント

男は付き合う前は割と適当で積極的に動ける人は多いですが結婚となると話は別です。

打って変わって注意深く観察してこの彼女と結婚しても良いのかとチェックするようになります。

男が結婚するかどうか判断するポイントを解説したいと思います。

男は結婚になると真面目になる

男は付き合うまでは結構積極的にあれやこれやと頑張るのですが結婚となると話は別です。

恋愛の時とは別人のように急に真面目になります。

正確に言えば女性は恋愛の延長線上に結婚があると思っている場合が多いですが男は恋愛と結婚は全く別物であり付き合う女性と嫁にしたい女性はイコールではないのです。

今までは顔だけが一番の重要ポイントという非常に低俗的な理由で女性を選ぶのですが結婚となると急に性格がどうたらかんたらといきなり人としての理性を持ち始めた発言をするようになるのです。

男にとって結婚とは責任を負うというイメージがあまりにも強いので適当でいられず真面目になってしまうのです。

そのため、結婚しようと思ったら付き合って間もないころに、男に勢いがあるうちに結婚を決めるのが一番いいのです。そうしないと男は付き合うと安心してどんどん冷めてくるのです。

結婚をするにあたって収入が安定したらとか仕事が落ち着いたらとか色々な条件付けをする人がいますが結婚において一番大事なのは圧倒的に勢いです。 ...

この勢いを逃してしまうと男の細かい嫁にしていいのかどうかの鬼チェックが始まるのです。

結婚のチェックポイント

男は結婚となると鬼のような点検をするのですが、それでも重要項目を押さえておけば問題ありません。

もっと言うと人としての当たり前の常識がしっかりと身につけていれば結婚点検をクリアできるので変に気負いせずかと言って調子に乗らなければ大丈夫でしょう。

男の見るポイントは以下の通りです。

金銭感覚があるか

結婚は夢ではありません。あるのは圧倒的現実なんです。

現実に必要なものはどんなに綺麗ごとを言ってもやっぱりお金が大事なんです。

この金銭感覚がぶっ壊れている女性とは結婚したいと思いません。

厄介なのが金銭感覚が壊れていることが理解できない女性は独身期間が長いことです。

独身期間が長いと必然と自分に対するお小遣いが知らず知らずのうちに増えていくのです。いくら気を付けていても独身はお金を使いすぎます。だって、自由で楽しいからです。

例えば海外旅行などのお金がかかる趣味があることは全く問題ないのですが、結婚するとなると余程高給なカップルでないとなかなか難しいので結婚したら諦めるという選択をしっかり持てるかどうかまで考える必要があります。

それでも、自分は貯金出来ているから金銭感覚があるとか思う人がいると思いますが全くの勘違いです。

貯金は当然大事です。むしろ、前提です。そもそも、貯金が出来ないという人はまず前提からして崩れているのでしっかりと貯金しましょう。

https://shiomakiai.com/%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%ba%ba%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e7%b0%a1%e5%8d%98%e8%b2%af%e9%87%91%e8%a1%93%e3%80%80fp%e3%81%8c%e6%95%99%e3%81%88%e3%81%be%e3%81%99/

何が問題かというと自分が関心が無い事柄は全て無駄だと人間は考えます。だから、お金を使う価値があるものの共有とすり合わせが大事なのです。

これが金銭感覚なんです。

つまり生き方の方向性と大事にしているものが一緒がどうかチェックしているわけなんです。

常識があるか

結婚となると急に常識があるかが問われるようになります。

今までは一緒にいて楽しいとか小学生レベルの思考回路と快楽で生きていたのが結婚となると常識というもっともらしいことを求めるようになります。

常識と言っても難しいことは全くありません。

挨拶が出来るかとかお礼がしっかりと出来るかというレベルを見ているのです。

簡単だと思う人が多いかもしれませんが結構挨拶とお礼をないがしろにしている人は多いです。

適当に表面上だけ取り繕ってすぐに気を抜いてしまう人がかなりの数存在するように思います。

だからこそ、基本的な挨拶とお礼。この二つをしっかりと妥協せず気持ちよく行うことが非常に重要なのです。

結婚したら近所づきあいなど色々な面で常識が試されます。そんな時に適当にやるような人では一緒に暮らせないと強く思うのです。

両親や友達の評判

男はプライド。世間からの評価の中で生きています。

だからこそ、彼女の顔が可愛いかとか仕事では肩書や年収なんかを気にするのです。

これは結婚においても同様に行われます。

自分だけの評価ではなく友達。特に両親からの評判を大事にします。

顔は人それぞれなのでしょうがないとしても評判を上げる基本は何と言っても挨拶とお礼。この二つはとにかく必須です。それに加えてコミュニケーション能力無しに良い評価を得ることは絶対に無理です。

友達に紹介してもらったり実家に遊びに行かせてもらったときに挨拶もそこそこに常に彼氏にべったりしている女性がいますが最悪です。

その場で求められる振る舞いは友達や両親ととりあえず上手くやることです。それなのに、「挨拶も済んだしメンドクサイ奴らの相手はしなくていいや」なんて考えて彼氏にくっついていると最悪の評価になります。

世間からの評価の中で生きている男からすれば自分のことを低くみられるだけでなく結婚後も些細なことで周辺の人間からの評判をナチュラルに落としていく人間とは結婚しようとは思わないでしょう。

家事が出来るか

時代は変わったと言っても夫が主夫になる確率はまだまだ低いです。

そのため、専業主婦だろうが共働きだろうが家事は絶対に避けては通れない道です。

また、なんだかんだ家事が出来る女性に憧れを抱いている男も多くいます。

家事が出来ない=生活ができないということになるので、家事が出来ない人間は論外です。結婚しようとは絶対に思わないでしょう。

家事が出来ないことを隠して結婚することも出来ますが100%新居が地獄絵図になることは間違いありません。結婚しなくても家事は生きる力です。

だからこそ、家事が出来るようになりましょう。家事が出来るだけで一気に結婚相手として見る男は大勢います。

家事が出来るためには一人暮らしをする方が良いと言います。しかし、何も能力が無い人間が一人暮らしをしても惣菜を買ったりなどで生活力が付くとは限らないですしなによりお金がかかります。

社会人で実家暮らしだと馬鹿にされる風潮がありますがそんなもの全く気にする必要がありません。実家暮らしって最強なんです。世間の風潮に流されて下手に...

一番いい方法は、実家で家事をやる→1年以上一人暮らし→実家で家事をやる

このルートが一番家事力が身に付きます。結局実家で覚えるなんて決意しても余裕でやりません。そこで基礎だけ親に教えてもらい一人暮らしで諸々の家事の大変さを知り能力アップを図り、その後実家で能力の補てんと維持をしてお金を貯めれば完璧です。

本当に細かい所

男は大雑把に適当にやることが多いですが、変な所で細かいです。子育てのことまで考慮して細かい重箱をつつくようなことをします。

例えば、車から出るときに彼氏のカバンを落としてしまったとします。その時に一応埃を払い落とすような動作もしないまま車の中に戻すことを嫌ったりします。

本当に細かいし目くじらを立てるようなことではありませんが、この一動作をサボるような女性は子育ての時にも子供に一動作の教育をしないだろうと思われます。

そんな教育が出来ない所が嫌でモヤモヤしてしまう男もいるのです。

しかし、逆に考えれば一動作払うしぐさをするだけで勝手にこの子は良い子だと勝手に勘違いをするということなので少しの手間で最大効力を得ることが可能とも考えられます。

まとめ

結婚するとき男は急に慎重になり結婚しても良いかどうか細かくチェックしますが基本的に一般的な社会常識があればそれだけで結婚相手としてふさわしいと合格点に達します。

しかし、基本的な事ゆえについつい疎かにしていたり自分が出来ていないのを気付けていなかったりします。

周囲をよく見て挨拶などのコミュニケーションと家事能力が人並みにあれば誰でも結婚相手として見るようになるのが男です。

なかなか結婚しない彼氏も普段の態度をちょっと変えるだけで結婚に踏み切るかもしれないので試してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

苦痛!飲み会で彼女が一度もいないのに恋愛話をされたときの対策

カップルが長続きする特徴は嫌いなものが似ている人と付き合うことが大事

社交的な女は何故モテないのか

彼女いない歴=年齢の社会人が彼女を作る具体的方法

コミュ障が教える!女性と話すと緊張するコミュ障で彼女いない歴=年齢の彼女の作り方

海外旅行好きの女が男から敬遠されて結婚できない理由