管理職の器じゃない!管理能力のない上司によって起こることと生まれる原因

なんでこんな人がリーダーになっているのかと現実を疑ってしまう管理職の器ではない人間的に小さい上司。

実は管理職の器ではない人が上に行ってしまうとそれだけで会社にとっても周りにとっても悲劇しか起こりません。

管理能力のない上司によって起こる悲劇とそんな上司が生まれる原因を説明します。

管理能力のない上司が生まれる原因

管理能力のないくせに何故かなってしまい悲劇を生む上司が生まれる原因は以下の通りです。

単純に管理職になってはいけない人だから

管理能力のない上司が生まれてしまうのは単純に管理職になってはいけない人を管理職にしてしまうからです。

仕事でもなんでも努力することは大事ですが、どうしても人の上に立つ場合は生まれ持ったセンスや性格が影響してきます。

 

この部分を考慮せずにとりあえず年を取ったからとか人がいないからとかの理由で不適切な人を管理職にすると当然管理能力のない上司が生まれるのです。

 

管理職になってはいけない人とは具体的に以下の通りです。

・論理性より感情論

・判断力、決断力が皆無

・責任逃れをする

・会社のビジョンが全くない

・真面目過ぎる性格

・残業大好き星人

・顧客は神様と信じ切っている

・規律より仲良しごっこを優先する

一つだけ生き残るチェスの駒
年功序列で出世したり、中小企業で人数が少なすぎて仕方なく上に行ってしまった全く管理職に向いていない人がいる会社はヤバいです。 上司が終わっ...

こういった人をやみくもに上に上げると適性がないので必然的に管理能力のない上司として君臨してしまうのです。

会社が管理職を育てようとしないから

センスは仕事でもなんでも大事ですが、努力して変わる部分、意識して出来ることがあるのも事実です。

 

明らかにヤバい奴が管理職になってしまっているのは、そもそも会社がしっかりとした管理職を育てようとしていないと言えます。

 

管理職としての研修、あるべき姿、会社の方向性などしっかりと管理職に教えておらず適当に管理職にするとどうにもなりません。

 

適正も無く教育される環境も用意されずに管理職になれば当然管理能力のない上司となってしまいます。

 

管理能力のない上司を野放しにしている時点で会社としては管理職を育てようという気は無く、勝手に育てばいいなぁと思いこんでいるのです。

教育もせず、自然と管理能力を身につけた上司が生まれることを期待するので結果として育たず尊敬して見てマネできる上司もいないのでダメ上司が連鎖生産されます。

管理能力のない上司によって起こる悲劇

管理能力のない上司が上に立つとろくなことがありません。

そんな起こり得る悲劇を紹介します。

無駄な仕事を増やす

管理能力のない上司は、とりあえずなんかしようと意味のない頑張りと意気込みを発揮します。

 

特に何かをしようとかの目的意識が全くなく、焦燥感からとりあえずなにかと考えるので必然思い付きの余計なことをします。

 

つまり、無駄な仕事を大量に増やしていくのです。

本来やるべき業務だけでも面倒なのに、そのうえ何の生産性も無い仕事を増やして下の人間は苦労するのに何故かご満悦な上司の顔を見ることになります。

 

無駄な仕事を増やされると残業も増えるし単純にストレスになります。

会社を傾かせる

管理能力のない上司は会社のビジョンを持っていないので行き当たりばったりの方針を打ち出します。

そして、大体が感情論で物事を考えていくので当然会社自体が危ないことになっていきます。

 

どれだけITが進もうが、時代が変わろうが組織とは上に立つ人間次第で良くも悪くもなります。

 

上に立つ人間が悪ければ下の人間がどれほど優秀であったとしてもやっぱり徐々に悪くなっていくものです。

管理能力のない上司は往々にして会社を傾かせるので当然自分にも被害が出ます。

まともな人から退職してヤバい奴だらけの会社にする

転職理由の本音1位はいつの時代も人間関係です。

特に上司との関係で悩む人が多いです。

 

上の人間があてにならないのならどこに助けを求めたらいいのかわからず絶望なので管理能力のない上司の下からは人は離れていきます。

そして、不思議なことにどこの職場でも何故か優秀かまともな人から辞めていきます。

夕焼けの中パソコンを操作する男
入社3年以内の離職率は3割と言われており若手が辞めるのは普通だと思っていませんか。 若手社員、特にまともな人材は辞めていってしまう会社は若...

すると、当たり前ですが会社に残るのは他に行き場がないか向上心が無いヤバい奴だけが残ります。

 

ヤバい奴だらけになるとそれだけでもう働きにくい環境になるので最悪です。

言っていることやっていることが違う理不尽が多発

管理能力のない上司は、当然目標も無く思い付きです。

 

そのため、美味しそうな話やちょっと都合が悪くなるとあれだけ豪語していたことを平気で覆してきます。

 

言っていることとやっていることが違う理不尽に振り回されてしまいます。

これが日常的に起きると人は確実に疲弊して壊れます。

 

最も辛い拷問方法は、一生懸命掘った穴をまた一生懸命埋め直させる無駄を繰り返すことです。

 

この拷問を毎日受けることになってしまうのです。

会社の空気が悪く毎日が苦痛

管理能力のない上司が上にいると嫌なことだらけです。

 

それに加えてまともな人の退職が進んでいると、経験した人にしかわからないどんよりとした気持ちの悪い行き場のない絶望が漂う空気の悪い会社になります。

 

人は環境によって良くも悪くもなります。

会社の空気が悪い所で頑張って働くと本当に気分や体調が悪くなっていきどんどん後ろ向きな考えて生きることになってしまいます。

管理能力のない上司からは逃げるのが最適

管理能力のない上司の下で働くと理不尽に振り回されてしまったり、周りも変な人ばかりが残るようになったりと不利益しかありません。

 

そして、ちょっとでも若い時にしっかりとした管理職というものを見たことがないのも自分の今後の人生を考えると大きくマイナスです。

 

ひたすらストレスに苛まれる毎日です。

また、管理能力のない上司を管理職にしている時点でしっかりと教育するコスト以上の損失が出ていることを理解できていない目先のことしか考えていない会社です。

 

一緒に働く人は選べないけど会社は選べます。

管理能力のない上司からは逃げて転職するのが最適です。

 

在職中でも転職活動は出来ますし、なんでもやらないよりやった方が自分自身の納得感が違い人生の満足度が上がります。

 

転職活動をする前にまずは自分の本当の適正年収と向いている業種を知っておきましょう。

 

適正年収を知って搾取されることを防ぎましょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

 

適正年収の把握にはミイダスが有効です。

 

無料で自分の適正年収と自分に向いている職種を教えてくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

 

キャリアアドバイザーがいるような転職サイトは成功報酬で転職者の年収35%程度を会社から取っていきます。

つまり、キャリアアドバイザーが付くような転職サイトは金がかかるので経営能力が無いブラック企業は登録も出来ず、そもそもが弾かれています。

 

また、会社の雰囲気や離職率なども教えてくれるので合わない危ない会社に入社する確率が減ります。

 

さらに、めんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

 

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

 

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

 

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

 

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

 

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

 

1つ目がリクルートエージェントです。

 

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

 

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

 

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

 

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

 

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

 

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

 

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

 

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職するにあたってこの本を読んでおくと逃げの転職から攻めの転職、そして自分の将来を守ることにも繋がっていきます。

是非読んでみてください。

まとめ

管理職の器ではない人が上に立つのは会社が目先の教育コストをケチったり、適性のない人間を上に行かせてしまうリスクを考慮していないからです。

 

管理能力のない上司が上に立つと、無駄な仕事を増やす、理不尽なことをする、優秀な人が辞めて業務量増加など結局下の人間が一番損します。

 

管理職の器ではない人が上司になっている時は逃げる手段をいつでも行使できるようにしたほうが心の余裕を保てます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職面接で落ちる10個の不採用フラグ・サインの特徴

飲み会に誘われない人は落ち込む必要なし

責任から逃げる、責任を負わないムカつく逃げハラ上司の特徴と対策

仕事辞めたいけど転職もめんどくさい人向け!簡単な転職活動方法

仕事で正当に評価されない原因は何?辞める前に評価される人との違いを知ろう

焦らなくても良い!就職活動・転職活動に疲れたと思ったら休んでも良い理由