経理はコミュニケーション能力が低くても平気な貴重な仕事 大丈夫な理由4つ

仕事で何が一番辛いかと言えば人間関係です。

人間関係は人と深く関わろうとするからメンドクサイ、嫌なことばかり経験することになります。

 

コミュニケーション能力が低いと働くのはさらに大変になります。

経理はコミュニケーション能力が低くてもなんとかなる仕事です。

経理がコミュニケーション能力が低い人でもなんとかなる理由を紹介します。

経理がコミュニケーション能力が低くても大丈夫な理由

文系はコミュニケーション能力が無いと終わりです。

そんな文系でも比較的救われるが経理職です。

経理職がコミュニケーション能力が低くても大丈夫な理由は4つです。

経理は文系の専門職みたいなもの

理系はコミュニケーション能力が低くてもなんとかなるのは専門職系統の仕事が多いからです。

どこでも通じるスキルがあると、スキルを発揮して仕事をしていれば良いので比較的楽です。

 

文系はこれといったスキルは無く、抽象的な能力しか身に付かないので必然的にコミュニケーション能力でカバーして上手くやるしかありません。

 

そんな文系において経理は、どこの会社でも必ずあるし決まったルールに則ることで成り立つので知識=専門性が活かされます。

もちろん、コミュニケーション能力があった方が良いに決まっていますが知識を元にしっかりと仕事をすることが重視されるので比較的楽なのです。

デスクワークで限られた関係と付き合えばいいだけ

経理職だろうが理系職だろうが完全なコミュ障は辛いですが、経理は必要最小限の付き合いで済むので楽です。

なぜなら、デスクワークで限られた人間関係だけ付き合っていればいいので人見知りでも慣れればそれなりにやっていけるからです。

 

営業とかだと付き合う人が多いので地雷に当たる可能性もそれだけ高くなります。

社内にヤバい奴が居ればそれだけで会社は経理でも終わります。

会社組織で働いていれば嫌な奴なんていくらでもいます。時には我慢が必要なのも社会人なのです。 しかし、どういうわけか嫌な奴どころか頭がおかし...

 

ですが、後にも書くように黙々と作業できる時間が多いので耐えられる確率が増えるのである意味逃げ場があります。

なにより、経理は専門性があるのでしっかりと勉強を積み重ねていけば転職もしやすいので逃げやすいです。

 

限られた関係で徐々に人間関係を構築していきやすいのでコミュニケーション能力に不安がある人でも安心です。

黙々と作業できる時間が圧倒的に多い

人間関係で何が辛いかと言えば嫌な奴が居ても関わらないといけないことです。

しかし、経理の場合はこの関わりが圧倒的に少ないのです。

 

もちろん、何も喋らないわけにはいきませんが仕事柄黙々と真面目に作業する時間が無いと進みません。

そのため、人が周りに居てもある意味孤独に仕事が進められるのです。

 

自分がやるべき仕事を然るべき期限内にしっかりと終わらせれば評価をされるようになるのでコミュニケーション能力に不安がある人には楽です。

というより、誰かといつでも喋っていないといけない人は仕事が進まなくなってしまうので喋るのが苦手。

 

喋らなくても全然構わない人ほど向いています。

必要最低限のコミュニケーション能力でも成り立つ

経理はコミュニケーション能力が低くても通じますが、仕事である以上何も喋らないわけにはいきません。

しかし、喋るにしても必要最小限のコミュニケーション能力で成立してしまうから最高なのです。

 

よくあるのが

「書類にハンコお願いします」

「この経費の詳細ってなんですか?」

 

など仕事に関することで、大体お願いとなに?なぜ?攻撃で成立するので、会話と言うより仕事をしっかりとしているだけで良いのです。

だから、何か気の利いたことを言おうとか好かれようとか出来るに越したことは無いですが、別にいらないのです。

 

大事なのはしっかりと業務遂行することと、知識があるかどうかです。

知識がないと決算時なども質問すら出来ない本物のコミュ障になってしまいます。

 

しかし、知識があればそれに沿った質問やお願いをするだけなので比較的容易に仕事が出来るのです。

コミュニケーション能力に不安があるなら経理で頑張ろう

経理は文系職の中でも比較的コミュニケーション能力が無くてもなんとかなってくれる貴重な職業です。

コミュニケーション能力に不安があって疲弊しているなら経理で頑張ることを強くオススメします。

 

ただ、コミュニケーション能力の代わりに必要になってくるのは大前提として知識です。

これが無いと本当にただのコミュニケーション能力が足りない人になってしまいます。

そのため、どの求人でも絶対に資格項目に名前が上がる簿記だけは絶対に取得しておくことが重要dす。

毎年難易度が高くなっている簿記2級。 昔と比べて試験範囲も広ければ試験時間も短くなって受かるの難しくなっています。 ...

 

経理から経理は比較的転職しやすいですが、そうでない場合は結構ハードルが高いです。

ただ、一度小さい会社や派遣でも経理を経験しておくと経験者として扱ってもらえるので、色々な戦略的やりようはあります。

必要な資格や経験も実際の求人を見ながら計画を立てた方が、絶対に良いのでとりあえず転職サイトには登録しておいて損は無いです。

 

転職活動をする前にまずは自分の本当の適正年収と向いている業種を知っておきましょう。

 

適正年収を知って搾取されることを防ぎましょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

 

適正年収の把握にはミイダスが有効です。

 

無料で自分の適正年収と自分に向いている職種を教えてくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

 

キャリアアドバイザーがいるような転職サイトは成功報酬で転職者の年収35%程度を会社から取っていきます。

つまり、キャリアアドバイザーが付くような転職サイトはお金がかかるので経営能力が無いブラック企業は登録も出来ず、そもそもが弾かれています。

 

また、求人票を見るだけで企業が求めている基準を知ることが出来るので自分がスキルアップする際にも役立ちます。

 

さらに、めんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

自分のキャリアの棚卸しも様々な事例をキャリアドバイザーとして見ていることから、手伝ってくれたり方向性を示してくれます。

時間がない中でも効率よく転職活動が可能になるのです。

 

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

 

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

 

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

 

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

 

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

 

1つ目がリクルートエージェントです。

 

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

 

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

 

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

 

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

 

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

 

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

 

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

 

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職するにあたってこの本を読んでおくと逃げの転職から攻めの転職、そして自分の将来を守ることにも繋がっていきます。

是非読んでみてください。

まとめ

コミュニケーション能力が全くないとどんな職業でも無理ですが、経理は比較的コミュニケーション能力が低くても務まります。

もっと言えば、コミュニケーション能力が無いなんて許されない文系職唯一のコミュ障が救われる職業が経理なのです。

 

文系に行ってしまい、後からコミュニケーション能力が無いと気付いた場合経理に転職して働くことが救われることもあります。

是非検討してみて下さい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

社会人で友達が少ないことは悪いことではない!悩む必要が無い理由

札束を持つ人

なぜかお金持ちにケチが多い理由!お金持ちの金銭感覚は合理的

ムカついても勢いで転職したらダメ!転職が決まらない人になる理由

ストーリーとしての競争戦略 感想 仕事でも人生でも役立つ戦略

松紳というトークの最高峰!観るだけで簡単にトーク力が上がる

未婚率上昇と草食系男子増加の原因は実務経験重視採用の弊害