経理事務職が未経験の初心者でも転職できる面接対策を紹介

誰もが憧れるデスクワークの王道経理、事務職。

そんな事務職に定期的に未経験からでも転職を成功させて入社する人たちがいます。

働いている中で未経験から転職が成功する人には共通点があります。

その共通点を経理職の自分が余すことなく紹介して面接対策に活かしてください。

経理事務職で役立つ資格を取っておく

未経験だろうが経験者だろうが資格があれば全てなんとかなるわけではありません。

しかし、だからと言って資格を取らないで良い理由には一切なりません。

特に未経験者こそ資格を取っておくべきです。

経験者が「仕事が忙しくて資格はありませんが、実務能力はあります」って言ったら嘘くさいけど理屈は通るじゃないですか。

でも未経験者が「資格とかも一切無いけども興味があるので経理事務職になりたいです」って言ったらどう思います。

興味あるなら資格くらい取れるだろって思いますよね。

つまり、未経験者にとって資格は実務以前に転職で受かるための前提条件なのです。

資格があっても、実務だと勝手が違うのは会社側も承知、見ているのは本当にやる気があるのかないのかです。

わかりやすくやる気を見せるには資格が一番なのです。

まず、取っておきたいのが誰でも知っている簿記です。

簿記2級まで取得しておけば応募要件で切られることは無くなります。

オススメのテキストはこれを使ってください。絵も可愛いうえに一番わかりやすいテキストです。

このテキストをこなせば簿記の基礎がわかりますが、これだけで試験に挑むと落ちます。

ここまでやったら過去問をひたすら解けば確実に合格できます。

次に役に立つ資格がFPです。

税金の基礎から保険まで会社や個人にまつわるお金のことを勉強できます。

相手の相談にも乗れるようになるので経理事務職では必要な資格です。

持っておけば経理職に就かなくても人生で一番役立つ資格です。

勉強法はこちらを見てください。

FP2級は人生を生きるうえで絶対にとっておいて損のない資格です。 そんなFP2級は資格講座を受けなくても独学で受かることが十分に可能です。...

最後に持っているとライバルに差を付けることが出来る資格を紹介します。

それはメンタルヘルスマネジメントという資格です。

後で言いますが、経理事務職って人間関係が閉鎖的で普通にメンタルの強さが求められるのです。

そして、ゆくゆくはメンタル不調が出ない会社にしていきたいと考えるのが普通の会社なので、この資格を持っていると食いつきが違います。

自分のメンタル管理もできる、相手のメンタル管理もできると思われて評価が良くなりますよ。

是非取得してください。

厳しい現代社会を生きるにも管理職になった時にも絶対に必要な資格。それがメンタルヘルス・マネジメントです。 2種まで合格している自分が合格ま...

今までの強みをアピールする

未経験から経理の志望動機を考えるのは難しいと思いますよね。

それは変に型にはまったテンプレートで作ろうとするのが原因です。

なんとか取り繕ってもそんな人は落ちます。

じゃあ、どうすれば良いかと言えば今までの自分の強みをアピールするのです。

例えばよくありがちな経理の志望動機で「営業として経験を積んできましたが、日々自分たちの数字を管理してくださる経理に関心を持ったため応募しました」

という内容があります。

普通にこう思いませんか?何で急に関心持ったのかと。

意味不明で怖いですよね。

だから、ここで「普段から顧客名簿を管理する細かい性格だから」とか「効率よく仕事を進めていこうと数字に着目していたら」とかを絡めるのです。

自分がどういった性格で今までの仕事でどんな工夫をしてきたのか。

それでどのような結果を出していたのか論理的に応えられて経理に興味あると言える人は受かっています。

自分の性格と個性の良い部分を抽出して上手く組み合わせるのが未経験なら大事です。

そうは言っても自分の強みとか成果とはどうやって見つければ良いのかって人はこの本を是非読んでください。

面接のテクニックだけでなく、仕事と人生の関係からキャリアの棚卸まで非常にわかりやすく書いてあります。

まさに、一度でも転職を考えたら読むべき本です。

人間関係の調整が上手いアピールをする

経理事務職って楽だと思っていませんか?

確かに仕事自体は楽な部類だと思います。

しかし、経理事務職は辛いです。

何が辛いかと言えば人間関係です。

ずっと同じ空間に逃げ場がほとんどないような場所でいるのです。

赤の他人がですよ!

人間って狭い世界だと必ず派閥とかイジメとかをします。

そんな魑魅魍魎が潜む職場を生き抜くのが経理事務職で大事なのです。

だから、メンタルが弱い人が入ってくるとすぐに辞めるのでいらないのです。

そこで、必要なのがコミュニケーション能力です。

面接でもコミュニケーション能力、人間関係の調整能力をアピールしましょう。

経理事務職って求人票にコミュニケーション能力ってほとんど書いてあります。

あれは仕事上で関わるというよりは同じ人間とずっといるから上手くあしらえてちゃんとこなせる人間が欲しいよってことなのです。

そのため、面接ではコミュニケーション能力を活かせるという点もアピールしましょう。

これがメンタルヘルスマネジメントを取得する理由になるのです。

キャリアアドバイザーと活動する

実際に転職活動をするときはキャリアアドバイザーを使いましょう。

キャリアアドバイザーは履歴書、職務経歴書の添削から面接のアドバイスまでサポートしてくれる存在です。

自分一人でも転職活動は出来ますが、書類を作ったり日程調整がメンドクサイです。

そんなメンドクサイのを軽減してくれる存在を完全無料で使えるので是非使いましょう。

キャリアの棚卸や志望動機の作成も一緒になって考えてくれるので不安がある人にもオススメなのです。

在職中でもウェルカム状態で対応してくれるので積極的に使いましょう!

また、必ず複数登録をしましょう。

相性がありますし、会社によって個性が違います。人によっては正反対のことを言う人もいたので一番いい人を見極めて活動するのが良いです。どうせタダですからね。

転職に成功した人は平均4社以上登録しています。

オススメは4つあります。

1つ目がリクルートエージェントです。

誰もが知っている業界最大でありブランド力があります。転職実績もナンバーワンなので多くのノウハウがあります。

求人数も一番多いので経理事務職の仕事も探しやすいです。

2つ目はDODAです。

リクルートエージェントほどではないですが、求人数が多いです。

個人的な感想としては地元求人が多いと感じました。地元で経理事務職に転職したいと考えるならオススメです。

検索機能が充実しているので条件に合った求人を探しやすいです。


3つ目がパソナキャリアです。

お世辞にも求人数が多いとは言えません。

しかし、この会社は親身になって対応してくれるので初めての転職で不安ならオススメなのです。

転職の進め方や強みの引き出し方など丁寧に教えてくれるので不安が和らぎました。

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

まとめ

未経験の初心者でも経理事務職に転職することは可能です。

そのためには自分のアピールポイントを見極めておきましょう。

人間関係が最大のネックですが仕事自体は面白くやりがいがあります。

そして、比較的楽な部類の仕事です。

是非経理事務職に転職して経理事務職の魅力を体験してください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

28歳の転職は難しい?苦戦した自分が成功するための手順を紹介

屋上でパソコンを使う男

仕事で平日休みはつまらないし辛いから転職した方が良い理由

人見知り・人嫌い社会人におすすめの仕事と入ってはいけない会社の特徴

会社が潰れそうなときの対策と潰れる会社の特徴

年功序列は若手と会社にデメリットしかないから廃止にすべき理由

会議の様子

会社の最低会議が長時間にわたるも結論が決まらない原因