職場の人間関係で誤解されやすい人の性格と特徴

誤解されやすい人は運が悪いから誤解されるのではありません。

誤解されやすい特徴が明確にあるのです。

完璧に治すことは無理でもどういったことが誤解に繋がるか理解するだけでもメンドクサイ誤解は減ります。

誤解されやすい人の性格と特徴を紹介します。

言葉が足りない

誤解されやすい人は圧倒的に言葉が足りません。

人間生きるうえで必要なのはコミュニケーションです。

誤解されやすい人はコミュニケーションを疎かにしている人が多いです。

例えば物を運んでくれと頼むにしても誤解されやすい人は「これ、運んどいて」ぐらいしか言いません。

普通は「これをどこそこまで運んでください。お願いします。」ぐらいは言うのに言いません。

言葉が足りないとまずぶっきらぼうで怖い人間だと思われます。

そして、威圧的な人間だとも思われるので嫌な奴だと高確率で思われてしまうのです。

必要最小限のことだけ伝えて満足しているからこそ誤解されやすい人になってしまうのです。きっちりと言葉を尽くすようにしましょう。

何を考えているかわからない

誤解されやすい人は言葉が足りないし、余分なことは喋らない傾向があります。

言葉は足りないし、そもそも喋らないので周りからしたら何を考えているのかわからないのです。

何の情報も周りに対して開示しないのでどういった性格でどのようなことが好きなのかすらわからないので未知の存在です。

誤解されやすい人は基本的に真面目で仕事にも真摯に取り組むのですがそれが逆に不気味さを際立たせます。

なぜなら、何を考えているかわからず仏頂面して仕事しているのに手を抜かず真剣にやるから監視されている様で滅茶苦茶怖いからです。

悪い奴じゃないかもしれないけど何考えているかわからず怖いと思われるので誤解されてしまうのです。

また、人間は未知のものに対して恐怖を感じるように出来ているので、職場で未知の存在がいるとか周囲からしたら本能的に敵がいるのと同じです。

よくわからない存在だからとりあえず嫌っておこうの低俗な空気に巻き込まれやすくなるのでいつの間にか誤解されているようになるのです。

笑顔が足りない

誤解されやすい人は笑顔が全く足りていません。

赤ちゃんがなぜ万人から好かれるか知っていますか?

笑うからです。

笑う人に対しては好感を持てるように人間は出来ているのです。

それなのに、誤解されやすい人はつまらないと思ったら本当につまらなさそうな顔をして黙々と作業をしてしまうので誤解されます。

笑顔を見せないから仲間に入ろうとする意志が無い敵だと思われてしまうのです。

本人からすればつまらないものはつまらないで当たり前なのですが、周囲の人間からすれば自分に関心を示さず見下している存在だと思われてしまうので知らず知らずのうちに嫌われたり敵認定されています。

愛想笑いは現代の処世術の基本中の基本です。笑顔を見せて敵ではないアピールをしっかりとしましょう。

職人気質過ぎる

自分の理想を思い描いて理想に対して真摯に納得いくまで行動する職人気質がいる人間は誤解されやすい人です。

そもそも職人って堅物で怖いイメージがありますよね。

それと同じ近寄りがたく空気を纏っているから怖い人間で嫌な奴だと誤解されやすいです。

自分の半径何メートル以内に入ったら斬るぐらいの危ない侍ぐらいに思われているので周囲からは恐怖の対象です。

また、真剣に何事も取り組む姿勢は大事なのですが周囲からするとあまりに真剣にやり過ぎると自分の適当さを遠回しに説教されているみたいでいい気分になりません

水鉄砲で遊んでいたらいきなり本物のライフルを持ったプロが乱入して来たら嫌ですよね。

上手く周りとコミュニケーションをとって自分の考えを示さず最善ばかりを追求すると近寄りがたく怖い嫌な奴だと誤解されやすくなります。

まとめ

誤解されやすい人は基本的に悪い人ではないですが、真面目過ぎます。

真面目過ぎる感じが周囲から近寄りがたい怖い人だと思われるのです。

そして、実際に喋ったら言葉が足りないので案の定怖い奴だとなります。

誤解されないためには笑顔とコミュニケーションは欠かせません。

誤解されないように話し方を工夫しておくと良いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ老害になるのか?原因と特徴を解説

社会人は筋トレをすべき 筋肉は健康の貯金

B'zという史上最高のロックバンド

社交的な女は何故モテないのか

部下が会社を辞める前兆を見逃すな!辞める人には共通のサインがある

会社をサボるずる休みに使える言い訳と気を付けること