腐った会社は人生をダメにする!すぐに転職すべき理由

会社はしっかりと運営されて当然と考えてしまいますが、全く機能していない会社もあります。

そんな腐った会社では得るものがありません。

それどころか精神的に病んでしまい人生を棒に振ってしまいます。

腐った会社の特徴と転職すべき理由を説明します。

腐った会社の特徴

そもそも腐った会社とはどんな会社なのか。

完全に終わっている腐った会社の特徴を紹介します。

組織は上から腐る

有名な言葉で「組織は上から腐る」というものがあります。

つまり、上層部の人間が終わっている人で占められている場合腐っている会社です。

一番最悪なのが、無能な指導者と優秀な部下の組み合わせです。

ここで言う優秀は、言うことを絶対服従で聞く人のことです。

意味のないことを全力で思いついて全力で実現していくのでどんどん終わっていきます。

どんなに努力しようが上の人間が終わっていると、どうにもなりません。

ひたすら「こいつらダメだ・・・」と思いながらも結局何も出来ない会社になります。

従業員が言い訳ばかりで楽をしようとする

腐っている会社の従業員は働くことを嫌がります。

もちろん、誰もが働くことは好きではないですが、給料分は働き会社を潰さないようにするはずです。

しかし、腐っている会社の従業員はなにかと理由をつけて働きません。

会社が潰れかけても他人事で責任逃れと責任転嫁を頑張ります。

「今まではこのやり方でやってきたから」とか「自分たちにとってはこれが効率の良い方法」などなにかと理由を付けて新しいことを拒みます。

上も腐っているなら下の人間も存分に腐っているのが特徴です。

常に新しいことに挑戦しないといけない世の中で、現状維持という衰退を好き好んで選ぶ向上心の無さが腐った会社なのです。

悪口ばかりみんなで言っている

腐った会社は、上も下も関係なく腐っています。

腐っていて、ろくな仕事もせずに暇を持て余した人間が多いのです。

暇な人間がやることは基本的に悪口です。

腐った会社は本当に悪口が多いのです。

みんな、モヤモヤしたストレスだけは溜まっているので誰かにぶつけたいのです。

腐った会社は保守的に籠る性質があるので、会社の人間が嫌いと言いながらも関わろうとします。

そして、仲間内で固まって悪口を言い合うのです。

何の生産性も無く社内評論家が湧きまくり悪口を言って満足しているだけの会社は腐った会社に見られる特徴です。

腐った会社は基本的に立ち直らない

腐った会社でも努力すればなんとかなると思いたいですよね。

しかし、腐った会社が立ち直ることはありません。

なぜなら、腐った会社は上も下もダメな人間ばかりだからです。

自分一人で頑張った所で余計なことをした奴認定されて排除されるだけです。

会社の文化として腐った土壌があると外部の人間がやってきて、抜本的に変革しないことには変わることはありません。

今までの会社のあり様とかわけのわからないスピリチュアルなことを言って、言い訳をしまくって変わりません。

腐った会社は変わらず腐ったままで出る杭は打たれるのです。

腐った会社では自分も腐る

腐った会社でも、給料は貰えるから適当にしがみついて生きていこうと考えるのは危険といえます。

なぜなら、腐った会社では自分も腐るのです。

最初は「こんなに頭がおかしい人が存在していいのか・・・」と愕然としていますが、いつの間にか自分もヤバい奴になるのです。

会社ってなんだかんだで人生のほとんどの時間を占めているので、ヤバい奴と関わっているといつの間にかヤバくなります。

会社に染まってしまうのです。

社会人は会社に染まるもの!そんな意識がありませんか? 会社に染まると自分の人生を棒に振ることになります。また、会社に染まらない人間が本当に...

腐った会社は新しいことをせず自堕落に生きています。

そんな会社にいつまでもいると自分も自堕落で腐った人間になるのです。

ダメだと思った会社にいれば自分自身の人生を台無しにしてしまいます。

腐った会社からは早めに転職しよう

腐った会社からは早めに転職すべきです。

自分まで腐ると新しいことをする気にはなりません。

そもそも、腐った会社がいつまでも持つという保証がありません。

高確率で潰れるでしょう。

潰れた時に腐ってしまっていると、新しいことに挑戦していなかった何のスキルも無く年齢だけ重ねて人になってしまいます。

そこで、少しでも早めに腐った会社からは転職した方が良いのです。

第一腐った所に長くいると精神も病みがちなので気を付けた方が良いです。

腐った会社から転職する場合はまず自分の適正年収を知りましょう。

腐った会社にいると確実に世間の感覚から切り離されているので、不当に年収が低かったりすることが多いです。

そこで、自分がどの程度の年収を狙って活動すればいいのか知るべきです。

ミイダスを使えば、無料で自分の定性年収がわかります。

あと、腐った会社にいると自分が何のスキルがあるのか、どういったことをアピールして転職すればいいのか迷うと思います。

そこで、この本が役立ちます。

実際の転職テクニックだけでなく、キャリアの棚卸から仕事と人生についてどう考えていけば良いのか教えてくれます。

まさに、一度でも転職を考えたなら読むべき本です。

実際に腐った会社から転職しようと思ったらキャリアアドバイザーを活用しましょう。

履歴書、職務経歴書の添削から面接のアドバイスまでしてくれて心強い転職活動のサポーターになってくれます。

あと、会社の内情まで教えてくれるので腐った会社に入社しなくても良くなります。

キャリアアドバイザーは複数登録を強く勧めます。

人相手の商売なので相性があります。同じ内容の質問でも真逆の対応をされたことがあるので、一人の言うことを鵜呑みにしない方が良いです。

転職に成功した人は平均4社以上登録しています。

いくつ登録しても完全無料なので安心です。

3~4つほど登録すれば良いです。

最初のオススメはリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があります。転職実績ナンバーの称号を持っています。

求人数も他よりも圧倒的に多く、必ず希望する求人が見つかるはずです。

2つ目はDODAです。

リクルートエージェントほどではないですが、求人数が多いです。

使った感覚で言えば地元求人が結構あるような印象なので地元転職にオススメです。

求人検索が一番充実しているので自分の条件に合った求人を見つけることが出来ます。

最後はパソナキャリアです。

正直に言って求人数は多くありません。

しかし、他の会社より非常に親身になって対応してくれるのです。

初めての転職なら何から何まで親切に教えてくれるので登録しておかない手は無いです。

不安の解消にもなるので初めてならオススメです。

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

まとめ

腐った会社は冗談抜きで時間の精神を浪費させていきます。

気付いたときには何のスキルも無い保守的な人になってしまいます。

人生100年時代と言われている中で保守的なことほどリスキーなことはないです。

腐った会社で働いているなら自分のために転職していくことが一番です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職でいい会社がない、ろくな会社がないと思った時の具体的な対処法

最近のテレビが面白くなくなった、つまらない理由は天才島田紳助がいないから

絶対安定な会社なんて無い!大事なのは普遍的なスキルが学べる会社を選ぶこと

経理事務職が未経験の初心者でも転職できる面接対策を紹介

社内イベントが嫌いで無駄だと思う理由と社内イベント好きな奴の特徴

女性部下の育て方とは