要注意!仕事のプレッシャーで潰れる人の特徴と対策

砂漠

仕事をするうえでの一番大事なのはスキルでもなく潰れないことです。

潰れたらその時点で全てが終わってしまいます。

毎年うつ病などの精神病に罹患する会社にいた経験から仕事で潰れてしまいがちな人の特徴を紹介します。

特徴を知りしっかりと対策をして潰れないようにしましょう。

責任感が強く真面目過ぎる

仕事で潰れがちな人で多いパターンが責任感が強くて真面目過ぎる性格ということです。

仕事において責任感が強くて真面目なんて普通は良いことです。

良いことですが世の中くそったれなので正攻法ばかりが通じないのです。

真面目で責任感が強ければ強いほど、仕事を他の人から容赦なく押し付けられることになりがちです。

また、仕事ってみんな一生懸命しているかと言えば結構適当に仕事をしています。

手を抜きながらやっている人の割合の方が多いです。

そんな適当な人の姿を見て憤りを真面目な性格は感じやすいです。

イライラしながら適当な人がやった仕事を真面目にこなして、押し付けられた仕事も仕事だからと責任感を持ってやり遂げる。

大変素晴らしいことですがこれをやっている人は仕事で潰れます。

確実に無理をし過ぎなのです。

世の中で大事なのは真面目過ぎず悪さし過ぎずの中庸です。

責任感を持って本気でやり続けるといつかは燃え尽きてしまいます。

いい意味でしっかりと手を抜く方法を覚えることが仕事で潰れないために必要です。

仕事に対して理想の自分を持ちすぎている

真面目な性格の人は合わせ技で持っている特徴として仕事に対して何やら高尚で尊大な理想を持ちすぎていることです。

仕事とはこうあらなければならないという考えから自分はこんな風に活躍して人からこのように評価されたいと思いこみ過ぎなのです。

自分が本来ありたい自分と現在の自分の評価が違うのでそれに苦悩するのです。

この苦悩が重なりまくると仕事で潰れてしまいます。

本来ありたい自分と今の自分を必死に比べまくって足らない部分をいつまでもクヨクヨと見つめていればそりゃあおかしくなります。

そもそも、人が人を選ぶって本当に曖昧なのです。

仕事を頑張ってきっちり自分なりに成果を出しているのに会社から思ったように評価されないことがあります。 なぜ結果を出しているのにしっかりと会...

明確な基準で人を選ぶなんて出来ないので、評価されない=自分が劣っていると考えるのは間違いです。

また、今の自分の実力が無くても別に落ち込む必要があります。

大事なのは実力があるように見せられればいいのです。

その後実力をこっそりと付けていけば良いのです。

いい意味で適当に自分を許して頑張っている部分を見つめてあげることが仕事で潰れないための対策になります。

職場での評価が気になり過ぎている

男でもいますが、女で圧倒的に多いのが他人からの評価が気になり過ぎている人です。

このタイプも仕事で潰れてしまいます。

仕事で潰れると言うより人間関係で勝手に悩んで潰れてしまうのです。

自分の中の評価基準が自分の中にあるのではなく常に相手の中にあります。

だから、相手の機嫌を損ねないようにしたり相手に気に入られようと必死になるので仕事以外のことで疲弊しがちです。

会社なんて人と関われば関わるほどメンドクサイことになります。

大体、会社の人間が仲良しごっこをして集まっても最終的には会社の人間の悪口と聞きたくもない裏話が始まります。

これが精神衛生上良くないのです。

何かどんどん精神的な体力を削ってくるのです。

会社は当然ですが友達を作りに行くような場所ではありません。仕事をする場所です。 しかし、結構な人数が明るさと軽さをはき違えて仲良しごっこで...

馴れ合うと会社自体も悪くなってくるし、なにより自分も気に入られようと人の悪口を頑張って探すようになります。

とにかく精神的に参りがちなのです。

だから、会社の人間とは深くかかわらない。

自分は自分、他人は他人としっかりと区別して自分を自分がしっかりと評価してあげましょう。

そうしないと仕事で潰れます。

最初に張り切りすぎてしまう

新人で多い潰れ方の特徴として最初に張り切りすぎてしまうことです。

新人って仕事に対していい意味でも悪い意味でも希望があります。

早く役に立ちたい、早く評価されたいと強く思いこんでいる傾向があります。

簡単に言うと無理をし過ぎているのです。

最初から全力ダッシュをしてゴールまで走りきるなんて出来ません。

また、最初に張り切りすぎると張り切った状態はその人のデフォルトだと周りは考えます。

すると、自然と仕事も全力でやらないと到底無理なくらいのものがちょくちょく舞い込んできます。

必然いつでも全力ダッシュをしている状態になってしまうのです。

これでは潰れてしまうのです。

仕事では最初に実力の全てを見せない。

最初のうちは出来ないくらいの評価でちょうどいいのです。

笑えるくらい職場で孤立している

変にベタベタし過ぎるのも良くないですが、職場で完全に孤立しているタイプも仕事で潰れてしまいがちです。

会社は仲良しごっこをしに来ているわけではないので、必要以上に関わる必要性はありません。

ありませんが、仕事は一人ではなかなか出来ないし、何かあった時に助けてくれる人がいると思うだけで気持ちが楽になります。

全てを自分一人でやろうとすると、信じられないのストレスがかかります。

大した問題でないうちは別にいいのですが、面倒なトラブルの時に全て自分一人でと考えるとこれが信じられないくらい苦痛です。

別にいつでも一人ならここで頑張らなくてもいいなって思いながらモヤモヤしながら働くことになります。

そして、仲良しごっこをしている奴らを憎しみの目で見つめることになります。

そうなるとストレスでいつの間にか潰れてしまうのです。

程よく適当に会社の人間と関わるようにするのが一番良いです。

職場環境が酷いなら転職も考えるべき

仕事で潰れる人は自分の中にも原因があります。

ありますが、なんでも環境が大事です。

体が弱い人は病気になりがちですが、しっかりとした環境を整えれば病気になる確率は大幅に減ります。

逆に体が丈夫でも不摂生な生活をしていれば病気になります。

仕事で潰れてダメになってしまう一番の原因はやっぱり職場環境です。

ストレスを強く感じる職場で働くと潰れる確率が高くなります。

潰れると人生を台無しにしてしまいます。

そのため、無理だって持ったら転職してしまうのも対策の一つです。

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

在職中だと履歴書、職務経歴書、面接の練習とかめんどくさいです。

そんなめんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

また、会社の内情も教えてくれるので社風が合わないような会社に入る危険が減ります。

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

1つ目がリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

個人的な感想としては地元企業のあまり大きくないような会社の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

そもそも、落ちまくってどうしたらいいのかわからないといった不安までしっかりと話を聞いてくれてアドバイスしてくれたので安心感が違います。

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

まとめ

仕事で潰れる人は総じて真面目過ぎることが多いです。

真面目なのは良いことですが、それ以上に中庸な考えが大事です。

いい意味で不真面目になりましょう。

また、自分が仕事で潰れやすい性格だと思ったら職場環境が良い所に移りましょう。

潰れる素養があっても実際に潰れるかどうかは環境が大きいです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

怒った落書き

会社は内部から崩壊する!組織崩壊の段階的特徴と予兆

手遅れになるから赤字会社で働くな!赤字会社から転職すべき理由

会社の飲み会に行きたくないときに使える最強の理由と断り方

付箋を貼られた男

休日に仕事のことを考え出したら辞め時!精神が壊れる前に転職すべき

転職でいい会社がない、ろくな会社がないと思った時の具体的な対処法

言っていることとやっていることが違うムカつく上司・先輩の原因と対処法