転職しない方が良い!転職すると失敗する会社にしがみついた方が良い人の特徴

転職をすれば全ての問題が一気に解決するように誤解されがちですが転職は魔法ではありません。

転職せずに会社に残ってしがみついて給料を貰った方が良い時が結構あります。

転職せず会社にしがみついた方が良い人の特徴を紹介します。

会社にしがみつくのは恥ではない

今の時代転職がバリバリ出来るから少しでも嫌ならすぐに転職した方が良いという記事が溢れかえっていますが注意が必要です。

転職で良い方向に転ぶことも当然ありますが、反対に失敗してしまうことだって平気であるのです。

失敗したら転職すればいいのですが、日本は未だに転職回数が多いとそれだけでマイナス要素になり年収の上限が低くなってしまいます。

だから、多少嫌なことがあるくらいなら会社に全力でしがみついた方がいいのです。

会社にしがみつくって今の時代流行らないとか言われますが、何一つ恥ではありません!!!

生き残るためには時に恥を忍ぶことだって重要です。

転職はあくまで手段であって万能ではないのです。

また、会社にしがみついても人生まで奉げなければ良いのです。

とりあえず、やるべき仕事をこなしてお金をもらって人生楽しく生きてやろうというふてぶてしい気持ちを持っていればしがみついても大丈夫です。

ダメなのがしがみついて身も心も会社に捧げてボロボロで自分の人生を生きていないことです。

それに、今は副業でお金を稼ぐような時代になったので会社の給料をメインにしつつコツコツと副業をして早期退職だって不可能ではないのです。転職以外にも道はいくらでもあります。

ブログはコツコツと続けるだけで3万円くらいは才能が無くても稼げるのでオススメです。

雑記ブログをやっていると余程の才能がない限りなかなかアクセスと収益が伸びず辛い思いをしている人が多いと思います。 しかし、辛いからと言って...

ブログをするなら自分も使っているエックッサーバーが安くて使い勝手が良いのでオススメです。


会社にしがみついても生き残れれば勝ちなのです。

なので、嫌なことがあってもこんな人は転職すると失敗して不幸になってしまう人の特徴を紹介します。

参考にしてどうすべきか考えて欲しいです。

毎日定時に帰宅している

仕事を早く終わらせてしっかりと定時に帰っている。

一見すると素晴らしいことですが、定時に基本的に帰ってしまっている人は転職すると後悔しかありません。

定時で帰ることは普通ですし、日本の常識になってくれれば良いと思いますが、普通は定時とかありえません。

月平均30時間くらいはやって当然なのです。

定時で帰っても会社の上司が馬鹿だったり、同期がクソ野郎だったり、後輩がやる気が全く無い様な会社だとうんざりして辞めたくなると思います。

しかし、生において一番大事なのはお金より時間です。

時間はお金では買えません。

どんな成功者だろうが絶対に効率の良い時間活用をしています。それくらい時間は絶対的に大事なのです。

だから、貴重な時間をうんざりした感情論で捨ててしまうと確実に後悔します。

時間があれば副業したり色々なことが出来ます。

安易に転職すると時間という無限の可能性を捨ててしまうことになります。

定時で帰って給料が少なかったりもっと大きなことがやりたいと考えるかもしれませんが定時帰りだけで相当恵まれています。

自分の人生において何が一番大事なのか考えましょう。

他力本願で人任せ

転職する理由がなんでもかんでも人のせい。

自分は悪くない、他の奴らが悪いからいけないんだって考える割にはなんとかしようとすることは一切しない。

文句だけは人一倍言うようなタイプは会社にしがみついた方が良いです。

転職って万能ではないので嫌なことなんて次の会社に行っても必ず何かしらがあります。

特にこの世から消えてもらいたいようなクソ野郎なんてどこにでも何故かいるのです。

そんな時に、馬鹿しかいないと嘆いて何もしないでムカついて転職をしてしまうと何度も同じことで転職して結果として自分の人生を台無しにしてしまうのです。

アホな上司がいたらいかに追い抜いてやるか考える。どうにかして今よりもっと良くしてやるか考えたうえで違う所で力を発揮しようと考えないと辛いことになります。

特に仕事の悩みで仕事で評価されないから転職しようと考える人が多いです。

評価されないと考える時点である程度は優秀だと思いますが、人事は曖昧なので見せるテクニックがくだらないけど必要です。

仕事を頑張ってきっちり自分なりに成果を出しているのに会社から思ったように評価されないことがあります。 なぜ結果を出しているのにしっかりと会...

勝手に諦めるのではなく出来ることをやってみましょう。

仕事がルーティンワークになっている

毎日、毎日同じような仕事をしていて単調でつまらないし自分が成長している実感が何もないから転職しようと考えているなら危険です。

仕事がルーティンワークになっている人間は新しいことに挑戦していないのでスキルは身に付いていないし苦労をしていないので新しい環境に飛び込んだら辛い思いをします。

また、そもそも同じことを繰り返して工夫をしていない人を積極的に採用してくれる企業も少ないので転職活動自体苦戦して疲れてしまうことだってあります。

毎日同じことは退屈だしレベルアップにならないので漠然とした不安がつきまとって辛いともいますが、安易に転職してはいけません。

単調ということはそれだけ慣れているということ。それはミスが無いためストレスが少ないということです。

さらに、仕事でレベルアップ出来なくてもプライベートで勉強してレベルアップすることは誰でも可能です。

単調でつまらないからではなく、色々勉強してスキルアップした自分にはこの会社はダメ過ぎると考えられるようになってから転職した方が良いです。

良い年齢になってしまっている

普通におっさん、おばさんと呼ばれる年齢になってしまっている人も転職をせず会社にしがみついた方が良いです。

今は何歳でも転職が可能なんて言われていますが、難関資格を持っていたり特別なスキルがある人間だけの話です。

普通に「会社行きたくないな~」なんて思って無難に働いていた人にとっては地獄を見ることになります。

売り手市場なんて言っていても、基本的には若い人材を欲しい中小企業が困っているだけの話なんです。

年を重ねている人間なんてアウトオブ眼中なのです。

だから、よくある40代以上でも年収アップでやりがいのある仕事なんて無いです。

あるのは、飲食と介護と運送系の仕事です。

仕事が無いわけでは無いですけど、望むような仕事は無いです。

ぶっちゃけ、慣れた仕事で副業でもした方がまだ可能性があります。

そのため、年齢を重ねていたらヘッドハンティングぐらいの転職以外は全力でしがみついた方が良いです。

転職しなくても転職活動には意味がある

転職しない方が良い人に当てはまっても、ブラック企業やあんまりにもストレスで不調になってしまった場合は迷わず転職しましょう。

現状より不利になっても人生全てを棒に振る必要はありません。

また、安易に辞めることはオススメしませんが転職活動自体はオススメします。

在職中に転職活動することは非常に有意義です。

転職活動は転職することが成功ではありません。自分が納得する仕事に就いて働くことが大事なのです。

だから、転職活動をしてやっぱり無理だと思うことは悪くありません。現職の良い所が見えたので今までよりモチベーションが上がるはずです。

転職活動して自分の人生を考えること自体が転職なのです。絶対に転職しなくてはいけないわけではありません。

転職活動をしていて不採用の嵐でなんだか嫌になって転職自体を諦めたいと思っている人に言いたいです。 人生の方向性をしっかりと確認できているな...

そういった意味で転職活動はしてみましょう。もしかしたら、しがみついた方が良いけど現状より良い企業には入れることだって0%ではないです。

転職するときはこの本を参考にするといいです。

転職のテクニックだけでなく、自分のキャリアの棚卸から人生の中に仕事をどう位置付けていくかまで考えていけるので転職を一度でも考えたら読むべき本です。

転職活動を始めるならキャリアアドバイザーを活用しましょう。

履歴書、職務経歴書の添削から面接のアドバイスまで完全無料でしてくれます。

本当にいい人と活動すれば転職しない方が良いときっちりとアドバイスまでしてくれるので最後まで納得のいく活動が出来ます。

また、キャリアアドバイザーは複数登録がオススメです。

相性がありますし、人によって言うことが違うので自分に合った人と活動しないとストレスになります。

転職に成功した人は平均4社以上登録しています。

3~4つほど登録すると良いです。

1つ目はリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があります。転職実績もナンバーワンなので確実なノウハウがあります。

求人数が圧倒的に多いので色々な求人を見ることが出来ます。

色々な企業を見て自分が恵まれているかどうか判断すれば良いです。


2つ目はDODAです。

個人的な感想としては地元求人が多いと感じました。

中小企業でも質の良い求人が沢山あります。

地元優良企業に転職したいと思うなら登録することをオススメします。

求人数も多く検索機能が充実している希望する求人が見つけやすいです。

3つ目はパソナキャリアです。

お世辞にも求人数が多いとは言えません。しかし、この会社の魅力は親身な対応です。

今の状態で本当に転職しても良いのだろうかとか、そもそも転職活動ってどうやればいいのかといった疑問に親身になって対応してくれます。

初めての転職なら登録することをオススメします。

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。


転職活動をしてみることは何も悪くありません。色々な可能性を探るのは良いことです。

そして、ダメなら別に現職に残れば良いのでやるだけのことはやりましょう。

まとめ

転職を考えても必ずいい結果が生まれるとは限りません。

会社にしがみついた方が良い人だって転職した方が良い人と同じくらいいます。

だから、安易に辞めず悩んだら在職中に転職活動して現実を見て見ましょう。

失敗しても死ぬわけではないです。

是非自分にとって一番良い人生が歩めるように頑張って下さい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

販売士2級の勉強法と勉強時間を知り合格しよう

社員旅行は無駄で行きたくない人が多いから廃止した方が良い

陰キャが解説!根暗な陰キャの就活必勝法 落ちる原因は頭が良いから

会社の将来が不安!先がないヤバい会社の特徴と対策

優等生は仕事が出来ない?上司になったら優等生を辞めることが大事な理由

無責任で責任感が無い頼りない上司の特徴と対策を紹介