転職でろくな会社が無いと思った時の対処法

転職活動をいざ始めて思うのがろくな会社が無くて転職したくても出来ないってことだと思います。

ろくな会社が無くてグタグタしているうちにいつの間にか転職できない年齢になってアウトってパターンが一番恐ろしいですよね。

そこで、転職でろくな会社が無い場合どうすれば良いのかを紹介したいと思います。

ろくな会社が無いと思ったあなたは正しい

まず初めに言っておきたいのが転職活動をしていて「ろくな会社が無い」と思ったあなたは正しいです。

世の中の多くの人は、家族などのためになりふり構わず転職したり、とりあえずネームバリューがある企業だから受けてみようとかそんな程度の考えで転職している人がほとんどです。

しかし、ろくな会社が無いと思ったということは自分なりのライフスタイルやキャリアを総合的に考えて自分に合った会社が存在していないと判断したということですから長期的に人生を考えており素晴らしいです。

前提として転職したいと思ってからいきなり自分が希望する求人があるなんてことの方が少ないのでろくな会社が無いと思い悩むのは当然です。

また、ろくな会社が無いと転職活動が長期化してしまうなんて焦りがあるかもしれませんが転職活動で大事なのは「自分が納得できるか」一番大事です。だから、転職活動が長期化しても全く問題が無いです。

転職活動は大体が3カ月から6カ月で決めています。この情報だけ聞くと焦りますが在職中なら長期戦でも全く問題ありませんしむしろメリットだらけです。 ...

そもそも、どうやって納得する転職活動をすればいいのか悩む場合はこの本を絶対に読んでください。

この本では転職活動をどのように捉えて活動していけばいいという基本的な事から転職しない場合でもこれからのキャリアをどのように構築していけばいいのかわかるので転職を考えたら本当に一読をオススメします。

そもそも仕事はろくなもんじゃない

転職活動をしているとろくな会社が無いということもわかりますが、そもそも日本企業は従業員を大事にしている会社が本当に少ないので仕事自体がしょうもないと判断できますよね。

長期休暇があり完全週休2日制の会社の少ないこと少ないこと。大体年間休日が100日前後の会社が大半です。もっと労働者を休ませろ!!

さらに、残業前提で働かせるので自分の時間がゴリゴリ削られていきます。

それでいて、年収も満足がいくものが少ない。大体350万前後が多いですし大体残業込みの金額で提示しているので絶望しかありません。

よくある求人に適当に応募して内定を得て働く場合こんな人生になるでしょう。

毎月30~50時間は残業して平日はあまり時間が無く、一応完全週休2日だがたまに休日出勤があり休みは基本的に寝ている。そして、長期休暇も1週間以上は無いので友達と遊びに行けず会うのはたまにの飲み会程度。趣味は特になく年収は残業込みでなんとか370万前後。

多くの人がこのような条件で働いており、虚ろな目をしています。こんなのは生きていません。死んでないだけです。

また、休みがしっかり多く比較的残業が少ない企業は大手かごく一部の中小、公務員しかないので大体2割程度です。

だから、転職活動で求人票を見てろくな会社が無いというのは当たり前ですし、普通に大体の仕事は非効率でろくでもないということがわかります。

ろくな会社が無い時の対処法

ろくな会社が無い場合一体どうしたら良いか迷いますよね。そこで、迷った場合以下の3パターンを考えてください。

起業するのが一番

自分の好みの会社なんてものは絶対に存在しません!!

どんな会社に入社しても絶対に嫌な事なんてあります。だから、本当に自分の理想を追い求めて働きたいのであれば起業するのが一番です。

労働環境や働く仲間も自分で好きなように選べますし飲み会とかの非効率と思うなら行かなければという選択が出来ます。

今の時代起業は簡単に出来ますし、起業というと仰々しいですが個人事業主として働くことも立派な起業です。別に株式会社を作る必要なんてありません。

ネットでも簡単に商売が出来る時代になりましたので自分のスキルがあればどんな場所でも起業して稼ぐことが出来ます。

自分にスキルがあってどうしてもサラリーマンが向いてないと思うなら起業しましょう。

会社員は誰でも出来るものではありません。会社員になるのも会社員の性格的才能が無いと辛いだけなんです。 そんな会社員に絶望的なまでに向いてい...

選択肢を増やせる道を選ぶ

起業しましょうなんて軽く言いましたが自分も含めてほとんどの人間が軽々しく起業なんて道にまい進できません。

やはり、嫌でもサラリーマンとして働くしかないのです。

そうした場合転職で考えなければならないことは選択肢を増やせる道を選ぶです。

自分がこれから仕事でキャリアを積んでいく中でどのようなことを経験しておけば得なのか、今は無理だけど将来は独立する気なら必要なのは時間なのかスキル・経験なのか考えましょう。

人間関係で辞める場合でも転職した後も嫌な奴がいた場合もう一度転職する場合どんなスキルがあった方が良いのかや、残業が少なければ嫌な奴がいても我慢できるなど何か一つ駄目だった場合でもなんとかなるにはどうしたらいいか考えるのが大事です。

自分が何を大事にしているか知り、人生の選択肢を増やすことがリスクヘッジになりますし、なにより選択肢の多さというのは余裕に繋がります。

モテる男の方がモテない男に比べて余裕がありますよね。あれを人生でも実行しましょう。

プライベート重視で給料が低くてもその分副業すれば良いですし、とくにネット副業等で不労所得を築ければ次に転職するときもプライベート重視でいくらでもえり好みが出来て選択肢が広がるので自分なりに納得する人生を送れるのではないでしょうか。

キャリアアップ重視で残業があり忙しくても必要な知識とスキルが手に入れば次に転職するときに有利に企業を選べますし起業への道が開けるかもしれません。そうなれば人生の選択肢が増えて納得する人生が送れますよね。

だから、プライベートも重視するにしてもキャリアアップ重視するにしてもとにかく自分がその企業に入社して将来何かあったときにどうにでもなれるイメージを持てる選択肢が増えそうな企業を選ん応募しましょう。

転職しなくても良い

今の時代転職するのが普通で嫌な思いをしてまで会社に残る必要なんてない。転職して人生が変わったなんて色々な情報が飛び交っています。

確かに嫌な思いまでして無理やり会社に残る必要はないと思いますが、気を付けて欲しいのは転職=ばら色と思ってはいけません

人間は新しいことをしようとするときに「新しいこと=正しいこと」みたいな修正がかかりますが別にそんな方程式はありません。

転職先がもっと悪いことなんて普通にありますから。

だから、転職活動をしていて「ろくな会社がないな・・・。現職は良くも無いけど世間的に見れば悪くないな。」と思えたら転職活動なんて諦めて良いです。転職活動で大事なのは何度も言いますが「自分が納得できるか」であり、転職することが目的ではありません!!

少なくても転職活動でろくな会社が無いと思っている時点であなたのいる会社は「最高ではないけども最低ではない」です。本当に残業代も出ず100時間近く働かせるような会社なら全ての求人がばら色に見えているはずです。

そのため、現職に残るのも転職活動の一つと考えて良いです。現職に残るのは恥でもないんでもありません。この考えは本当に大事です。

転職活動をしていて不採用の嵐でなんだか嫌になって転職自体を諦めたいと思っている人に言いたいです。 人生の方向性をしっかりと確認できているな...

まとめ

転職は以前より軽い気持ちで出来るようになりましたが、自分は人生のターニングポイントだと思っています。

ろくな会社が無いと非常に苦労しますが選択肢を増やせる企業を選んで応募していきましょう。

また、転職活動をして現職に残ることも転職活動の一環ですので総合的に考えて何が一番自分にとって最高なのか考えて是非納得がいく転職をしてもらいたいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

若者は結婚しない?生涯未婚率が上昇する原因を20代の視点から

陰キャが解説!根暗な陰キャの就活必勝法 落ちる原因は頭が良いから

絶望的なまでに会社員に向いてない性格の特徴・診断

仕事を投げ出す部下の特徴

社会人5年目が教える!若手社員の離職理由と対策法

総務職の志望動機 就活・転職・未経験別と求められるスキル