転職で失敗しない!うまくいき成功する方法

転職は人生のターニングポイントでもあり一大イベントであると思います。

転職して失敗してまた転職なんてことは絶対に避けたいですよね。

そこで、転職で失敗せずうまいき納得がいく転職が出来る方法を紹介したいと思います。

在職中に転職活動をする

あまりにもブラック企業で身も心も疲れ果ておかしくなってしまいそうでない限り絶対に在職中に転職活動をしましょう。

在職中だと確かに時間の確保や長期化してモチベーションが下がることがありますが基本的に転職活動も就職活動と同じで結局縁という名の運ですので良い企業に出会えるかどうかは正直未知数です。

辞めた後転職活動が長期化するとキャリアに空白が出来ることになりますし何より絶望的なまでに気持ちが焦ります。

だから、焦って辞めてしまうと良い企業が無くてもとりあえず内定が出たところに入社しようなんて考えてしまうので結局不本意な転職をしてしまうことがあります。

転職は早ければ偉いなんてことは全くありません。自分の納得いく企業から内定を貰えるまで厳選して企業を選び面接を受け内定を貰うことが最も大事です。

だからこそ、在職中に転職活動をしましょう。

転職活動は大体が3カ月から6カ月で決めています。この情報だけ聞くと焦りますが在職中なら長期戦でも全く問題ありませんしむしろメリットだらけです。 ...

転職することにこだわらない

転職活動って転職することが大事だと思っていませんか?

実は違います。

転職活動の本質は現職に残るという選択肢を含めたうえで自分が納得する選択をするのが転職活動です。

もちろん転職を考えるということは会社に何かしらの不満があると思いますし自分としては20代ならば一度は転職活動をすべきであると思っています。

社会人として働いていれば誰もが一度は会社を辞めたいと思うはずです。 そんな時大体は結局行動をしませんが自分は絶対に転職活動をするべきだと思...

ただ活動する中ではっきりと実感することになると思いますが自分の理想通りの会社なんて存在しません。どんな会社も良い所があれば悪い所があります。

そして、そのうえで自分が今の職場の魅力に気付ければ残るという選択肢は当然あっていいと思いませんか?

転職=ばら色なんて謳い文句で転職を勧める風潮がありますがそんなことはないですよ。普通に今より最低な会社に行く可能性があります。

大事なのは今の職場は最高ではないが最低ではないと認識したうえで自分が納得する結論を出せるかどうかなんです。

だから、常に残るという選択肢も含めて考えていけば失敗する確率が減ります。

転職活動をしていて不採用の嵐でなんだか嫌になって転職自体を諦めたいと思っている人に言いたいです。 人生の方向性をしっかりと確認できているな...

優秀なキャリアアドバイザーについてもらう

転職活動を一人で行うのは本当に辛いです。

簡単に希望の求人があり内定が出てあっさりと転職活動が終わればいいのですがそんなに上手くいかないのが人生です。

大体は上手くいかなくて悩むと思います。

そんな時転職エージェントを活用すれば職務経歴書や履歴書の添削をしてくれますし面接対策もしっかりと行ってくれますので格段に転職活動がやりやすくなります。

ただし、転職エージェントは当たり外れが普通にあるので優秀なキャリアアドバイザーについてもらいましょう。

優秀じゃなかったり相性が合わなかったりした場合は遠慮なくキャリアアドバイザーを変更しましょう。

ただし、受け身なだけでは絶対にダメです。自分からも積極的に動いてキャリアアドバイザーを有効活用し尽くすのが転職活動成功のカギです。

転職活動をしていくなかで色々なアドバイスをくれるということを期待してキャリアアドバイザーに登録したはいいが全くサポートが無い!! 一体あい...

転職サイトに複数登録

転職サイトによっても得意にしていることや特色があるので律儀に一つのサイトをずっと使い続けなければならない理由はありません。

また、転職エージェントが合わない場合変更することも出来ますがわざわざ変更するのが面倒なら掛け持ちで転職エージェントに登録して合うエージェントと一緒に活動した方が効率が良いです。

そのため、転職活動を効率よく成功させるためには最初に転職サイトを複数登録するのが賢いやり方です。

基本的には4つ登録しておけばいいと思います。

まず、絶対に登録した方が良いのがリクルートエージェントです。

業界最大で求人数が一番あるので自分が納得する企業が見つかる可能性が高いです。

また、個人的な感想ですがリクルートのキャリアアドバイザーは優秀だと思います。業界NO1にはやはりそれだけ優秀な人が当然集まるように思います。

そのため転職活動をするならリクルートエージェントは外せません。

もし20代ならばリクルートに並んで登録してほしいのがマイナビエージェントです。

マイナビエージェントはリクルートなどに比べると求人数は少ないですがキャリアアドバイザーが非常に親切丁寧で寄り添った対応をしてくれるので初めての転職なら登録しておくと安心して転職活動が出来ます。

また、マイナビが20代の転職に強いので20代であるならば登録しておくのがいいでしょう。

あとはパソナキャリアに登録しておくといいです。

パソナもリクルート、DODAに続いて非常に有名な転職サイトです。特にパソナはキャリアアドバイザーの評判が良く親切な対応をしてくれるので初めての転職の際はマイナビと並行して登録しておけば非常に手厚いサポートが受けられるでしょう。

最後はDODAです。DODAは業界2番目の求人数を誇っています。そのため自分の希望する求人が見つかる可能性が高まります。

しかし、自分が利用したときのエージェントの対応が悪く変更を希望したのに無視をされたりと個人的にはあまり良い印象はありません。

しかし友人はかなり手厚いサポートを受けることが出来て大手企業に転職できたので結局当たりハズレの運でしょう。業界2位なので悪くないと思いますがリクルートの方が内容的にも優れている気がするので一応登録しとくぐらいの感覚で良いと思います。

口コミサイトで企業を確認

良さそうな企業を見つけても実際入社してみるまで実態はわかりませんよね。

条件面は良いけど実際は働く環境が非常に悪いことだってあるかもしれません。

そこで入社後のミスマッチを防ぐためには口コミサイトで企業の内情を調べることが大事です。

今では入社する前から内情が丸わかりです。

個人的にはキャリコネカイシャの評判を利用すればある程度の雰囲気がわかると思います。

ただし、完璧な会社なんて存在しないですし悪い部分にばかり着目し過ぎても駄目です。あくまで参考程度に活用して会社の雰囲気を知る程度の気持ちで利用しましょう。

条件を明確にする

転職活動で自分の理想を全て叶えてくれる会社はまず存在しません。

夢ばかり見ても始まらないので現実を見る必要がありますが妥協し過ぎて転職が失敗したら意味がありません。

そこで重要なのが自分が求める条件を明確にすることです。

例えば休日数と職種は絶対に譲らないけど勤務地は地元にこだわらず隣の県までならいいとか譲ったらそもそも転職する意味が無い部分と妥協しても特に困らない部分をしっかりと自分の中で明確にしておくことで焦って適当な求人に応募して失敗するということが無くなります。

年収については将来まで含めてシビアに考えましょう!!!

特に気を付けてもらいたいのがキャリアップの転職をする人が多いと思いますがキャリアップをしたら年収が下がっても仕方ないとする記事が散見されますがキャリアップ=仕事の難易度、専門性が高まるのに年収ダウンって普通に意味不明ですから。

キャリアップ=年収アップは当然です。スキルを獲得するためにしょうがないとする論法が多いですが仕事が大変なら給料が増える当たり前ですよね。仕事が増えて給料が減って喜ぶって考えればいかにおかしいかわかりますよね。

条件を明確にしてそれに伴う変化についてもしっかりと自分の頭で考えましょう。

転職活動の進め方、考え方がイマイチわからない場合はこの本を読んでください。

この本では転職活動の進め方や自分のキャリアの棚卸しに必要な工程、そしてキャリアアドバイザーの活用の仕方まで書かれているので転職活動を初めてするなら是非読んでほしいです。

まとめ

転職活動の成功は自分が納得する結論がさせるかです。現職に残ることが一番納得できるならそれでも構いません。

転職は上手くいかなかったりいざ始めてみると結構大変で妥協したり転職することにこだわったりしてしまいますが冷静に考えて自分にとって何が一番大事なのかしっかりと考えることが大事です。

是非納得がいく転職活動をしてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

職場で孤独感を感じるストレスの解消法と原因

怖い先輩こそ良い先輩

とりあえずやってみるって本当に大事

B'zという史上最高のロックバンド

一人暮らしがつまらなくて楽しくないのは完璧主義が原因

試験に絶対合格する正しい勉強法