転職活動は20代で一度はした方が良い理由

社会人として働いていれば誰もが一度は会社を辞めたいと思うはずです。

そんな時大体は結局行動をしませんが自分は絶対に転職活動をするべきだと思います。

特に20代は転職活動をすべきです。なぜ20代は転職活動をすべきなのか説明します。

自分のキャリアの棚卸が出来る

転職を考えるということは今の職場ではなく違う職場で働くことを望んでいると思います。

違う職場で働くときに必ず「これからはどんな職場が自分に合っているのか」「どういった職場でないと自分は長続きしないのか」「自分はこれからどのように働いていこうか」など色々考えると思います。

そうして色々考えていくと必ず「自分はどう生きていこうか。どのようなキャリアを積んでいけばいいのか」という問いに辿りつくと思います。

この問いについて考えることが非常に重要なのです!!

転職を全く考えない人の場合よほど恵まれた職場環境でない限り嫌なことがあってもなんとかしがみつくという後ろ向きで諦めた選択を知らず知らずのうちに選び続けることになっています。

それに対して転職を考える人は今の職場とこれからの職場、どちらが自分の人生に最適なのか真剣に考えることが出来ます。

また、今のスキルは何が出来てこれから何をしていきたいか考えることで転職をしないにしても自分の仕事の方向性が決まるので効率よくスキルを重ねていくことになります。

このように転職活動を通して社会人として明確な指針を持つことが出来て自分のキャリアを棚卸して効率よく成長できる土台を作ることが出来るので20代のうちに転職活動をすべきです。

視野が広がる

転職活動をすることで圧倒的に視野が広がります。

よく社会に出たらうんぬんかんぬんという説教やここで駄目なら通じないぞという脅しや今の職場は恵まれていると言った甘言など色々なことを言われたことがあると思います。

しかし、今いる職場=社会ではありません。さらに、今の職場以外では才能を発揮して活躍出来ることだって平気であります。

日本には数多くの企業が存在しているので企業の数だけ可能性があり常識があります。そんな当たり前だけど社会人になるとなぜか忘れてしまう大事なことを思い出させてくれます。

また、転職活動をするなかで色々な企業を見ることになります。その中で今の職場のどの部分が優れていてどの部分が劣っているのか。

給料体系もよその会社ではどうなっているのか。今働いている業種ではどのような人材を求めていてどのような勉強をこれからしていくのが自分の価値を高めることになるのかわかり視野が広がります。

自分の会社だけでなくよその会社をたくさん見ることで普段は知り得なかったたくさんの事柄を体験できるので最初から諦めている人間とはここで圧倒的な格差が出来ます。

特に自分の働いている業種がどのようなスキルをこれから求めているか知れるのは大きいです。

なぜなら、転職しなくても自分が今の会社でよその会社が求めるスキルを積極的に身に付ければ楽々出世が出来るからです。

特に現在中小企業に勤めている場合大企業の考え方向性を吸収して働けるので成長速度が今までと比べて確実に上がるでしょう。

そのため、20代で転職活動をすることで視野が広がり自分の価値が高まります。

仕事の意欲が上がる

転職活度で注意してもらいたいのが転職活動は自分が納得できるかが一番大事で転職することが大事ではありません。

だから、転職活動の結果現職に残るのも転職活動の一つです。

転職活動をしていて不採用の嵐でなんだか嫌になって転職自体を諦めたいと思っている人に言いたいです。 人生の方向性をしっかりと確認できているな...

あた、転職活動をしているとわかりますが結構ろくな会社が無い時だってあります。転職も結局縁という名の運です。

転職活動をいざ始めて思うのがろくな会社が無くて転職したくても出来ないってことだと思います。 ろくな会社が無くてグタグタしているうちにいつの...

そうした中転職活動を終えて現職に残ったとしましょう。色々なサイトには現職に残るとくすぶるとか書いてありますが自分はそうは思いません。

なぜなら、意識の変化が確実に生じるからです。

現職に残ったということは色々な企業を見たり受けたりした結果結局不満はあるが今の会社が一番良かったということになります。

そもそも不満のない会社なんて存在しないので転職=全ての解消ではありません。

転職活動前までは今の会社に嫌な気持ちしか無く頑張ろうという気持ちが無かったと思います。

しかし、色々な企業を見て今の会社が悪くないとわかれば以前よりは絶対にここで頑張ろうという気持ちに変わるはずです。

さらに、色々な企業を見たことで改善すべき部分を明確に理解できるので自分が上の立場になったときに全体にとって素晴らしい改革が出来る人間になれるはずです。

また、必要なスキルも理解できているので意欲的に必要なスキルの習得に励むことになります。

その結果出世すればより働きやすくなっていけば文句なしですよね。

何年かしてまた転職したくなっても以前より確実にレベルアップしているのでスムーズに希望する会社に行ける確率が上がるので悪いことは一切ないです。

そのため、結果として意欲も上がるので転職活動は20代のうちにしておき頑張って働ける土台を作るべきです。

年収が上がるかも

年収って仕事が出来るかどうかと思っている人がいるかもしれませんが全く違います。

大事なのはどの会社に勤めているかです。

成果主義とか終身雇用制の崩壊とか色々言われていますが日本は圧倒的に年功序列が強い社会です。

だから、同じ仕事をしていても大企業の方が圧倒的に年収が高いです。普通に100万程度違ってきます。

ということは、大企業に入った方が年収面からすれば絶対に得ですよね。

でも、就職で上手くいかなかったから大企業にいないんだと思うでしょう。

しかし、20代のうちはいくらでもやり直しがきき大企業に入れる可能性があります。

企業も20代である程度経験がある人材を求めているので以外にも簡単に大企業に入れる可能性があります。

特に転職は30代以降になると年収を上げるのが難しいです。転職=年収アップの側面ばかり語られますが実際は年収ダウンが平気であります。

しかし、20代は一番転職で年収を上げることが出来る年齢なので会社に絶望感を抱いていじけていてもしょうがないです。

貴重な年齢という武器を活かせるため20代のうちに転職活動をすべきです。

年収アップにはエージェントを使った方が効率が良いので是非登録して活用しましょう。

転職サイトは必ず複数登録で活用しましょう。キャリアアドバイザーが外れた場合の保険です。とりあえず有名な4つを紹介します。迷っていても登録して全く問題が無いので登録しましょう。





ただしキャリアアドバイザーを上手く活用しないとろくなことにならないので上手く活用しましょう。
転職活動をしていくなかで色々なアドバイスをくれるということを期待してキャリアアドバイザーに登録したはいいが全くサポートが無い!! 一体あい...

まとめ

転職活動は現職に残ることも含めて転職活動です。

そういった考えを持ちながら転職活動をすることで視野が広がり意欲が湧きてきます。上手く転職できればそれにこしたことはないですが。

さらに、20代のうちは年収も上がるので積極手に挑戦することは決して悪くないです。

また、転職活動を行うならば絶対にこの本を読んでおくことをオススメします。

この本は転職の考え方の方向性や注意点についても非常にわかりやすく書かれておりまさに一度でも転職の2文字がよぎったら読んでおかないと損しているレベルです。

是非転職活動を通してより良い人生を送ってください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

販売士2級の勉強法と勉強時間を知り合格しよう

共感するはず!モテない男の特徴とモテない男あるあるを紹介

転職しない方が良い!転職すると失敗する会社にしがみついた方が良い人の特徴

今のテレビがつまらない理由は天才島田紳助がいないから

友達が少ない彼女がいない男は実家暮らしのメリットを享受しよう

新入社員がメンタル不調にならないよう気を付けるべきこと!会社に変な期待はするな