転職面接で落ちる10個の不採用フラグ・サインの特徴

転職の面接で落ちると嫌な思いをしますよね。どうして落ちたんだろうとか何が悪かったのか色々悩むと思います。

そして、結果が出るまでにドキドキモヤモヤすると思いますが落ちるときはある決まった特徴があります。

面接で落ちまくった自分が落ちるときの不採用の特徴を解説します。

明らかに興味なさげ

落ちる特徴で最もわかりやすいのが明らかに興味が無い様な感じで面接をしてくる場合です。

面接官も人間なので一人一人に対して懇切丁寧にしっかりと吟味したうえで決めるなんてことはしません。

特に転職の面接となると就活と違い自分たちが欲しい能力を持った人がいればすぐに欲しいのです。

だから、いい人がいれば例え他の面接予定が入っていても合格を決めてしまうので後は消化試合です。

また、筆記試験や性格診断も重視するような会社では面接の前にある程度合否を付けてしまっているような会社もあります。

わざわざ落とす人間に全霊を持って質問したりするなんてことはしません。

一応大人ですから面接を無しにするなんてしませんが人間なので明らかに消化試合で時間だけが浪費されている面接なんて普通やる気なんてなくなりますよね。

そんな状態で落ちるのが確定している人が面接に来ても興味なんかありません。

落ちて一緒に働かない人間に興味を示すほど暇ではないのです。

そのため、面接をされていて明らかにこいつ興味なさそうだなって対応をしてきたら確実に落ちています。

早々に切り上げて帰ってあげた方がお互いにとってプラスです。

趣味の話をする

就活では能力なんて無いことの方が圧倒的に多いので人柄重視という名の好みで全てを決めます。

転職になっても日本企業は人柄で決めますが就活と違い前の会社で培ってきた能力も加味して決めるようになります。

それなのに、転職面接で趣味の話を平気でしてくるような場合は落とされたと考えて間違いないでしょう。

少ない面接時間で人柄と持っている能力を確かめなければならないので普通に考えて趣味をのんびりと聞いている暇なんてないはずです。

そんな貴重な時間を使ってわざわざ趣味の話をなんでしてくるかわかりますか?

簡単に言えば時間稼ぎです。

もう、落とすことが決まって興味が無いけど興味が無いから帰ってくれなんて言えないので趣味の話で時間を持たせようとするのです。

面接された方は趣味の話で和やかに面接が進むので受かったと思いがちですが逆です。

落ちているのです。

むしろ、仕事の内容を積極的に厳しく聞きに来ている方が受かっています。

学生時代の話を聞いてくる

これも趣味の話をされたら落ちているのと同じパターンです。

社会人1~2年で転職している場合基本的には就活変わらないので同じ人柄オンリーで見るので学生時代の話は聞かれると思います。

しかし、社会人4年目以上の人間に学生時代の話をして一体何になるというのでしょうか。

大学を出て研究職について人間以外大学での専攻を活かせている人間の方が少ないですよね。

それなのに、仕事で今まで培ってきた能力ではなく学生時代の話を聞いて一体何になるというのでしょうか。

なりませんよね。

これも時間稼ぎで学生時代の話を聞いて和やかに面接を終わらせて気持ちよく帰ってもらおうという作戦です。

仕事と関係のない話をされたら確実に興味を持たれていないです。だから、落ちます。

仮に受かってもとりあえず人が足りない企業か面接のノウハウなんて何も考えていない本当に小さい企業とかでしょう。

予定より面接時間が短い

企業によりますが面接時間そのものが短い場合がほとんどです。

特に人気の企業になると多くの人間を面接しなければいけないので面接の時間を大きく割いては残業、残業の毎日になってしまいます。

なので、一般的には30分程度を予定している企業が多いと思います。

それ以上の企業もありますが大体面接のノウハウが無くダラダラと関係のない話をしているだけのことがほとんどです。

そんな限りある面接時間においてしっかりと相手の話を引き出そうとすれば絶対に時間いっぱいまで使うことがほとんどです。

と言うより、30分で全てを決めなければいけないので時間をフルに使って質問をして見極めていかないといけないので足りないくらいです。

それなのに、時間が予定より早く終わるということは特に聞くようなこともないような人間であると言われているようなものです。

趣味の話とか全く関係のない話をされてもなお時間が足りないのでとりあえずもうメンドクサイから帰ってもらおうと思っているから早く終わるのです。

もの凄く特殊な能力があったり人が足りなくてとりあえず人が欲しい場合は別ですが普通に面接して採用しようとしている企業が早く終わらせるメリットなんて無いのです。

だから、予定より早くに切り上げられた面接は高確率で落ちています。

後日についての案内が無い

大体の面接は2次面接まであるので1次面接で受からせたいと思っている人には今後の日程についての案内があります。

次の選考は役員や社長が立ち会うとか本社でやるとか次をほのめかすようなことを言ってくれるはずです。

場合によっては再来週に最終面接を行うなどある程度の時期を教えてくれる場合受かっていることがほとんどです。

しかし、面接で落ちている場合日程についてのことなんて言われないことが多いです。

大体応募して下さったサイトを通して結果を通知いたします機械的なことを言われて終わります。

それはそうですよね。

次が無い人に次のことを説明しても無駄ですから。

むしろ、早く帰ってくれぐらいに思っているはずです。

そのため次への案内が何一つない場合は落とされていることが多いです。

3日以内に連絡が無い

転職というのは水物です。

面接が受かるか受からないかも結局は縁という名の運です。

そして、企業としても欲しい人が募集した時に来てくれて採用できるかも運です。

面接はどんなに頑張っても上手くいかない時は上手くいきません。完全な運ゲーなのです。 また、人事はよく嘘などをすぐに見破れるなんて言いますが...

結局これをしたら受かる・受からない、いい人が来る・来ないなんて無いのです。

だからこそ、業としてはいい人がいた場合合格について素早く連絡するのです。

転職する場合大体複数社応募しますよね。モタモタしていたらいい人があっさり違う会社に決まってしまうことなんてザラにあります。

だからこそ、早めに合格通知を出して自分たちの会社に興味を持ってもらおうと考えるわけです。

大体受かっている場合は3日以内には絶対に通知が来ます。

つまり3日以上経って合格の知らせが来ない場合大体落ちています。

ほとんどが1週間くらい経って落ちましたって連絡が来るはずです。

だから、3日超えた場合諦めて違う会社を受けた方が良いです。

1週間以上経っても連絡すら来ない所はクズなので行かなくて良かったくらいに思いましょう。

必要以上のダメ出し

面接は相手のことを知るために厳しい質問をすることもあります。

しかし、ダメだしをされたら確実に落ちたと言えます。

面接でダメだしする時点で面接官として終わっていると思いますが、相性がよほど合わなかったのか単に機嫌が悪いのかわからないですがダメだしされた時点で無理でしょう。

自分は一度だけ色々な資格を取っているので会社に貢献して役立てたいと言ったら、資格の勉強がしたいなら税理士とか社労士とかの事務所に行けばいいとダメだし?されたことがあります。

当然不合格でしたが、ダメだしをするような会社からは内定は貰えません。

というか、そんな会社行かない方が良いです。なんか危ないですよ。

逆質問について適当な返答

面接の後にある受験者からの逆質問。

これについて採用する気がある人間に対しては丁寧に会社の魅力を伝えようと一生懸命に答えてくれます。

しかし、不採用の場合この質問に対しても適当です。

例えばジョブローテーションについて聞いたときに、色々な部署を経験させているよってだけで終わったことがあります。

普通に頭おかしいですよね。

普通だったら何年に一度くらいで変わるとかの話をするのにこれでは完全にアホです。

そんな適当な質問が返ってきたときは落ちていました。

何でも適当にされると落ちます。

深堀りがされない

転職においては人柄と経験が重視されます。

だから、どういったことをやってきたのか仕事内容に対しての深掘りをされるはずです。

これをしないということはどうでもいいということなんです。

同じような仕事でもこの部分は出来ているのかとかどこがまだできていないのか把握しないといけません。

それをせずありきたりな話だけしているのは別に仕事が出来ようが出来ますがもう勝手にしてくれってことなので落とされているでしょう。

丁寧なお見送り

よくありがちなのがもの凄く丁寧にお見送りをしてくれる場合高確率で落ちています。

人によっては迷信とか言われることがありますが、実際に色々なところで落とされて感じるのはあながち迷信ではないということです。

エレベーター前まで来て深々お辞儀をされたり、フロントまで来て深々と頭を下げてくれて気分よく変えれて場合大体落ちています。

不合格にして悪い印象を与えないようにするために行うので必要以上に手厚いお見送りをされた時点で察することが出来ます。

あまりにも丁寧な場合ダメだと思った方が早いです。

キャリアアドバイザーは複数活用しよう

転職の面接で落ちまくってしまう場合確実に何か悪い部分があります。

そもそも転職活動ってどうやればいいのか未だに迷いがある人はこの本を読んでください。

転職の進め方からキャリアの棚卸方法、仕事のあり方まで考えられるまさに転職する気なら一度は読むべき本です。

キャリアアドバイザーを活用することはもちろんですが、必ず複数登録しましょう。

なぜなら、人によっては当たりハズレ相性の合う合わないがあるからです。

そのため、複数登録で自分に合ったキャリアアドバイザーを選びましょう。

オススメはリクルートエージェント、DODA、パソナキャリアです。

この3つを登録しておけばいいと思います。

リクルートエージェントは業界最大手で求人数が一番多いです。

DODAは求人数も多く検索しやすい所が非常に良いです。

パソナキャリアは他と比べて親身になって対応してくれるので初めての転職で不安な場合にオススメです。

落ちても落ち込み過ぎず是非納得のいく転職を実現してほしいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

松紳というトークの最高峰

社会人で一番必要なスキルは強いメンタル

面接は運ゲーだから落ちても落ち込むな!人事は神ではない

メンタルヘルス・マネジメント2種の勉強法と勉強時間!独学で合格できるおすすめテキ...

20代初めての転職で失敗しないか不安な人必見!内定を得るまでの手順を紹介

実家暮らしの社会人が結婚しない理由