部下が会社を辞める前兆を見逃すな!辞める人には共通のサインがある

急に会社を辞められたりして驚いた経験はありませんか。あんなに不満な様子も無く働いていたのに退職の申し出をされて混乱される人が多いと思います。

しかし、人が辞めるには共通したサインがあるのです。

社員が辞める前兆を理解して見逃さず対処していける方法を紹介します。

愚痴を言わなくなる

愚痴を言っている人ほど会社に不満があるから辞めるかもと考えてしまいますが実は逆です。

愚痴を言わない、言わなくなった人ほど会社を辞めていきます。

そもそも、働いていて愚痴が無いなんてことの方がおかしいです。

どんなに幸せいっぱいの夫婦でも相手に対して文句の一つや二つはあるでしょう。

それなのに、他人同士で営利目的でやっている人間同士で不満が無いなんて方がおかしいですよね。

絶対に一つや二つどころじゃないくらいムカつくこと不満なことがあるはずです。

愚痴ばかり言っているのも考えものですが、愚痴を言っているうちは辞めません。

愚痴は会社に対する要望でもあるので、会社に対してなんだかんだ言って希望を持っているのです。

それに対して、愚痴を言わない人は完全に会社を見限っています。

何を言っても変わらないなら自分が転職して変われば良いと考えるので会社に対して思う所が全くなくなります。

なんでもいいから勝手にやってれば・・・という気持ちになっているのです。

だから、会社の愚痴を言わない人言わなくなった人は完全に会社に対して愛想を尽かしているので辞めてしまうのです。

やたらと仕事を教えている

懇切丁寧に仕事を教えている人間を見て微笑ましく思っているのなら要注意です。

その丁寧に教えている理由は仕事を辞めるつもりなのかもしれません。

自分はもう辞める気でいるので辞めた後引継ぎなどで困らないように事前に準備しているだけの可能性が高いです。

また、事前にしっかりと引継ぎを行っていることで退職を切り出した後何の気兼ねも無しに有給を完全に消化してしまおうと考えているのかもしれません。

仕事を丁寧に教えていればいるほど怪しいです。

特に普段教えていなかった人が教えていた場合は確実に辞める気なのでしっかりと注意しておきましょう。

最近面倒見が良いけどどうしたの?とけん制してみるといいかもしれません。

会議で発言しなくなる

仕事を辞める気満々の人は会議で発言しなくなります。

愚痴を言わなくなるのと同じで辞めるしこの会社が良くなろうが悪くなろうが本当に心の底からどうでもいいと思っています。

どうでもいい会社の事業とか将来性について必死になって考えて発言するメリットなんてこの世のどこにも存在しないのです。

むしろ、変に発言して転職したいぐらい嫌いな奴らにめんどくさいネチネチした反論を喰らうことがバカバカしいとすら思っています。

適当になるようになれぐらいしか思いません。

会議の場はめちゃくちゃ空気の悪い職場でない限り基本的に参加した人間が真剣に物事を考えて発言してより良いものにしていくことが大事です。

それを放棄している時点で会社を放棄しているのと同じなので会議で発言しなくなりひたすらアコベコの物真似をしてウンウン言っているだけになったら終わりの時は近いです。

この場合会議の場でしっかりと意見を聞くなど相手がちゃんと物事を考えているか確認しましょう。

意見を聞いても覇気のないような答えしかない場合一度話し合った方がいいです。

会社に嫌気がさして転職活動を始めている場合もありますが、まだ取り返しがつく場合がありますのでしっかりと不満を聞いて対処しましょう。

有給を頻繁に使う

分かりやす過ぎる辞める予兆が有給を頻繁に使うことです。

有給を頻繁に使って転職活動を一生懸命頑張っているのが真実でしょう。

まとまった休みを取った場合遊びに出かけている可能性が高く辞める可能性は限りなく低いですがこまめにちょこちょこ取り出したら完璧に危ないでしょう。

転職面接の日程に合わせて有給を活用して積極的に活動している真っ最中なのは間違いありません。

この場合は、怪しいどころか間違いなく転職活動をしているのでしっかりと面談の場を設けて相手の意見に真摯に向き合う姿勢を見せないと転職していってしまいます。

身の回りが綺麗になっていく

立つ鳥跡を濁さずという言葉通り辞める予兆がある人間の身の回りは恐ろしいくらいに綺麗になっていきます。

普通に仕事をしていれば書類や参考資料で机や身の回りが汚くなってしまうことがあります。

仕事で必要なものを整備していくうちになんだかんだで身の回りの物は増えてしまいます。

また、ある程度年齢を重ねると自分の働きやすいように様々なものを机の周りに置いたりするようになるので身の回りが賑やかになります。

それなのに、身の回りが整理整頓され出して綺麗になっていく場合仕事で不必要なものは完全に撤去され始めたと考えて良いでしょう。

もうこの会社にはいないのだから必要最低限の仕事上必要なもの以外置いておく必要が無いし辞める時に荷物が多いと面倒になります。

そのため、今まであった仕事とは必要ないものがどんどん消えていったら確実に店じまいの準備をしています。

この場合消えるまで秒読みなので出来ることはありません。

まとめ

会社を辞める人間は決して突然ではなくしっかりとした目に見えるサインを出していることがほとんどです。

そのサインを見逃さずしっかりと対処することで転職を思いとどまってくれる可能性が高いです。

部下がなぜ辞めるのかについて本気で悩んでいる場合この本を読むと良いです。結局辞める原因は一つ一つ解明していくと組織の原因であることがほとんどです。組織課題の解明の重要性とマネジメント方法について学ぶことが出来ます。

人が辞める予兆をしっかりと把握してケアをすることで退職者が減ります。そして、退職者が減ることでみんなが働きやすい職場作りに繋がっていくのです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事で正当に評価されない原因は何?辞める前に評価される人との違いを知ろう

職場の人間関係で誤解されやすい人の性格と特徴

メンタルヘルス・マネジメント2種の勉強法と勉強時間!独学で合格できるおすすめテキ...

会社の飲み会は行きたくないが少しは行った方が良い理由

年功序列は若手と会社にデメリットしかないから廃止にすべき理由

焦らなくても良い!就職活動・転職活動に疲れたと思ったら休んでも良い理由