30代がいない、辞める会社はヤバいブラック企業で間違いない!逃げるが勝ち

会社は入ってみるまでブラック企業かどうかわからないことが多いです。

ただ、確実に言えるのは中堅社員である30代がいない、極端に少ない会社は確実にブラック企業であり逃げた方がいい会社です。

 

もっと言えば20代と50代しかいないような会社は絶対にヤバいです。

30代がいない会社がヤバい理由を紹介します。

シオマキアイ

シオマキアイ
何でこの会社30代がいないか?

もしかしてヤバいのかなって思っている感覚は正しいですよ!

30代社員がいない会社がヤバい決定的な理由

30代がいない会社は問答無用でヤバい会社認定して間違いないです。

その理由はこれから会社を背負っていく、会社の良いところも悪いところも知っている人が逃げ出してしまう会社だからです。

 

会社の全体像がわかってきた20代後半~30代前半の時期にデメリットの方が大きいと思うからこそ辞めていくのです。

普通に考えてそんな会社がまともな会社であるはずがないですし、会社の将来を担う人材がいない会社が良くなっていく展望なんてあるはずがないです。

 

30代がいないという事実は唯一わかりやすいブラック企業の特徴であり、最初は良くても後々ヤバさがじわじわとあふれ出てくる会社でもあります。

30代がいない、辞めていく理由

30代がいない、辞めていくのは決まって同じ理由があります。

下記ブラック企業の特徴があるからこそ30代という会社にとって必要な人材が消えていくのです。

その理由は4つです。

会社に将来性がない

30代前後になるとホワイト企業に勤めていようがいまいが、必ず

「自分は今のままで本当にいいのだろうか・・・」

と悩むようになります。

 

その悩んだときにホワイト企業で働いている人は残る選択肢を採ります。

それは諸々の将来を考えたときに自分の未来が見えるからです。

これに対して辞めさせてしまう会社は将来性への不安を払しょくできないダメダメな会社なわけです。

 

・このまま働いていった場合の将来のキャリアパスの無さ

・経営、財政に対する将来への不安

・やっている仕事内容に対しての誇りの無さ

 

上記不安から今の会社に居ても意味がないと判断するから辞めていくのです。

年齢を重ねていくほどに不安が消えない、増えていく会社なわけです。

転職理由でも2番目に多い会社の将来に対する不安。 この会社にいつまでも居ても良いのか悩みますよね。 そこで、実際に潰れかけた会社で働...

若手を搾取するシステムになってる

会社に入ったばかりは誰もが右も左もわからず、とりあえず言われたこと、教えられたことを一生懸命頑張ります。

そして、まともな人ほど経験を重ねるほど意見を出すようになり、全体像が見えてくるようになっていきます。

 

その時ヤバい会社で働いていると思うわけです。

「この会社、なんか若手にばかり押し付けて上の奴ら働きもしないで得してないか?」

こういった真実に気付いてしまいます。

 

普通の会社はそういったことにならないように調整するのですが、ヤバい会社で既得権益を守る老害しかいないので何もしません。

搾取される嫌気と将来こんな奴らになりたくないと思うようになり辞めていくのです。

上層部、管理職の頭がおかしくて無能

お金をもらうために働いているわけですが、お金のために全てを我慢できないのが人間ってもんです。

辞める理由で多いのは給料よりいつだって人間関係が原因です。

 

30代がいない会社は例外なく人間関係が最悪なのですが、具体的には上層部の管理職の頭がおかしくてさらに無能であること間違いなしです。

管理職にしてはいけない不適切な人を管理職にしてしまった時のコストは育てるコスト以上の損害が発生します。

 

一つだけ生き残るチェスの駒
年功序列で出世したり、中小企業で人数が少なすぎて仕方なく上に行ってしまった全く管理職に向いていない人がいる会社はヤバいです。 上司が終わっ...

 

上の立つ人間がバカすぎるとき、どうしようもない徒労感と絶望感が職場を覆いつくします。

その環境に嫌気がさして辞めていくのです。

30代がいない会社は人間関係がヤバく上層部が腐っているのです。

意見を言えば叩いて潰す社風がある

30歳前後になって普通に働いていれば、ある程度は責任のある仕事をするようになっていきその中で意欲のある人ほど意見を言います。

この意見をいかに吸い上げて、時には失敗させて成長させていくかで会社の成長が決まりますし、会社の自浄作用にも関わってきます。

 

逆に30代がいない会社は表面上は

「意見はどんどん言うように!」

と言うが実際に意見を言うと何かに憑かれたように怒り狂って意見を言う人を叩き潰します。

 

・そもそも意見は言わせないし反論はもってのほか

・自分は責任を負わないくせに発言者には責任を負わせようとする

・重箱の隅をつついてデメリットを強調して何もしない

 

こういった会社は自分の意見があってしっかりと行動できる30代ほど馬鹿らしくなって辞めていくのです。

30代がいないブラック企業に残るリスク

我慢するのが仕事だと自分自身に言い聞かせて会社に対して疑問を持っているのに30代がいない会社に残る。

これはリスクしかありません。

しがみつくことが起こるリスクを紹介します。

シオマキアイ

シオマキアイ
ブラック企業で我慢して残っても得られるものはないよ。

疑問を感じたら行動することが自分を救うよ!

まともな人ほど負担が増えてしまう

30代がいない会社に残っているような先輩たちははっきり言ってクズです。

ただ、危機察知能力に優れているので自分たちが不利になることは上手く逃げる力は一流です。

 

30代がいない会社は当たり前ですがまともな人ほど辞めていきます。

その辞めた人の分を単純に誰かがしないといけなくなります。

 

30代がいない会社は、辞めるだけのクソ仕事が数多く存在しているのでそんなクソ仕事をまともな人ほどやらされることになります。

 

30代がいない会社は会社として成り立っていないので、まともな感性がある人ほど負担が増えてつらい思いをすることになります。

ヤバい奴だけ残る蟲毒が完成する

会社がヤバくなったら真っ先に逃げ出すのが有能な人材です。

その次にまともな人です。

無能ほど次がないのはわかっているので辞めずにしがみついて残ります。

 

ダメな会社でありがちな辞めて欲しくない仕事ができる優秀な人ほど辞めてしまう現状。 まともな人が辞めていくと会社にしがみつくしかない...

 

そうなると、蟲毒のようにヤバい奴がヤバい奴を呼び込み、ヤバい奴同士で潰しあう地獄が発生します。

30代がいない会社ではまともな人は誰もおらず全員もれなくヤバい奴で同期や後輩もヤバい奴になっていく悲劇が起こります。

尊敬出来る先輩がいないと自分も成長していかない

将来のことは誰にもわからないしそれが人生の面白さでもあります。

ただ、自分が5年、10年先にどんな人間になっているかを確実に把握する方法が一つだけ存在します。

それが先輩の姿を見ることです。

 

先輩の姿が将来の自分の姿です。

これは間違いありません。

人は環境によって変わる生き物なのでダメな人たちに囲まれていたら同じくダメになりますし影響されます。

 

どんなに

「こんなヤバい奴らになりたくない!!!」

と心に強く誓ってもほとんど同じようになっていきます。

 

尊敬できる先輩となる30代がいないとしがみつきをしている40代以上しかいないので成長しないで退化していきます。

過去の人と同じく潰れて終わる可能性が高い

今まで数多くの中堅社員が辞めたからこそ30代がいない会社になっているわけです。

ブラック企業で人が辞めたくなるだけの理由を内包している会社です。

 

そんなまともな人ほど逃げ出したくなるような会社で一生懸命頑張ってもほぼ100%潰れて終わることになります。

ドラマだと組織を劇的に建て直すなんてありますが、現実は一度ダメになった組織は自浄作用が完全に無いので何も出来ないのです。

 

頑張った人を潰す土壌が出来上がっています。

努力して未練なく辞めるために頑張るなら良いですが、残れば残るほど精神に異常を及ぼす可能性が強いのです。

しょぼい経歴しか残らず転職が出来なくなっていく

30代がいない会社は総じて将来性に不安があるような会社です。

特に社会人としてのキャリアが全く積めない会社とみて間違いないです。

 

会社が財政的にヤバいのも大変なことですが、キャリアが積めるなら割り切って残る人もいるはずです。

居ない時点でここに残っても得られるものが少ない会社であることがわかります。

 

そのため、年齢を重ねれば重ねるほど大した経験も積んでいないような人材になって嫌な会社なのに転職すら出来ないようになっていきます。

嫌なのに逃げられず文句を言いながら鬱屈とした人生を送るだけになります。

 

なので、30代がいない会社はブラック企業なので転職する方が良いです。

 

在職中でも転職活動は出来ますし、活動して残る選択肢も納得してるならありです。

なんでもやらないよりやった方が自分自身の納得感が違い人生の満足度が上がります。

 

転職活動をする前にまずは自分の本当の適正年収と向いている業種を知っておきましょう。

 

適正年収を知って搾取されることを防ぎましょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

 

適正年収の把握にはミイダスが有効です。

 

無料で自分の適正年収と自分に向いている職種を教えてくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

 

キャリアアドバイザーがいるような転職サイトは成功報酬で転職者の年収35%程度を会社から取っていきます。

つまり、キャリアアドバイザーが付くような転職サイトは金がかかるので経営能力が無いブラック企業は登録も出来ず、そもそもが弾かれています。

 

また、求人票を見るだけで企業が求めている基準を知ることが出来るので自分がスキルアップする際にも役立ちます。

 

さらに、めんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

 

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

 

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

 

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

 

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

 

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

 

1つ目がリクルートエージェントです。

 

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

 

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

 

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

 

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

 

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

 

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

 

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

 

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職するにあたってこの本を読んでおくと逃げの転職から攻めの転職、そして自分の将来を守ることにも繋がっていきます。

是非読んでみてください。

まとめ

会社の本当の姿が変わってかつ逃げられる年齢層が30代付近です。

この年齢層が逃げ出している時点でブラック企業でなにかしらかの重大な問題がある働きにくいヤバい会社であることは間違いありません。

若手とベテランしかいないような会社はろくでもない会社なので遠慮せずにヤバいと感じたら逃げ出すのが最善手です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

職場の人間関係で誤解されやすい人の性格と特徴

会社の飲み会に行きたくないときに使える最強の理由と断り方

転職活動は在職中なら長期戦の方がメリットがある理由

付箋を貼られた男

休日に仕事のことを考え出したら辞め時!精神が壊れる前に転職すべき

職場の噂話対策 知り過ぎると地獄を見る

島田紳助という面白トークの天才