30代で次を決めずに辞める!辞めてからの転職活動は色々と不利な理由

毎日、毎日意味のないと感じる仕事と理不尽な上司やお客に揉まれていると突発的に辞めてやろうかと考えてしまうのはおかしいことではありません。

 

しかし、30代でも次を決めずに辞めてしまい、辞めてから転職活動をする場合は色々と不利なことがあります。

 

むかつくことがあっても在職中に冷静にしたたかに転職活動をした方がいい理由を説明します。

辞めてから転職活動をしても良い場合

次を決めずに辞めてから転職活動をするのは良くないですが、例外的に辞めてから転職活動をしても余裕な場合が2つあります。

その2つの例外を紹介します。

ブラック過ぎて時間が本当に無いし全てが限界

働いているまたは働いていた会社が中世のような価値観しかないブラック過ぎて身も心もボロボロにしてくる会社だった場合先に辞めて正解です。

 

自分の健康より重要な仕事なんてありません。

 

自分が終わってしまえば転職とかそんなレベルの話ではなくなってしまいます。

 

ブラックな環境でも次を決めようとかまともな思考回路にはならず、いかに会社のために尽くすか考えがちです。

 

「これはおかしいぞ・・・」

と感じたら次とか関係なく逃げ出すのが正解です。

 

また、ブラックで働いていた場合次を探すとほとんどの会社が結構バラ色に見えて候補がたくさんある状態なので簡単に見つかります。

結果的には自分の望む転職がし易いです。

どこでも通用するスキル、独立まで視野にある場合

30代で如実に求められるのがスキルです。

このスキルや経験がしっかりとあり、どこであろうと通じる、なんだったら独立まで視野に入れている人なら辞めてからでも一切問題はありません。

 

転職なんてものは婚活と一緒です。

 

何歳だろうとスキルやテクニック等の良さがあれば年を取ったデメリットをカバーしやすいです。

自分がどこに出しても恥ずかしくない引く手あまたの経験やスキルがあるなら、全く辞めても問題ありません。

 

また、最悪独立まで含めての準備期間にしてもいいと考えられる野心的な人も全く問題ないです。

 

逆にこういった明確な強みがないと現実に心を折られながらの転職活動になりがちです。

辞めてから転職活動が不利な理由

辞めてから転職活動をすると当初思い描いていた理想と違って嫌というほど現実を突きつけられます。

30代で辞めてからの転職が不利な理由を説明します。

辞めてからの転職はストーリーが破綻しているからダメ

辞めてからの転職で一番大変なのは転職理由を作ることです。

まあ、転職理由なんて就活だろうが転職活動だろうが綺麗ごとで彩るのは変わらないのですがこれが圧倒的に作りにくくかつ説得力が皆無になってしまうのです。

 

人生で何事でも大事なのは一貫性とストーリーです。

 

これが上手くいけば転職だろうがなんだろうが結果的には上手くいく可能性が跳ね上がります。

 

例えば、今までこういった仕事をしていたけれどもこれ以上の成長は出来ないので、今後は+αでこういった仕事で力を発揮していきたい。

という理由だと今まで頑張ってきたことに上乗せしていきたいというストーリーが出来ており、わかりやすい成長物語です。

 

これが辞めてからだとストーリーが作りにくく破綻しがちです。

 

計画性を持ってキャリアを積んでいきたい→何で辞めてからで詰む

会社に迷惑をかけたくないから時期を見計らった→いつ辞めても迷惑だし時期に合わせて転職活動すれば良かったのではで詰む

 

仕事を辞めたいのに周りのみんなに迷惑をかけたくないから辞めるに辞められないとする人がいますが完全に自意識過剰の甘えです。 迷惑をか...

 

など、辞めてからだと何を言っても非常に空虚だし取り繕うほど一貫性も計画性も無い人だと露呈することになります。

 

逆にブラック過ぎて辞めた方が、ある意味極限状態まで来ていたので無理でしたというストーリーが完成しているので優れています。

ブラック過ぎて辞めたので求める条件はこんな感じです等の目標を簡単に持てるのでスムーズにいきます。

 

辞めてから上手くいく人はこういったタイプが多いでしょう。

 

どういった理由でも構いませんがストーリーが破綻していると自分自身も意味わからんし、相手も意味わからんので上手くいきません。

シオマキアイ

シオマキアイ
自分と相手が聞いて納得できる理由がないと苦戦するしなにより転職しても後悔することが多いよ

独身女が毎週休日は誰かと遊んでいる、みんなでワイワイするのが好きと言いながら結婚の話になったら一人が好きなんでと頑なな態度を取ったらどう思いますか!?

 

本人の中では色々な思いや葛藤があるのかもしれませんが、第三者からは頭のおかしい人だと思われますよね。

 

一貫性とストーリーが成立していないと頭がおかしい人扱いになるのでなかなか難しい転職活動になるのです。

すぐに次が決まらないと妥協しがちで後悔する

転職活動をして驚くのが世間で言われているほど楽に転職が決まらない事実です。

 

就活と同じで仕事なんかいくらでもあるし、選ばなければどこにでも転職できることは間違いないです。

 

ただ、自分の希望する職種、業界、待遇などを考えていくと意外にも良い企業そのものが少ないしすぐさま受かるわけではないのです。

 

在職中だったら、別にある程度の余裕をもって探せるのですが、現実問題として辞めているので悠長に構えていられなくなります。

 

そうなると、人間心理として

「もうここでいいや!!!」

なんて妥協しがちになっていくのです。

 

不満を解消するための転職だったのにまた不満を抱えてしまうと一体何のために転職したのかわからなくなります。

貯金が減ると精神がすり減る

自己都合で辞めてしまうとすぐに失業保険が出ません。

2か月は自分の貯金で生きていかないといけないし、貰っても働いている時以上にはもらえないので比較的カツカツです。

 

貯金を使えばいいと安易に考えますが、貯金が減っていくと真綿で首を締められるようにゆっくりと苦しくなっていきます。

 

貯金が減っていくのに比例して精神も減っていくのです。

 

精神が疲れてしまうと転職活動そのもののやる気もなくなるし、上手くいかないと完全に負の連鎖です。

シオマキアイ

シオマキアイ
一回経験したことがあるけど徐々に落ちていく感覚は生き地獄だよ

貯金を使ってガッツリ遊んでやると辞める前は意気込んでも本当に最初だけであとは無為な日々を過ごすだけになります。

会社に足元を見られる可能性が高い

辞めてから転職活動をするとストーリーが破綻していることに加えて計画性が無いと判断されがちなので書類選考も通りにくいです。

 

そして、貯金もじわじわと減っていくので早く次を決めたくなります。

 

そういった厳しい状況を見抜いて企業側も平気で足元を見るようなことしてきます。

 

ブランクがあれば様子を見てから給料を上げていくからと入社当初の給料を減らすようにしてきます。

在職中なら嫌なら断る選択肢もありますが、内定が複数出ていないとなかなか断る踏ん切りがつかないです。

 

また、突発的に辞めた罪悪感が後から呪いのように蝕んでくる足元を見られた待遇で決めてしまいがちです。

 

ゆっくりと決められずスピード感を持って選択肢を迫られるので不利な契約になってしまうことが多いです。

30代は経験とスキルを見られてしまう

20代でも在職中に転職活動をした方がいいですが、まだやる気があればポテンシャルでいくらでも採用されます。

 

婚活でも転職活動でも結局若い方がそれだけで評価されるのです。

 

30代になると確実にやる気はもちろんとして、経験とスキルを見られてしまいます。

 

その時にはっきりと主張できるスキル、経験があればいいですが、意識して仕事していないと無理です。

 

感覚的にはまだまだ若いし、実際30代って高齢化の日本では若いと思いますが転職市場では別に若くも無いし結構いい年です。

 

在職中だったら求められているスキルや経験を知ってから勉強したり意欲的に経験を獲得しにいけば良いです。

しかし、辞めてからだといきなり現実を突きつけられてしまうのでどうにもなりません。

 

どこでも良いながら困りませんが、転職して良くなりたいと思うならかなり難易度が高い転職になりがちです。

在職中でも転職活動は可能なのでやるべき

辞めてから転職活動を始めてしまうと普通の人はなかなかに不利です。

 

元々転職は運ゲーですが、その運に頼る率が桁違いなので運が悪いとその時点で終了になってしまいます。

 

個人的には転職活動は色々な会社を見て転職しない選択肢まで含めて転職だと考えているので在職中にやるのがベストです。

 

納得がいく転職をするには大事なのは、金と時間と情報です。

 

金は働きながらで貰える、時間はすぐに決めなくていい猶予が在職中ならある、情報は転職サイトで仕入れることが可能です。

 

まずは自分の本当の適正年収と向いている業種を知っておきましょう。

 

適正年収を知って搾取されることを防ぎましょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

 

適正年収の把握にはミイダスが有効です。

 

無料で自分の適正年収と自分に向いている職種を教えてくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

 

キャリアアドバイザーがいるような転職サイトは成功報酬で転職者の年収35%程度を会社から取っていきます。

つまり、キャリアアドバイザーが付くような転職サイトは金がかかるので経営能力が無いブラック企業は登録も出来ず、そもそもが弾かれています。

 

また、求人票を見るだけで企業が求めている基準を知ることが出来るので在職中ならどんなスキルや経験を積めばいいかわかります。

 

さらに、めんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

 

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

 

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

 

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

 

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

 

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

 

1つ目がリクルートエージェントです。

 

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

 

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

 

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

 

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

 

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

 

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

 

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

 

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職するにあたってこの本を読んでおくと逃げの転職から攻めの転職、そして自分の将来を守ることにも繋がっていきます。

是非読んでみてください。

まとめ

次を決めずに辞めてしまうと最初はめちゃくちゃ楽しくて開放感がありますが、後から現実を嫌というほど突きつけられます。

 

ストーリーが破綻しているから理由を作りづらいし、足元を見られるし、30代だとスキルと経験とか嫌なことを要求してきます。

 

在職中なら上手くいかなくても、逆に活動したことで自社の良さがわかる場合があったりします。

潰しが利くように保険をかけて在職中に転職活動を勧めます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラーメン発見伝、才遊記のラーメンハゲこと芹沢達也のビジネスで役立つ名言

転職でいい会社がない、ろくな会社がないと思った時の具体的な対処法

残業が多い会社から転職したい!残業が無い楽な仕事を紹介

コミュ障で飲み会が辛い社会人に教える苦痛でつまらない飲み会を乗り切る方法5選

老害の特徴とならないための対策方法

手遅れになるから赤字会社で働くな!赤字会社から転職すべき理由