B’zファンが教える!B’zでオススメの隠れた名曲12選

B’zは日本代表する最高のロックバンドなので名曲なんて数え切れないくらいあります。

発表している曲数もかなりの数あるので名曲であるにも関わらずあまり知られていないもったいない曲が多いです。

そこで、是非知ってもらいたいB’zの隠れた名曲を紹介します。

Out Of Control

B’zの凄さって何かと言えば語りつくせないのですが、もの凄く簡単に言ってしまえばいつの時代でも通用する古臭さを感じさせないメロディーと歌詞です。

つまり、松本さんも稲葉さんも常に本質を追求している天才ということなのです。

そういった意味でメロディーも良く歌詞も優れている名曲として一番に思い浮かぶのがOut Of Controlです。

曲調はかなり激しくハードロックでありながら、どこかポップさがあるまさにB’zの曲と言えるものです。

今聞いてもバリバリに乗れてテンションが上がること間違いないです。若い時のB’zのその時にしか出せないパワフルさがこれでもかというほど詰まっている一曲です。

歌詞も現代に通じるようなメッセージ性が込められています。

自分たちの知りたいという欲求中心で相手のことを一切考えない現状、ハイテクが進んでも心が荒む心の豊かさが遅れていることの嘆きを何年も前から認識していることに驚愕すると思います。

また、稲葉節とも呼べるモテない男の悲哀もあります。モテない男を表現させたら稲葉さんに勝てる人はいません。

自分はB'zが好きで好きでしょうがないんです!!その理由の一つとしてB'zがモテない男の気持ちがわかっているからなんです。 B'zというと...

「節操ないのは 厚化粧よりぜんぜんいやだ」という男なら誰でも共感できるような歌詞がたまらないです。

メロディーもB’zらしいハードロックでありながら、メッセージ性がある上質な歌詞。なぜこの曲が有名でないのは不思議なくらいです。

NATIVE DANCE

これほど男女の感覚の違いを明確に嫌味なくそれでいてポップで受け入れやすい曲調で聴かせてくれる名曲は存在しないと思っています。

曲の初めはベースがなんとも心地よいテンションが上がるような存在感を発揮します。

ベースって普段は音楽をやっていない自分みたいな素人からすれば気にも留めない存在なのですが、それでもベースの凄さが伝わります。

そのベースからB’zらしい一般受けするポップな曲調が展開していくのです。

そんなポップな曲調に極上の歌詞がくっついてきます。

あんまりにも好きで是非知ってもらいたいので特に共感できる部分を紹介します。

「飾りすぎてたみたい 無理してたわけじゃない 喜ぶ顔だけを 見たがってたアオい自分 ホレたから なおさらに時間かかったけど 一度あなたに見てもらう 必要があった ありのままを」

もうなんて言ったらいいのかわからないくらい感動しますよね。好きでいるからこそ本当は全てを見せて話し合いをしていくことが大事なのです。

しかし、好きだからこそ自分をさらけ出せないし格好いいところだけ見せようとして疲れてしまう。そんな誰でも一度は経験したことを的確に表現しています。

他には「借りてた恋愛小説 さっぱりわからなかったよ 譲ってくれたビデオいかしてる いつも見てるよ」

この男女の微妙な感覚の違いをここまで正確に表現できるってすごいと思いませんか?

好きでいても感覚、感性なんて全く違う。だから、歩み寄りが大事なんだってことにつながってくるのです。

そんな最上級の歌詞とベースを軸にしたポップで万人受けする曲調が名曲でないはずがありません。是非聞いてください。

Out Of ControlNATIVE DANCEが収録してあるアルバムはRUNです。

このアルバムは誰もが知っている現代B’zの原点と言ってもいいアルバムです。ロックと一般受けするポップさを兼ね備えたまさにB’zを完ぺきに形作ったものと言えます。

ファンの間では「LOOSE」と並んで最高傑作と言われるアルバムでもあります。

また、NATIVE DANCEはファンの間で人気が高くPleasureLIVEという5年に1度の名曲ばかり集めたライブでも演奏されます。

特に2008年のライブは完成度が高すぎるので是非観てください。

他にもB’zのライブは凄すぎるので気になった人はこの記事も見てください。

B’zは曲が素晴らしいのはもちろんなんですがやはりB’zの凄さを一番感じるのはライブです。ライブを見ればB’zを嫌いになれる人はいないと思ってい...

hole in my heart

好きでいるのにどうしても上手くいかないモヤモヤと憤りを表現しながら軽快なロックな曲調で進行していく名曲です。

若干サビの部分がウルトラソウルに似ているような気がしますが、だからこそ盛り上がりを感じる曲調になっています。

この歌も歌詞が素晴らしいです。

「憎みあうわけじゃないのに いっしょにいれば傷ついてく」

この感じわかりますか?

好きでいるのに会って顔を見るたびに口論になってなんだか上手くいかずお互いに傷つけてダメになってしまっている感じ。

なんという絶妙に心をくすぐりますよね。

そんなもどかしさを爽やかなサウンドロックでさらっと乗せるのがB’zの凄いところです。

聴いていてノリノリになれるけど、歌詞だけに注目すると全身をかきむしりたくなる感覚に襲われる名曲なのです。

収録アルバムはB’z The Mixtureです。

このアルバムはB面、カップリング曲のベスト盤と言われており全てが隠れた名曲と言ってもいいです。

B’zってシングルも凄いですけど、カップリング曲とアルバム曲も何一つ手を抜かない凄まじさを感じられるアルバムです。是非聴いてください。

夜よ明けないで・挑めよ儚いこの時に

どこのアルバムにも入っていない。これぞまさに知る人ぞ知るB’zの隠れた名曲と言えます。

2つの曲を一緒に書く理由は、あるシングルのカップリング曲として両方とも収録されているからなのです。

カップリング曲が2曲とも名曲という意味不明さからB’zの凄さがわかります。

あるシングルとは熱き鼓動の果てです。十分にシングルだけでも名曲なのにカップリング曲まで素晴らしいという非の打ち所がないものとなっています。

夜よ明けないでは、今までのB’zの曲調のどれとも違う独特の曲調です。

ロックではないし、ポップでもない、ましてやバラードでもないのです。

素人表現で表すなら「闇」って感じの曲調です。

決して明るい曲ではなく、どちらかというと重苦しい感じです。

しかし、その重いような重厚さが耳に残り口ずさんでしまうような名曲なのです。

是非聴いてください。

また、挑めよ儚いこの時には圧倒的な爽やかさがあります。

B’zのロックでポップな曲調に夏のイメージを加えたような、どこまでも突き抜ける爽やかな感じと熱さがあります。

歌詞もB’zらしいダメでも頑張ろうぜというメッセージが込められているので夏になったら絶対に聴いてしまう名曲です。

この2曲のためだけにシングルを買う価値は絶対にあります。

Warp

B’zは基本的に作曲が松本さん、作詞が稲葉さんの完全分業制で行っています。

曲はいつも松本さんがメロディーを作って、そこに稲葉さんが歌詞をつけていきながら試行錯誤して曲が出来ていくのです。

しかし、この曲に至ってはいつもと逆です。

稲葉さんが先に歌詞を作ってそこにメロディーを合わせていくやり方で作られています。

そのため、ただでさえ素晴らしい歌詞がさらにストーリー性がある極上の歌詞になっているのです。

学生時代にお互いに変な意地を張ってしまい、友達以上恋人未満のままで終わってしまった男女が久しぶりに出会うことで一気に距離が縮まり、長年溜めていた思いが溢れこぼれていくというこれ以上ない青春の甘酸っぱい感じが出ているのです。

上質な恋愛小説を読んだような気分になります。

曲調もそんな甘酸っぱい恋愛模様を表現するような爽やかなポップな感じになっており1度聴いたらずっと気になってしまうような名曲なのです。

収録されているアルバムはGREENです。

このアルバムは全体的に夏を想起させるような曲が多く、夏のドライブ時には絶対に流したいアルバムです。全体的に名曲が多いので是非聴いてください。

I’m In Love?

どうしてこうもB’zダメダメだった学生時代の恋愛を思い出させるような曲が作れるのかとため息が漏れる名曲です。

これまた、恋愛の歌なのでポップな曲調ですが、ポップという同じジャンルでも決して他の曲と被るようなことがなくそれでいて耳にしっかりと残る曲調を作れるのは本当に素晴らしいです。

メロディーだけとっても名曲です。

歌詞は出会って間もない相手のことが気になって気になってしょうがない。溢れ出る若さと思いが爆発しそうな感じがビンビンに伝わってきます。

特に好きな部分の歌詞を載せます。

「カレンダーがぱらぱらめくれていって いつしか興奮も冷めるだろう でももし今日という日でこの世界が 終わるとしたらみんなどうするの?」

これ、狂おしいほどわかりますよね。

大人になれば恋愛なんて「あ~、あの人と上手くいかなかったな」ぐらいで別に何ともない思い出になってしまって色褪せます。

しかし、学生時代の本人にとっては死活問題です。

そんな今にも爆発して弾けてしまいそうな青臭いけど大事な思いを的確に表現されており、それをポップな曲調で進行していくので好きにならないわけがない曲です。

収録されているアルバムはBIG MACHINEです。

このアルバムはB’zが今までとは違う90年代の古さも取り入れながら新しいことに挑戦していこうとしたアルバムで名曲がありますが、評価があまり高くないです。

しかし、当時批判されていても今聴くと普通に名曲が多く新しいことに常に挑戦するB’zの良さがわかります。是非聴いてください。

銀の翼で飛べ

社会人であるならば絶対に聴いてもらいたい。元気が出る名曲です。

学生だろうが社会人だろうが人生って本当に嫌なことばかりで困りますよね。本気で落ち込んで辛くてどうにもならない時って誰にでもあると思います。 ...

曲調は完ぺきなロックです。収録されているアルバム自体がゴリゴリのハードロックで攻めているので銀の翼で飛べもかなりロックな曲です。

ただロックでもついて行けない激しさではなく万人受けする誰もが聴けるロックな曲調です。

またまた歌詞が優れています。

「人ごとじゃない 社会情勢 引き合いに出して説教モード ハシで人を指しながら 赤い顔をしている この国はもうダメだ これが口ぐせで 自分で自分をけなして 満足してハイお終い」

何というか社会人ならちょっと黙ってしまうくらいの破壊力がありますよね。ダメだダメだと騒いでいるだけで何もしない上司にうんざりしてても愚痴を言ってダメだダメだと言っているしかない現状に満足している自分。

そんなサラリーマンの息苦しさを経験してきたかのように表現しています。

「どこでも何かが起きている 知らないことを学ぶ根性あるかい 敗北感に悩んでるんなら すべてを認めまた始めりゃいいだろう」

人生で必要な自分に足りない全てを言い当てられた気分になりますよね。

結局愚痴を言うだけでなく、現状不満があるなら自分の足りない部分を素直に認めて努力していくしかないんですよね。

そんな社会人なら絶対に知っておきたいメッセージ性をハードロックでガツンと表現している曲は名曲以外の何物でもありません。

収録されているアルバムはBrotherhoodです。

このアルバムはなんか狂ったように超ハードロックな仕上がりになっておりノリノリになれる名曲ばかりです。

特に「ギリギリChop Version 51というただでさえハードなものをよりハードに洗練されたものにしているので絶対に血が滾るので聴く価値があります。

是非聴いてください。

STARDUST TRAIN

初期のB’zの曲でファンの間で人気も高くオススメできる隠れた名曲と言えばこの曲しかありません。

初期B’zらしく打ち込みサウンドを活用しながらも、しっかりとB’zらしさが垣間見える曲調です。

非常に疾走感がありながらもどこか物憂げな感じが残る心に染み入る曲です。

現在のB’zとは少し違いますし、稲葉さんの声もちょっとハスキーで時代を感じるのですが、それでも名曲であることは変わりません。

歌詞の内容は叶わぬ不倫をしている男女を描いています。

曲が進むにつれて列車から見る情景が変わっていき、どうしても上手くいかない悲壮感が増していきます。

収録アルバムはBREAK THROUGHです。

売れていなかったB’zBAD COMMUNICATIONで名前が知れた後発売してヒットしたアルバムです。

全部が名曲とは言いませんが、それでもまだまだ駆け出しのB’zの才能が感じられる名曲があります。是非聴いてください。

おでかけしましょ

ハードロックで現在発表しても高評価を得られそうな曲調にメッセージ性が高い歌詞をつけることにかけてB’zは本当に天才的です。

特に好きな歌詞がこれです。

「いたれりつくせりの よくできた部屋で アタマに脂肪がついてくる」

何で自分の日常がわかるんだと冷や汗をかいてしまいます。

パソコンやスマホで簡単に部屋の中で情報が手に入って自分で物事を考える力が無くなっている。頭に脂肪がついている状態になっているのです。

こんな現代にも通じるメッセージ性を何十年も前から発表しているって驚きしかありません。

また、ハードロックが前面に出ているので稲葉さんが激しい曲調に合わせて思いっきりシャウトしていたりするのでそれも聴きごたえの一つです。

収録されているアルバムはThe 7th Bluesです。

B’z黒歴史や暗黒時代と言われている評価が真っ二つに分かれるアルバムです。

今までのバブルな曲調からゴリゴリのハードロックに変わった挑戦的なアルバムです。

しかし、おでかけしましょや赤い河といった名曲もあるのでそこまで悪くないと思います。

是非聴いてください。

ONE ON ONE

B’zにしては珍しく青春時代のスポーツを題材にしているような曲です。

イントロはバラードのような出だしですが、サビ前から一気に盛り上がりポップで汗が飛び散るかのような爽快さが突き抜けます。

歌詞も相変わらず素敵です。

手を抜かず一対一の状態で嘘偽りなく全力で勝負していく全力さと一対一の部分が自分自身との向き合い方とも解釈出来るので聴いているとやる気が湧いてくるのです。

腐っている時に前に進むために大事なものの全てがこの歌にあります。

社会人で行き詰っている人や学生に絶対に響く名曲であるといえます。

収録されているアルバムはACTIONです。

他のアルバムと比べて圧倒的に曲数が多くそのせいで間延びしているなどの批判はありますが、「光芒」などを中心に名曲が多く存在しています。

基本的には青春を題材にしているアルバムなので、特に冴えなかった青春を送っていた人なら共感できる最高のアルバムだと思います。

是非聴いてください。

DEEP KISS

超高いハイトーンな曲で普通に歌えばノドが潰れそうになるくらいの高さ。

それでいながら、ロックな激しい曲調を組み合わせたB’zのハードロックのパワフルさが前面に押し出された名曲です。

稲葉さんのキーの高い歌声だからこそ歌える曲であり、オープニング早々甲高い笑い声が聴ける貴重な曲でもあります。

サビに入る前もサビに入ってからもほとんどシャウトしているような恐ろしさがある曲です。

歌詞もうだつが上がらないダメ男の悲哀を等身大で表現しているのでロックでありながら若干メタルのような激しい曲調との差が面白いです。

収録されているアルバムはSURVIVEです。

個人的にこのアルバムは名盤です。どれも捨て曲なく聴くことが可能です。

シングル曲やカップリング曲が多く収録されているのも嬉しいですし、DEEP KISS以外にも隠れた名曲と呼ばれる「泣いて泣いて泣きやんだら」もあり買って損は無いです。

是非聴いてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

B'zはモテない男の気持ちがわかっている

B’zファンあるあるをB’z好き男が勝手に語る

B’zファンが選ぶ!絶対に観て欲しい最高すぎるオススメの伝説のライブ5選

“SCENES” 1988-2018後半編に行ってきた

B'zライブ2019 セトリネタバレ無し感想 新生B'zは最高過ぎたがグッズ販売...

B’zニューアルバム『NEW LOVE』感想 名曲揃いの名盤