FPが教える絶対に入ってはいけない必要ない保険を紹介

保険はもしもの時に助けてくれる最高の制度だと思っていませんか?

その考えは間違いです。保険にも必要なものといらないものが明確にあります。

そんな入ってはいけない損する保険は何かFPの自分が紹介したいと思います。

日本で医療保険はいらない

日本の社会保障制度はなんだかんだ言っても充実しています。医療費は3割負担で良いし仮に医療費がかさんでも高額療養費制度を使えば大体のサラリーマンは月額8万円前後ですみます。

医療費が払えなくて路頭に迷った人間なんてなかなかいませんよね。その理由は日本の社会保障制度はもしもの時に備えて手厚い保障をしてくれるからなんです。

特に独身である場合、日本で暮らす以上は生命保険の類に一切入る必要はありません。詳しくは以下の記事を見てください。

独身でも病気になって入院したり働けなくなった時のために生命保険は絶対に入っておかなければならないと思っていませんか。 結論から言えば独身は...

公的保証では入院時の食事や差額ベッド代はかかるが食費は入院していようがどっちにしろ生きている以上はかかるので保障される必要があるかと言えば無いでしょう。

また、差額ベット代もわざわざ一人部屋や2人部屋など選ぶ必要はないでしょう。入院を豪華にする必要ってないですよね。それに、長期間入院ってそんなにないですよ。

このことから、生命保険は入らずに加入する分の金額をもしもの時に貯金をしておけば国がしっかりと助けてくれるので加入する必要は一切ないことがわかります。

がん保険も同様に日本ではいらない

がんって聞くとめちゃくちゃ怖いですし医療費が尋常じゃなくかかるような感じがしてがん保険に入っていないとどうにもならないような気がしますよね。

しかし、医療保険のところでも説明しましたが日本には高額療養費制度があり、がんの治療でどれだけお金がかかっても大体は8万程度で月の負担は済みます。

また、がん保険に入ることで先進医療が1000万円まで保障なんて仰々しく宣伝していますが先進医療の適用要件は厳しいうえに粒子線治療なんて現在は人生で1度しか使えません。しかも、費用は大体300万円程度なので先進医療保障がいくら高くても300万円あれば十分で基本的に使えないとなればそんなもの保障してもらう必要がありません!!

さらに、がん離職になり収入が保障されないなんてことを心配してがん保険に入ると思うのですが、現在は医療が発達してがんになったからと言って会社を辞めなくても通院するだけで完治できることが多いですし、なによりがんだからいきなりクビになんて出来ません。

仮にがんで働けなくなっても日本の社会保障制度は手厚いので1年6カ月は傷病休暇で標準報酬月額の2/3が貰えますので働けなくなったからといっていきなり無収入になることはありません。

しかも、この傷病休暇は途中で離職しても継続して受給することが出来るので闘病が長引いて会社に申し訳ない気持ちから離職しても安定した収入が保障されています。

このことから、がん離職についても社会保障制度でカバーされているのでわざわざがん保険に入る必要性は全くありません。

何度も言いますががん保険の金額を貯金してしっかりと備えておけば貯金でカバーが出来るので保険に入ってないからといって困るようなことはありません。

未来が読めないから介護保険もいらない

人生100年時代将来のリスクに備えて介護保険に入るのは今や必須だと思っていませんか?

しかし、介護で必要なのはどれだけのお金が必要であるかという考え方ではなくどれだけのお金をかけて介護をするかが大事です。

例えば本当に費用をかけず最小限に済ますなら年金と今までの貯金で補うことは可能です。さらに、自分の住む地域が介護に対してどれだけ支援してくれるのかサービスが充実しているのかで負担額が大きく変わります。

もっと言うとこれから先、労働力や生産性が大きく変わり介護情勢が変わる可能性があります。現在入っている介護の区分では医療の発達により支給の該当にならない場合があるかもしれません。そして、医療の発達により健康寿命が延びればそれだけ介護の期間が短くなり保険としての優位性がなくなることだってあるかもしれません。

そもそも、要介護認定を受ける可能性があるのは確率的に80歳以降です。仮に50歳から加入しても30年以上も先の事なんてわからないし、そんなに長い期間保険を積み立てるならまだ貯蓄性保険の方がマシだと思いませんか。

結局介護が必要になる期間なんてもの凄く先のことなんですから将来に備えて貯金をしておくことが結局のところ一番お得ということになります。

だから、介護保険は早いうちから長期間に渡って加入する必要はありません。長く払うなら貯金にまわしましょう。どうせ入るならある程度年がいってからにしましょう。

また、加入するにしても保険は絶対に掛け捨てが基本なので掛け捨て以外で入らないようにしましょう。

貯蓄性保険は本当にいらない

将来のための個人年金や子供の進学時のための学資保険、いわゆる貯蓄性預金も必ず必要だからと加入している人がいますがこれについてもいらないです。

個人年金でよくある話が35年間保険を継続すると積み立てた額の104%になって将来返ってくるという話です。一見すると将来に備える最高の保険であると思って多くの人が加入していますがこれは大きな間違いです。

まず、将来のお金の価値の変動について考えていません。100万円って例えば10年後も100万円の価値があるかと言えばそんなことありませんよね。例えば、昭和の時代の商品って今より安く買えたじゃないですか。あれは今とお金の価値が違うからなんです。よく昭和の値段を現在の価値に直すと100万円が1000万円という話がまさにそうなんです。

だから、今から積み立てて100万円の資金を作っても将来その100万円は10万円くらいの価値しかないかもしれません。そうなれば確実に損していますよね。そんな物価変動のリスクが貯蓄性保険にはあります。

そして、35年とか学資保険でも20年とかという長い期間を提示されます。簡単に言いますがそんな長い期間ほとんどの人間が解約せずに続けると思いますか?

答えはノーです。

35年の間に最後までしっかりとゴールまで辿りつけるのは大体3割程度なんです。7割は35年前に解約してしまいます。

考えてみれば当然ですよね。人生のイベントに計ったようにお金が増やせるなら誰も苦労しないし保険会社なんてなくなります。だから、最初から35年継続できるなんて販売員は思っていません。

そして、解約すると大体20年間くらいは元本割れするので本当に何をしていたのか全くわけがわからないことになります。

こんなにも長期間お金を継続して積み立てることが出来るなら確実に投資信託をドルコスト平均法で購入していった方が確実に大きなリターンを得ることが出来ます。

そもそも保険はもしもの時の病気などの備えるものです。貯蓄なんてそもそも関係ありません。だから、貯蓄性保険なんて入る必要はありません。

そんなお金余裕があるならまずはイデコに加入しましょう。

詳しくは以下の記事の節税の項目を見てください。

https://shiomakiai.com/%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%ba%ba%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e7%b0%a1%e5%8d%98%e8%b2%af%e9%87%91%e8%a1%93%e3%80%80fp%e3%81%8c%e6%95%99%e3%81%88%e3%81%be%e3%81%99/

外貨建て保険だけは絶対にダメ

結論から言うと外貨建て保険なんて絶対に入ってはいけません。良いことなんて一つもありません!入っていたら今日すぐに解約しましょう。元本割れが嫌だとか言っている場合ではありません。即刻止めてください。

外貨建て保険は金融庁も質の悪い商品で安易に買わないように注意を呼びかけるくらいなので本当にダメです。

しかし、売り文句として「日本の金利って安いですよね。日本でお金を貯金しても全くお金が増えません。しかし、外貨建て保険に加入すると保険の保障がありつつ外貨の利率が4%ぐらいの高いもので積み立てるので将来140%程度増えたお金が受け取れますよ」と言われて入ってしまったと思います。

これね、もう半分詐欺ですから話なんか聞かなくていいです。

なぜ詐欺か説明します。

まず、貯蓄性保険のときにも説明しましたが保険は貯蓄で使うものではないのでそもそも不適格。さらに、外貨建ての場合パンフレットに小さく説明があるんですけど保険会社の手数料がアホみたいに高いです。

アホみたいに高いということは支払った金額のうち積み立てに回るお金は少ないです。積み立てるお金が少ないということは長期間元本割れしてしまうということです。この部分の説明をしっかりとしないから詐欺まがいなんです。長期間なんてそもそも多くの人間はやれないのにやれる前提で話します。

しかし、外貨建ての場合20年以上やれば返戻率がもの凄いことになっていますよね。だから、お得だと思いますよね。これも詐欺であると思います。

返戻率はあくまで外貨ベースでの計算であり、わかると思いますが外貨なんて変動しますよね。つまり、為替次第で元本割れなんて普通に起こります。そして、また保険会社が取る為替手数料が高い。こんなの本当になんで売っているのかってレベルです。

なんで売るかといったらもちろん保険会社の取り分が多いからです。だから、絶対に一度は保険会社は外貨建てを勧めます。その方が利益率が良いからです。利益率が良いということは加入者にとって不利益ということです。

そのため、外貨建てで積み立てをするなら普通にFXをドルコスト平均法で積み立てた方が確実に積み立てた分まるまる運用できるのでマシです。

保険会社が「預金ではお金が増えない」なんて言った時点で帰ってもらいましょう。

まとめ

保険は基本的には入らなくて大丈夫です。保険に入るより貯金に回すことが最強の保険です。

そして、もしも入るなら絶対に保険は掛け捨てで入りましょう。元々保険は貯蓄性を求めてやるものではないので掛け捨てが基本です。

そして、何があっても外貨建て保険は本当にどうしようもないので入ってはいけません。

もしも、自分に一番合った保険はどれなんだろう。一切保険に入らないのも不安だし何かしらは入りたいという人はこの本を読めば自分に合って無駄なお金を払わなくて済む費用対効果を最大化させることが出来ます。

しっかりと保険を考えて最高の人生を送りましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社会人で友達が少ないことは悪いことではない!悩む必要が無い理由

実体験から学ぶ衰退する組織の特徴・原因

これからの人生の勝ち組の特徴は思考力と行動力があるかどうかだ!人と差を付ける方法

上司が無能で仕事をしないやる気が無い原因は年功序列にある

社会人で友達がいないと将来終わる理由

焦らなくても良い!就職活動・転職活動に疲れたと思ったら休んでも良い理由