なぜ仕事を教えてもらえない!?職場で放置される原因と対策

黒板に公式

仕事がわからないから教えてもらいたいのに何故か教えてもらえない。

イライラするし不安になりますよね。

なぜ仕事を教えてもらえず放置されてしまうのか。

自分が新人の時と先輩になった時の経験から教えてもらえない原因と対策を紹介します。

わからないことの聞き方が単純に悪い

質問をしているつもりでも相手からすると「こいつ何言ってんだ?」って思われると仕事を教えてもらえません。

仕事を教えてもらえないというより、的確な答えが返ってこないから仕事を教えてもらえないと感じてしまうのです。

誰でも何かしらの仕事をしているのでそれなりに忙しいです。

そんな時に何が言いたいのかよく分からない質問をぶつけてこられると、何て答えたらいいのか分からないので適当にあしらってしまうのです。

「よくわからんけど、とりあえずやってみてくれ」という答えしか返せません。

質問をしっかりとしたものにしないと適当な対応をされて仕事を教えてもらえないと落ち込んでしまうことになります。

よくある質問で「これってどうしたら良いですか?」というものがあります。

どうしたらとは具体的に何なのか何を求めているのかわからないので、とりあえずマニュアル通りとかありきたりの答えしか返せません。

それより「この問題のこういった部分で悩んでいるのですが、解決するための方法がありますか?」みたいに具体性を持って質問をすれば教えられない問題が解消されます。

教えられ待ちで受け身すぎる

仕事を教えてもらえない時ってわからないことがわからない状態だと思います。

何をしたらいいのか分からない時に、何の指示もなく怒る奴は最低のクソ野郎だと思って間違いないです。

ただ、仕事を教えてもらえない場合で多いのが教えてもらうのが当たり前といった態度で完全な受け身な状態です。

教えるのも上司や先輩の仕事ですが、「大丈夫?困っていることないかい?分からないことがあれば何でも言ってね」なんて常には言えないです。

次に何をしたらいいですかなんてやる気アピールなんてしなくていいですが、任された仕事で分からなければ即行で聞きましょう。

何でもとことん考えてからじゃないとダメだって思いがちですが、聞かれる側からすると悩んでいるよりとりあえず聞いて来いって思っています。

自分で考え抜いてから聞こうと思ったなんて態度を取っていると普通に置いていかれます。

次第に聞いてこないからいいやって言う仕事教えない構造が完成してしまうのです。

とりあえずちょっと考えて分からないなら聞く。

これを繰り返すだけで普通は仕事を教えてもらえます。

教えてもらったときの態度が悪い

しっかりと仕事を具体的な内容を提示して聞きに行っているのに教えてもらえない場合は聞く態度が悪いかもしれません。

態度が悪いだけで教えないというのもどうかと思いますが、態度が悪い人は教えてもらえない傾向にあります。

教えてもらっているのに「それはわかっているんで!」みたいな感じで逆切れされると相手も人間だから面白くないと思います。

また、ちょっといいですか?みたいな枕詞も無くいきなり相手のことをお構いなしにズケズケと質問するのも教えてもらえなくなるパターンです。

次第に快く思われなくなってくるので、聞きに行っても強い口調で教えられたりあからさまに嫌そうな態度で教えるようになります。

そんな態度が仕事を教えてもらえないって状況になってしまうのです。

聞きに来ているのは大変素晴らしいですが、相手も人間なので配慮した質問態度を取ればどんどん教えてもらえます。

えこひいきする最低な職場だから

自分は最初の職場では全く教えられませんでした。

その理由はえこひいきする最低な会社だったからです。

昭和にタイムスリップしたかの如く、女性と飲み会に付き合う人にだけ横について教えてそれ以外は完全放置。

自分で勉強しろスタイルの会社です。

態度も悪くなく、具体的に質問をしに行っているのに特定の相手にだけ異常なほど教えている会社ではどんなに頑張っても教えてもらえません。

相手の望むように行動しないと勝手に敵認定してくるので自分一人で頑張って勉強して覚えるしかないのです。

明らかに自分とか特定の人には教えないと感じたら転職した方が良いです。

鋼のメンタルがあれば自分一人で勉強して、失敗は絶対するので怒られて修正するを繰り返せば教えられなくても出来るようにはなります。

しかも、普通と違ってめちゃくちゃ成長します。

成長しますが、もの凄く辛い時間を過ごさないといけません。

それに成長してもえこひいきされて評価されません。

仕事を頑張ってきっちり自分なりに成果を出しているのに会社から思ったように評価されないことがあります。 なぜ結果を出しているのにしっかりと会...

教えてもらえないって行為が既に苦痛です。

それに加えて失敗したら必要以上に怒られる理不尽さと特定の相手だけは教えてもらえる不公平感で気持ちが押しつぶされそうになるのです。

そんな修行を積んで一体何になりたいのですか?空海ですか?

仕事をするだけならしっかりとした会社で教えてもらいながら成長した方が絶対に良いに決まっているのです。

だから、えこひいきする最低な会社だなって思ったら転職すべきです。

人間は全員で厳しい目に合うことは耐えられても、不平等には耐えられないのです。

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

在職中だと履歴書、職務経歴書、面接の練習とかめんどくさいです。

そんなめんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

また、会社の内情も教えてくれるのでしっかりと仕事が教えてくれる職場かどうか、成果重視か人間性重視かまでわかるのでミスマッチが減ります。

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

1つ目がリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

個人的な感想としては地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、えこひいきをしない会社選びも親身になって行ってくれます。

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

まとめ

仕事を教えてもらえないのは自分自身にある場合も当然あります。

聞き方が悪くないか、受け身じゃないか、態度が悪くないか考えましょう。

そのうえで、特定の人ばかり教えて理不尽な教えないなんて態度を取る職場からは精神衛生上良くないので転職しましょう。

えこひいきする会社は単純に最低です。到底仕事が出来る空間ではないです。

自分自身のキャリアはこれで良いのかしっかりと確かめて生きていきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンサルタントなんていらない!経営改善は社員の愚痴に本質あり

陰キャが解説!根暗な陰キャの就活必勝法 落ちる原因は頭が良いから

会社の将来が不安!先がないヤバい会社の特徴と対策

会社の仲良しごっこは気持ち悪い!馴れ合いが組織を崩壊させる理由

叱り方がわからない人、下手くそな人必見!効果的な叱り方を紹介

なぜ老害になるのか?原因と特徴を解説