上司が無能で仕事をしないやる気が無い原因は年功序列にある

上司が仕事をしない一切のやる気を見せず何の決断もしない姿を見てイライラすることはありませんか。

給料をたくさんもらっているのに何の仕事も決断も出来ない無能な上司はその上司が悪いと言うより年功序列によって生み出された怪物です。

なぜ年功序列が無能な上司を生むのか解説します。

能力が無くても偉くなる

上司は能力があり仕事が出来て頼れる存在だと勝手に思ってしまいますよね。

本来はそういった能力のある人間が上司になるべきなのですが、年功序列の下ではそんな理想の上司はほとんど存在しません。

大体が能力が無い決断力が無い感情論で生きているでっかい子供です。

なぜそんな人間が上司になっているかと言うと年功序列の下では年を取れば誰でも自動的に偉くなってしまうからなんです。

適当に会社にしがみついているだけで勝手に地位が高くなり偉くなるので実際に上司として有能かどうかなんて誰も気にしません。

そして、上司として無能だからと言って別に降格されたりすることはありません。

下手したらもっと上に上がっていく可能性すら残されています。

このように年功序列の元では勝手に偉くなってしまうので無能であっても立派に上司になってしまうので無能上司が量産されてしまうのです。

日本企業の賃金体系の基本である年功序列。廃止する会社も多くなってきましたが当然の結果です。 年功序列は会社にとって特に若手社員にとってデメ...

能力より社内スキルが重視される

年功序列で勝手に上司になるのであれば、上司になるために必要なのは是が非でも会社にしがみついていくことです。

普通なら上司になるために勉強したり資格を取得することで上司としての基礎が出来てくると思います。

出世のためにはスキルを伸ばすのが何よりも大事だと考えるはずです。

しかし、年功序列ではスキルなんかあっても別に出世しないし下手に上の人間に噛みついたり疎まれたりしたらイジメられる可能性があります。

そんな普遍的でご立派なスキルを身につけるより社内スキルを磨いて必死に媚びを売ったり人を蹴落としたりする方が絶対に効率が良いです。

年齢で勝手に出世していき上の人間が絶対の権力が持っているなら、上の人間に気に入られるように振る舞った方が自分が良い地位にありつけるというものですよね。

そんな状態で出世をして上司になれば必死に仕事をするでしょうか。

しませんよね。

普通に自分は耐え抜いた勝ち組だから安泰だと思うはずです。

そして、自分がやられたように下の人間にめんどくさい仕事を押し付けて自分は仕事をしたフリをしていればいいのです。

部下の太鼓持ちに気持ちよくしてもらうのが当たり前だと思っています。

だから、年功序列で社内スキルばかり高めた上司は無能だし仕事は熱心にしない最悪な上司になりやすくなるのです。

年功序列でやる気を出す必要はない

年功序列で勝手に出世して給料が増えていくならやる気を出す方がむしろおかしいですよね。

頑張っても頑張らなくても給料は変わらないし、別に下の人間に陰口言われるくらいで楽できるなら誰でもそうしますよね。

だから、年功序列上司は勉強しません。

上司としてマネジメントや新しい知識を習得しようとか世の中の動きに対してアンテナを張って頑張ろうなんてしません。

やったらやった分だけで損をする仕組みなんです。

部下が気に食わなければ適当に気分で怒ったりしてても上司として君臨できるのならば適切なマネジメントなんかしません。

特に最近では若い子に嫌われるのが怖いから叱らないで放置するような上司もいます。

昔前は怒ってばかりでどうしようもない上司というのが話題になっていましたが、最近は叱れない上司というものが増えてきたような気がします。自分は、怒っ...

叱って給料が上がるなら良いですが、叱れないで表面上良い上司を気取れるならそうしますよね。

そんな状況ではやる気を出すだけ無駄なんです。

適当にやり過ごすのが人生で最良の方法になってしまうのです。誰からも無責任で頼りないと悪口を言われるようになっていきます。

どこの職場にもいるのですが、人一倍給料をもらっておきながら責任感が無く無責任で頼りにならない上司。 本当に腹が立ちますよね。 そんな...

これにより、やる気も無く能力も無く無能な上司が順調に出来上がるのです。

減点方式で前例踏襲になる

特に変化が目まぐるしい現代においては常に会社も人間も変化していき対応しなければなりません。

新しいことに挑戦して失敗しても分析と修正を行うことが大事なはずです。

しかし、年功序列の下では新しいことはしません。

なぜなら、新しいことをしない方が得だからです。

新しいことをして成功しても褒められるだけで終わります。

しかし、失敗した場合は減給や解雇などがあるのでハイリスクノーリターン状態です。

評価が常に減点方式になってしまうのです。

減点方式の中では新しいことにチャレンジするより前例踏襲で事なかれ主義を採用した方が一番自分の利益になります。

何か問題があっても今まで通りとか、適当に誤魔化してなあなあで終わらそうとします。

これにより、無能で仕事をしないやる気が無い責任も負わないとんでもない怪物君が誕生してしまうのです。

まとめ

年功序列では誰が悪いとかではなくシステムのせいで責任感もやる気もない仕事をしない最低最悪な上司が出来上がります。

特に優等生タイプで学校の勉強が出来るタイプは年功序列制度の下ではほぼ確実にダメ上司になります。

上司・リーダーはいつだって優秀で頼りになる人間であってもらいたいです。 しかし、実際は上司は切ないくらい無能が多いです。 下っ端の時...

年功序列では意識しないとほとんどがダメ上司になってしまいます。自分もダメ上司にならないように意識して勉強することが大事です。

この本では忘れがちな上司としての心得を基礎から学べるので年功序列上司にムカついているなら尋常ではなく共感が出来ますよ。

年功序列で駄目な上司は個人の問題もありますがほとんどが年功序列というシステムの問題です。

年功序列の負の部分を改善しないといつまで経っても働きやすい職場が出来ません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚したら幸せだと勘違いしている人は離婚する

実家暮らしの社会人が結婚しない理由

結婚した方が良い女は顔で判断しない 顔の良さは減価償却だから

FPが教える!独身は男女ともに生命保険はいらない理由 必要な保険は?

社会人実家暮らしが最強な理由をFPが解説 一人暮らしとの比較

転職活動を諦めるのは悪くない 大事なのは人生の方向性の確認