会社では正直者がバカを見るから気を付けた方が良い理由と損をしない対処法

正直者は報われるとか誰かが見てくれて評価してもらえるとか言われていますが、会社では正直者がバカを見るようになっています。

正直者ほど会社で働く場合意識して注意した方が良いです。

 

正直者が損してしまう理由と対処法を紹介します。

会社は真面目ほど損をする

仕事は真面目にやるものだと強く認識していると絶対に損をします。

仕事は怒られない範囲で真面目にやっていればいいのです。

 

それを本気で仕事に取り組んでしまうと損をします。

馬鹿正直に働くことは弊害しかありません。

例えば自分が会社で働いている中で新しく顧客名簿を作成したのですが、今まで作成していなかったものを作成したのですから感謝されるはずです。

 

しかし、実際は感謝なんて一切されず

この情報を入れてくれないと困る。名簿管理は絶対に必要なものだから明確に管理していこう」

と今まで名簿すら作成しないで適当に仕事をしていた上司に怒られることになったのです。

 

良かれと思って馬鹿正直に仕事をして特に新しいことに挑戦していくと絶対に馬鹿を見ることになります。

誰もが本当は働きたくないので少しでもやる気を見せようものなら仕事を一生懸命押し付けてくるのです。

 

頼まれた仕事は残業してでもしっかりと終わらせようなんて馬鹿正直に考えるといくらでも仕事を頼んできます。

勝手にこの人に任せれば全て解決してくれると思われてなんでもかんでも任せます。

 

正直者だとそれを一生懸命にやってしまうので、キャパオーバーするまでそれが延々と繰り返され必ずどこかで限界が来て壊れてしまいます。

隙を見せたらすぐにでも楽をしよう、責任逃れをしていこうと考える人ばかりの中でバカ正直に仕事に取り組むと疲弊してしまいます。

 

今でも給料は年功序列がベースになっているので頑張ってもそれほど報われません。

適当に仕事を押し付けて生き残っている人の方が給料が圧倒的に高いです。

日本企業の賃金体系の基本である年功序列。廃止する会社も多くなってきましたが当然の結果です。 年功序列は会社にとって特に若手社員にとってデメ...

会社では正直者がバカを見て、給料も大して上がらず仕事とストレスだけが増えていくので損しかしないのです。

会社で正直は身を亡ぼす可能性がある

正直に生きることが大事なんて言いますが、会社で正直なことほど危険なものって無いと思います。

働いていればわかりますが、自分の頭で考えることが出来ない人ばかりです。

 

昔からやっているからこういうものだと考えて改善する意欲が無い人しかいません。

ここでバカ正直に不都合な部分について改善策を無策で提案しようものなら大反発をくらいイジメまがいのことをされるようになります。

 

皆のために良かれと思って提案したり改善しても、新しいことをしようとするだけで怒り狂う人が多いのです。

会社で楽に生きようと思ったら何もしない。これが正解です。

 

言われたことだけやって知らん顔している人が一番得をするのです。

正直者が一生懸命会社のために良くしようと頑張っても大抵は煙たがられて嫌な目に遭います。

会社は正直者がバカを見る仕組みになっているのです。

 

特に馬鹿な管理職がいたらそれだけで正直者が嫌な思いをする最悪なシステムが出来上がっているので終わりです。

一つだけ生き残るチェスの駒
年功序列で出世したり、中小企業で人数が少なすぎて仕方なく上に行ってしまった全く管理職に向いていない人がいる会社はヤバいです。 上司が終わっ...

正直者が損をしないための対処法

正直者は良いことなんてありません!嫌なことばかり損な役回りしかないのです。

正直者がバカを見ないための対処法を紹介します。

仕事を断る勇気を持つ

正直で真面目な人は仕事は一生懸命持てる力の限りを尽くしてしっかりやるもの、断ったりしたら失礼だし嫌われてしまうなんて考える傾向があります。

そんな善意に付け込んで仕事を任せてきて潰れてしまうのですからしっかりと断る勇気を持つことが大事です。

 

会社では仕事を断る人より何も言わずに従ってくれる人を軽んじてきます。

会社でも社会でもなんでもそうですが、意見も言わない=生殺与奪を握られているのと同じことです。

 

無理だったら無理、嫌だったら嫌だとしっかりと主張することが結果として会社内での信用と自分の身を守ることになります。

何も言わない人は便利なだけで深く信用されません。

 

便利な人が潰れても思い詰めてるなんて知らなかったぐらいで最後まで面倒なんて見ませんよ。

だから、嫌われたくないとか仕事だからと思い詰めずに無理なこととか苦しいことはしっかりと無理だと主張する。

嫌われても大丈夫だと思える勇気が必要なのです。

いつでも辞めれるようにしておく

仕事を押し付けられて素直に聞く人間は嫌われる勇気を持てばいいのですが、真面目な正直者でおかしいことはおかしいと言ってしまう人は一番苦労します。

結局会社の頭がおかしい方針についていけていないということなので、上手く折り合いをつけるのが大変だと思います。

 

対策としては見て見ぬふりをしておかしいことを見逃して会社にしがみつくのが一番正しい賢いと言われている選択です。

でも、正直者なのでバカを見るとわかっていても損な役回りで煙たがられると思います。

 

下手したら孤立してストレスばかりの職場になってしまいます。

なので、正直者ほどいつでも辞めれる準備だけはしておくべきです。

 

別に辞めなくても良いですが正直者は器用に生きれないのでどうしても会社に居られないことって出てくると思います。

そんな時、どうにもならないとストレスで潰れます。

 

だから、いつでも辞めれるという気持ちを持って自分らしく働くことが大事です。

転職で失敗しがちなのは自分の実力以上に年収をもらいたがることなので市場価値だけは常に把握しましょう。

また、副業で別口の収入があれば会社に居ずらくなって辞めてもいきなり路頭に迷うことはありません。

信念を持って生きたいなら転職する

何も考えず常にこれでいいのか?と考えながら生きるのは苦痛です。

しがみつくのが社会人として正しいと言われていても、そんなものは目先のことしか考えられないバカの発言だと自分は思います。

正直者がバカを見ているような会社に未来なんて無いし、しがみつくことしか考えない会社が良くなっていくはずないです。

 

変な人が更に増えて地獄になるだけです。

おかしい
おかしい会社には不思議と人間的におかしい人が集まるようになっています。 この会社、変じゃないか?と感じた違和感は基本的に正しく、変...

 

奴隷としてではなく人として働きたいなら転職をオススメします。

自分は転職してまともな会社に入れたので、仕事の本質とは関係ないくだらない悩みから解放されました。

正直者こそしっかりと輝ける場所が絶対にあります。

 

在職中でも転職活動は出来ますのでやらないよりやった方が人生に対して納得感が違いますよ!

 

転職活動をする前にまずは自分の本当の適正年収と向いている業種を知っておきましょう。

 

仕事は合う合わないが存在するので今一度自分がどんな仕事に向いているのか、職種は決まっていても性格的な強みは何か知っておきましょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

 

仕事の適性把握にはミイダスが有効です。

 

無料で自分の適正年収と自分に向いている職種を教えてくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

 

キャリアアドバイザーがいるような転職サイトは成功報酬で転職者の年収35%程度を会社から取っていきます。

つまり、キャリアアドバイザーが付くような転職サイトはお金がかかるので経営能力が無いブラック企業は登録も出来ず、そもそもが弾かれています。

 

また、求人票を見るだけで企業が求めている基準を知ることが出来るので自分がスキルアップする際にも役立ちます。

 

さらに、めんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

自分のキャリアの棚卸しも様々な事例をキャリアドバイザーとして見ていることから、手伝ってくれたり方向性を示してくれます。

時間がない中でも効率よく転職活動が可能になるのです。

 

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

 

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

 

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

 

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

 

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

 

1つ目がリクルートエージェントです。

 

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

 

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

 

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

 

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

 

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

 

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

 

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

 

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職するにあたってこの本を読んでおくと逃げの転職から攻めの転職、そして自分の将来を守ることにも繋がっていきます。

是非読んでみてください。

まとめ

正直にコツコツ努力する姿勢は生きるうえで大事です。

しかし、会社で正直者で働いてしまうと結果として一番損なことになって自分の人生がめちゃくちゃになってしまいます。

 

勇気を持って断ったり、辞められる気持ちを持ってストレスなく働くようにしましょう。

信念を持って人として生きたいなら転職が一番です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

一つだけ生き残るチェスの駒

管理職になってはいけない人の特徴8選!職場崩壊するヤバい会社

サウナ

コスパ最強!サウナを趣味したら生活に絶大な効果がある5つのこと

キャリアアドバイザーは使えない!?有効活用する方法を紹介

大人のアトピーは大人ニキビも出来やすい!アトピー持ちの自分が悪化させない改善方法...

女性部下の育て方とは

孤独で寂しい社会人の孤独死しないための解決策