会社では正直者がバカを見るから気を付けた方が良い理由と損をしない対処法

正直者は報われるとか誰かが見てくれて評価してもらえるとか言われていますが、会社では正直者がバカを見るようになっています。

正直者ほど会社で働く場合意識して注意した方が良いです。

正直者が損してしまう理由と対処法を紹介します。

会社は真面目ほど損をする

仕事は真面目にやるものだと強く認識していると絶対に損をします。

仕事は怒られない範囲で真面目にやっていればいいのです。

それを本気で仕事に取り組んでしまうと損をします。

馬鹿正直に働くことは弊害しかありません。

例えば自分が会社で働いている中で新しく顧客名簿を作成したのですが、今まで作成していなかったものを作成したのですから感謝されるはずです。

しかし、実際は感謝なんて一切されず「この情報を入れてくれないと困る。名簿管理は絶対に必要なものだから明確に管理していこう」と今まで名簿すら作成しないで適当に仕事をしていた上司に怒られることになったのです。

良かれと思って馬鹿正直に仕事をして特に新しいことに挑戦していくと絶対に馬鹿を見ることになります。

誰もが本当は働きたくないので少しでもやる気を見せようものなら仕事を一生懸命押し付けてくるのです。

頼まれた仕事は残業してでもしっかりと終わらせようなんて馬鹿正直に考えるといくらでも仕事を頼んできます。

勝手にこの人に任せれば全て解決してくれると思われてなんでもかんでも任せます。

正直者だとそれを一生懸命にやってしまうので、キャパオーバーするまでそれが延々と繰り返され必ずどこかで限界が来て壊れてしまいます。

隙を見せたらすぐにでも楽をしよう、責任逃れをしていこうと考える人ばかりの中でバカ正直に仕事に取り組むと疲弊してしまいます。

今でも給料は年功序列がベースになっているので頑張ってもそれほど報われません。

適当に仕事を押し付けて生き残っている人の方が給料が圧倒的に高いです。

日本企業の賃金体系の基本である年功序列。廃止する会社も多くなってきましたが当然の結果です。 年功序列は会社にとって特に若手社員にとってデメ...

会社では正直者がバカを見て、給料も大して上がらず仕事とストレスだけが増えていくので損しかしないのです。

会社で正直は身を亡ぼす可能性がある

正直に生きることが大事なんて言いますが、会社で正直なことほど危険なものって無いと思います。

働いていればわかりますが、自分の頭で考えることが出来ない人ばかりです。

昔からやっているからこういうものだと考えて改善する意欲が無い人しかいません。

ここでバカ正直に不都合な部分について改善策を無策で提案しようものなら大反発をくらいイジメまがいのことをされるようになります。

皆のために良かれと思って提案したり改善しても、新しいことをしようとするだけで怒り狂う人が多いのです。

会社で楽に生きようと思ったら何もしない。これが正解です。

言われたことだけやって知らん顔している人が一番得をするのです。

正直者が一生懸命会社のために良くしようと頑張っても大抵は煙たがられて嫌な目に遭います。

会社は正直者がバカを見る仕組みになっているのです。

正直者が損をしないための対処法

正直者は良いことなんてありません!嫌なことばかり損な役回りしかないのです。

正直者がバカを見ないための対処法を紹介します。

仕事を断る勇気を持つ

正直で真面目な人は仕事は一生懸命持てる力の限りを尽くしてしっかりやるもの、断ったりしたら失礼だし嫌われてしまうなんて考える傾向があります。

そんな善意に付け込んで仕事を任せてきて潰れてしまうのですからしっかりと断る勇気を持つことが大事です。

会社では仕事を断る人より何も言わずに従ってくれる人を軽んじてきます。

会社でも社会でもなんでもそうですが、意見も言わない=生殺与奪を握られているのと同じことです。

無理だったら無理、嫌だったら嫌だとしっかりと主張することが結果として会社内での信用と自分の身を守ることになります。

何も言わない人は便利なだけで深く信用されません。

便利な人が潰れても思い詰めてるなんて知らなかったぐらいで最後まで面倒なんて見ませんよ。

だから、嫌われたくないとか仕事だからと思い詰めずに無理なこととか苦しいことはしっかりと無理だと主張する。

嫌われても大丈夫だと思える勇気が必要なのです。

いつでも辞めれるようにしておく

仕事を押し付けられて素直に聞く人間は嫌われる勇気を持てばいいのですが、真面目な正直者でおかしいことはおかしいと言ってしまう人は一番苦労します。

結局会社の頭がおかしい方針についていけていないということなので、上手く折り合いをつけるのが大変だと思います。

対策としては見て見ぬふりをしておかしいことを見逃して会社にしがみつくのが一番正しい選択です。

でも、正直者なのでバカを見るとわかっていても損な役回りで煙たがられると思います。

下手したら孤立してストレスばかりの職場になってしまいます。

なので、正直者ほどいつでも辞めれる準備だけはしておくべきです。

別に辞めなくても良いですが正直者は器用に生きれないのでどうしても会社に居られないことって出てくると思います。

そんな時、どうにもならないとストレスで潰れます。

だから、いつでも辞めれるという気持ちを持って自分らしく働くことが大事です。

転職で失敗しがちなのは自分の実力以上に年収をもらいたがることなので市場価値だけは常に把握しましょう。

また、副業で別口の収入があれば会社に居ずらくなって辞めてもいきなり路頭に迷うことはありません。

まとめ

正直にコツコツ努力する姿勢は生きるうえで大事です。

しかし、会社で正直者で働いてしまうと結果として一番損なことになって自分の人生がめちゃくちゃになってしまいます。

勇気を持って断ったり、辞めれる気持ちを持ってストレスなく働くようにしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社の人間が嫌いなのは当たり前だから一切気にしなくてもいい

社会人で一番必要なスキルは強いメンタル

会社とは我慢業!サラリーマンを辞めたいは至極当然な理由

子供部屋おじさんは悪くない!メリットだらけの理由を説明

才能が全て!仕事が向いてないと悩んだ時の判断基準4つと対策

仕事のストレスは言えないことが原因