年功序列は若手と会社にデメリットしかないから廃止にすべき理由

日本企業の賃金体系の基本である年功序列。廃止する会社も多くなってきましたが当然の結果です。

年功序列は会社にとって特に若手社員にとってデメリットしかない古い制度です。

年功序列を廃止にすべき理由について説明していきます。

若手を安く働かせているだけ

年功序列って日本独自の成功した人事制度と言われていて実際かつては正しかったのは間違いないです。

しかし、それはいつまでも業績が上がり続ける拡大路線を前提とした話なんです。

若い時は安い賃金で働いてもらい、将来は高い賃金を保障することで安定と夢を見させることで会社から離れられないようにしていたのです。

それが不景気がいつまでも続いている現代だと将来的に会社がいつまであるか分からないので安定性も将来の高い賃金も保障されません。

ただ単に若手を安い賃金でこき使ってその分浮いた利益を年寄りに寄せているだけなのです。

現代にとって年功序列は将来を保証しないけどとりあえず若手は安い賃金で働かせて誤魔化して運営しているにすぎません。

そして、浮いた利益は誰に還元するかと言えば年寄りです。または、会社に貯めこみます。

年功序列は若手を正当に評価せず安い賃金でこき使っているだけの現代となっては非常に劣悪な制度なのです。

働かないおじさんおばさんが誕生する

何にもしないで給料が貰えてしかも上がっていくなんて最高の制度ですが、実際に上の人間は真剣に働くのでしょうか。

絶対に働きませんよね。

だって、何もしなくても昇給していくなら下手に挑戦して失敗して責められるより適当に何もしない道を誰だって選びますよね。

そして、真剣に働かなくても給料が貰えるなら責任のある仕事などは極力避けたくなります。

また、メンドクサイ仕事は若手に押し付けて、成長のためという適当な理由で働かせた方が自分にとって楽なのです。

だから、年功序列を続ける会社では確実に働かないおじさんとおばさんが発生するようになります。

一番人件費を貰っている人間が一番働かなくなるので会社としても損失以外の何物でもありません。

働いて利益を生み出さなければいけない人間が一番働かないという問題が発生するので年功序列は最悪なのです。

もっと、悪くなると働かないくせに若手が新しいことをやろうとすると文句を付けたり不機嫌に喚き散らしたりする老害になるので終わっています。

どこの組織にもいる組織を衰退させる原因である老害。老害に絡まれると本当に嫌ですよね。 そんな嫌われる老害の特徴と嫌われる老害になってしまわ...

意見が出ない会社になる

今までのやり方を踏襲していれば勝手に上手くいくような時代ではなくなってきています。

そういった意味できっちりと意見を出して色々検討しながら組織を新しくしていく必要性があります。

と言うより、意見が活発に出ない会社は基本的に終わっています。確実に衰退していきます。

自分の勤めている会社は認めたくないのですが10年以内に潰れる衰退した会社です。 会社が衰退するまでにどのような特徴・原因があり手遅れになっ...

意見が出ない環境に年功序列はしてしまう悪い機能が備わっています。

なぜなら、年を取っている人間がとりあえず偉いからです。

実力があるとかこの分野ではこの人が詳しいとはそんなものは年功序列では存在しません。

年齢が一番上の人間が一番経験を積んでいて見識があって決定権があるとみなされます。

こうなると、組織として論理的に将来像を考えて指針を示すことはまず不可能です。

そして、若手が意見を言おうものなら経験を積めばわかるとか今までのやり方の伝統があるなど意味不明な感情論で抑え込んでしまうのです。

すると、どうせ何を言っても変わらないと諦めて何もしなくなります。

これで意見の出ない終わった組織の完成です。

組織には生意気な人間が働けるような環境が絶対に必要です。

それを年功序列では環境を作れず結果として自分たちの首を締めて崩壊に向かうのです。

技術の発展や社会常識の変化により従来のやり方では上手くいかないことが増えましたよね。 そのため会社も時代に合わせて変わっていかなければなり...

モチベーションが低い会社になる

何も言っても変わらない、上の人間は働かない、若手は給料が低いとくれば、これで希望に満ち溢れて働こうなんて人間はいませんよね。

年功序列では絶対にモチベーションが低いイキイキしていない会社になります。

若手はモチベーションが低い、上の人間は年功序列で働かなくても金が貰えるからモチベーションなんて存在していない。

誰もかれもがストレスを感じながら愚痴を言いながらも、絶対に自ら進んで何もしない空気が悪い組織になります。

モチベーションが低い組織では新しいことなんて絶対に起きません。

だたひたすら、皆が自分は不幸な顔して毎日をなんとなく過ごすようになっていくので組織としての活性化が進まず終わります。

優秀な人が辞める会社になる

会社はどんなに綺麗ごとを言おうと大体一部の優秀な人間が支えてくれるおかげで成り立っています。

優秀な人間は優秀なのでそれなりの評価と報酬を要求します。

それなのに、年功序列では優秀かどうかではなくとりあえず年が上かどうかで決まります。

それでいて、給料も少ない意見も取り上げてもらえない。

そんな会社に優秀な人がいつまでもいると思いますか。いませんよね。

だから、年功序列で停滞した会社からは優秀な若手がどんどん辞めていきます。

優秀な若手が辞めていくとしばらくして転職できる優秀な中堅世代も辞めていきます。

そうなると残るのは現状にしがみつくことしか出来ない中堅の働かないおじさんとおばさん。

そして、新しいことをやろうともしない媚びだけ売っていれば良いと思いこんでいる優秀でない若手になります。

優秀でない人間が残り優秀でない奴らに毎年払う給料が多くなっていくのですからこれで潰れない理由が無いですよね。

年功序列を貫く会社はいずれ潰れてしまうのです。

昔と違い現代は企業が平気で潰れるような時代になりました。 しかも、中小企業だけでなく有名企業・大企業ですら潰れるような安定感の無い時代にな...

まとめ

年功序列は若手にとっても企業にとってもデメリットしかないです。優秀な人間が残らず働かない人間に高い賃金を払うシステムになってしまうのです。

若手はただこき使われるだけで本当に悲惨です。若手の辞める原因は年功序列にあります。

年功序列がある会社はすぐに廃止して現代に合った優秀な人間が輝ける制度に変えていくべきです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職した方がいい会社の特徴!見極めるポイントを紹介

新入社員がメンタル不調にならないよう気を付けるべきこと!会社に変な期待はするな

20代初めての転職で失敗しないか不安な人必見!内定を得るまでの手順を紹介

飲み会が多い会社は危険!風通しが良いとは嘘

無駄な会議が多い会社の特徴!会議が多い会社が駄目な理由

女性が多い職場は疲れる?気を付けるべきことと特徴を実体験から解説