従業員を大切にしない会社に未来は無い!辞めた方が良い理由

従業員をモノ扱いして全く大事にしない会社。

世の中こんなものかなんて思わないでください!

従業員を大切にしない会社からはすぐに辞めた方が良いです。

従業員を大切にしない会社には未来が無いしメリットなんてありません。

人を大事にしない会社の問題点を紹介します。

結局会社は人が全て

会社において重要なのは機械や金でもありません。

一番大事なのはやっぱり人なのです。

機械があってもそれを使う従業員がいなければ何にもなりません。

また、金だけあっても人が誰も来ないならただ貯金があるだけになります。

そもそも従業員が本当に使えなくていらないなら、初から人なんて雇わずに一人でやっていれば良いだけの話です。

それをわざわざ従業員を雇ってまでやりたいことがある以上、従業員に気持ちよく働いて頑張ってもらう他ないのです。

会社は人によって成長も衰退もします。

会社を作るのは従業員一人一人の能力、個性によって決まるのです。

この従業員を蔑ろにしてイジメているようなトップの会社では従業員が一生懸命働こうなんて考えるはずがありません。

会社を支える土台を壊しているのですから、未来なんてありません。

従業員を大切にしない会社には有能は来ないし来ても辞める

従業員を大切にしない会社がダメになるのは優秀な人材が来ないからです。

優秀な人材がわざわざ劣悪な環境で喜々として働くかと言えばそんなことありません。

低賃金や労働環境が悪いところにはそもそも優秀な人材が来ないのです。

仮に来たとしても、馬鹿らしいことをしている会社に愛想を尽かして辞めていきます。

優秀な人材はいくらでも次が決まります。

優秀な人材が会社に残らず、変な人間ばかりの会社が発展することは無いです。

なので、従業員を大切にしない会社には未来が無いのです。

目先の利益しか見えていないから将来性が無い

従業員を大切にしない、例えば賃金を安くすれば当然利益は出ます。

ノルマを課して無理矢理働かせればこれも一時的には利益が出ます。

従業員を大切にしないということは目先の利益しか見えていないのです。

何度も言いますが、会社とは人です。

その土台を目先の利益のためにぶっ壊していて良いはずがないのです。

目先の利益ばかりを一生懸命に追いかけている会社に未来があるようにも思えません。

また、社長さえ良ければいい、自分さえ良ければ良い理論では大凡会社としては成り立っていないと言えます。

ブラック企業は意外にしぶといのでなかなか潰れないですが、いつかは潰れます。

駄目だと言われ続けたソ連ですら何十年も持ったのです。

しかし、ソ連も崩壊するときは急に前触れもなく終わりました。

会社も急に前触れもなく終わります。

そんなところに身を置くこと自体が将来性がないです。

自尊心が傷ついて人生を台無しにする

従業員を大切にしない会社では働く人の自尊心は傷つけられています。

意味もなく怒られたり、奴隷の如く働かされたり、頑張っても利益は全て社長一族に吸い取られたりして嫌なことばかり体験することになります。

自分の尊厳を傷つけられて生きることは人生を台無しにしてしまいます。

自分はこの程度の存在なのかと常に鬱屈とした気持ちで働くことはプライベートもつまらないものになります。

従業員を大切にしないって簡単に起こり得ますが、冷静に考えて人対人の人間関係で無礼なことをされている状態です。

会社も自分の人生に対しても将来性が無いので辞めた方が良いのです。

従業員を大切にしない会社は絶対に転職すべき

従業員を大切にしない会社という時点で将来性が無いです。

優秀な人材が来ない、来ても辞めていなくなるので発展性が無い。

従業員のモチベーションが低いので会社を成長させ切ることがイマイチできない。

目先の利益にこだわって役員報酬ばかり上げようと躍起になっている経営センスの無さ。

そして、自分の人生が未来も無い会社によって閉ざされていく絶望があります。

正直に言って、居ても良いことなんて全くないです。

むしろ、うつ病と倒産のリスクに怯えて暮らすことになります。

従業員を大切にしない会社からは転職することをオススメします。

しかし、いきなり転職といっても不安だと思いますが、転職活動だけはした方が良いです。

転職活動だけなら在職中でも出来るし、モヤモヤするより色々な会社を見て総合的に人生を考えるって大事です。

転職活動をする前にまずは自分の本当の適性年収と向いている業種を知っておきましょう。

自分を客観視してから行動するほうが成功率が上がります。

ストレスばかり溜まる会社の原因は自分の個性と合っていない可能性があります。

適性年収の把握にはミイダスが有効です。

無料で自分の適性年収を出してくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

在職中だと履歴書、職務経歴書、面接の練習とかめんどくさいです。

そんなめんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

効率よく転職活動が出来ます。

また、会社の内情も教えてくれるので自分に合いそうな会社に転職できる確率が上がります!

自分に合った社風の会社に転職しましょう。

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

1つ目がリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職を無理にしなくても自分の人生って今までのままで本当に良いのかなって一度立ち止まって考えることは大事です。

まとめ

従業員を大切にしない会社で良い会社なんて見たことがありません。

人材は宝です。

将来性が無い会社に使い潰されるより早めに逃げましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネオン掲示板

残業をしない人は嫌われる!?職場で嫌われて一生報われない理由

20代資格なしの転職は厳しい!?余裕で成功させる転職活動の仕方を教えます

期限を守れない人は仕事で信頼を失っている

10代でやっておくべきことを20代男が後悔が無いように紹介

女性が多い職場は疲れる?気を付けるべきことと特徴を実体験から解説

キャリアアドバイザーは使えない!?有効活用する方法を紹介