手遅れになるから赤字会社で働くな!赤字会社から転職すべき理由

現代は不景気なので実際に自分が働いている会社が赤字の場合があるかもしれません。

赤字だからと言ってすぐに潰れることは少ないですが絶対に赤字会社では働くべきではありません。手遅れになります。

赤字会社からはなぜ一刻も早く転職した方が良いのか解説します。

組織は上から腐る

組織が崩壊するときは古今東西必ず上から腐っていきます。

下の人間がだらしないとか使えないといった理由で崩壊することはまずありません。

下の人間が使えなくてもせいぜいストレスが溜まるぐらいで組織として決定的な打撃を被ることなんてありません。

仮にあったとしても正当な理由でクビに出来るからなんとかなります。

それに対して、上の人間が全くどうしようもないと本当に終わりです。

ストレスが溜まるのはもちろんですが、クビにならず居座り続けるので継続的に損失を出し続けます。

赤字企業は従業員にも問題がありますが、従業員の問題は確実に上の人間の怠慢から生じています。

無責任で他力本願な全く持って頼りない上司が多いのが赤字企業の特徴です。

どこの職場にもいるのですが、人一倍給料をもらっておきながら責任感が無く無責任で頼りにならない上司。 本当に腹が立ちますよね。 そんな...

赤字企業は絶対に上の人間が終わっている率が高いです。

そして、上の人間だけは基本的に変わらないので全く希望が持てません。

そのため、赤字企業では上の人間が腐っているので変な希望を持たず早めに辞めてしまうのが良いのです。

駄目な社員がしがみつく

赤字企業では優秀な人間ほど見切りを付けて辞めていきます。

それはもう面白いくらいに辞めていきます。

そうなると、残る人間は必然と優秀でない人間になります。

残るのは転職できない今の会社にしがみつくことしか出来ないような人間しか残らなくなります。

仕事はどんな綺麗ごとを言っても大体優秀な人間で持っているようなところがあるので優秀な人間がいなくなると業務が滞ります。

今まで3人でやっていた仕事を5人でやらなければならないことが平気で起こります。

そうなると忙しくなって残業が多くなります。

しかし、赤字であるので人を積極的に雇える環境ではないので雇いません。

そのため、仕事は忙しくなるが給料はろくに増えないで人員も補充されない地獄みたいな状況になります。

残っている人間が会社にしがみつきたいと考えている人間しかいないので業務改善や効率化なんて考えは全くありません。

今のままなんとか続いてくれれば御の字くらいにしか考えません。

駄目な社員ばかり残ってしがみついて優秀な人間はいない。いても辞めてしまうような環境でありいつまで経っても仕事は楽にならないのが赤字企業です。

何一つ良いことが無いので早めに辞めるべきです。

年功序列が赤字の原因

赤字企業の多くは年功序列をいまだに盲信して採用しています。

今の時代年功序列は全く通用なんてしないのです。

全員が不幸になるだけです。

特に若手の労働力を搾取しているだけなので現代社会の闇です。

安い賃金で雑用を押し付けて年長者が偉いという風潮があるので意見を言ってもまともに取り合ってもらえません。

意欲のある若手ほど辞めていってしまいます。

日本企業の賃金体系の基本である年功序列。廃止する会社も多くなってきましたが当然の結果です。 年功序列は会社にとって特に若手社員にとってデメ...

年功序列はどんなに仕事が出来なくてもしがみついていれば給料が上がる仕組みになっています。

そのため、赤字会社では若手は年功序列と赤字体質の企業に絶望して辞めているのに転職することが出来ない年功序列だけでのさばっている40代以上の社員が多いのが特徴です。

この40代以上の世代は年功序列の考えがどっぷり染みついているので新しいことにも挑戦しないし勉強もしない、それなのに給料だけは一人前以上に貰うので企業の財政状況を圧迫させることになります。

赤字企業で年功序列を採用している場合40代以上に人生を搾取されるので本当に早く辞めるべきです。

赤字でも変わろうとしない

赤字企業は赤字だからと本気を出して変わろうと頑張るかと言えばほとんど場合何一つ頑張りません。

口では色々言うのですが大体は誰も責任を負いたくない挑戦したくない病にかかって社内評論家みたいなやつらばかりが増えます。

赤字企業は口先ばかりで何一つ変わろうとしません。

大体が諦めて生きているような社員ばかりなのでモチベーションは低いです。

そして、年功序列を採用しているために変わろうという提案に対して40代以上の社員が絶対に難色を示します。

会社には新しいことをやろうとする生意気な人間さえも働けるような環境を作っておかないといけないのです。それが赤字企業には絶対に無いです。

技術の発展や社会常識の変化により従来のやり方では上手くいかないことが増えましたよね。 そのため会社も時代に合わせて変わっていかなければなり...

だから、赤字企業が立て直すことなんてまずあり得ません。それは景気が悪いからという外部要因ではなく確実に内部要因が会社を蝕んでいるからです。

赤字になっている時点でそのうち潰れるので転職してしまう方が絶対に良いのです。

赤字企業はしぶとい

赤字企業だからとすぐに潰れないのが一番厄介なのです。

出来て間もない会社だと赤字になっただけで潰れる可能性がありますが、20年以上続いた会社は基本的に黒字の時に蓄えたお金があります。

例えば、給料が300万あって使いすぎて400万使ったことで100万の赤字になっても貯金が1000万あれば全く焦るようなことはありませんよね。

これと同じことが赤字企業でもあります。

500万の赤字を出してもお金が6000万あるから企業は単年度だけの赤字では潰れないのです。

これを見て赤字でもしばらく安泰なのかと思ってはいけません。しばらく大丈夫だから怖いのです。

この会社では500万の赤字を12年出して初めてお金が無くなり崩壊します。立て直せるなら良いですが、上記でも説明した通り赤字企業は変わりません。だから、変わらず赤字を出すでしょう。

赤字を出し始めたのがあなたが25歳の時だとして潰れるときには37歳になります。

実際には給料を下げたりしてもっと粘るのでそれ以上の期間をしぶとく生きます。

そうなると会社に残っても潰れた時に転職できにくい年齢になってしまうのです。どうにもならなくなってしまいます。

そのため、赤字でも大丈夫だからと安心せずに少しでも早く転職してしまうべきなのです。

赤字企業からは転職しよう

赤字企業は良いことなんかありません。

無駄にあなたの人生を浪費させるだけで残っても最悪の結果を招くことになります。

赤字企業からは転職すべきなのです。

転職するときはまずこの本を読んで自分のキャリアと今後の方向性をしっかりと決めていきましょう。

また、転職するなら転職エージェントを活用して面接や職務経歴書の添削やフィードバックを受けて効率よく転職することをオススメします。

最初に登録しておいた方が良いサイトは業界最大手のリクルートエージェントです。

求人数も多く大手の求人も沢山あるので気に入るような企業が絶対にあります。

ただ転職エージェントは一つだけよりいくつか登録しておくことをオススメします。なぜなら、キャリアアドバイザーとの相性が合わず転職が上手くいかないことが平気であるからです。

そのため複数登録をオススメします。リクルートエージェントの代わりとしてはDODAとパソナキャリアがオススメです。


リクルートほどではないですがどちらも求人数が多く求人検索もしやすいです。リクルートよりキャリアアドバイザーの担当が件数が少ないからこそ親身になってくれるように思うので二人三脚でやっていきたい人にはオススメです。

とにかく赤字会社は未来が無いので転職を視野に入れて活動していきましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャリアアドバイザーは使えない!?有効活用する方法を紹介

サラリーマンで仕事が出来るとは部下を育てられること

新入社員必見!うつ病にならずに仕事を続けられる処世術を紹介

仕事で正当に評価されない原因は何?辞める前に評価される人との違いを知ろう

絶対安定な会社なんて無い!大事なのは普遍的なスキルが学べる会社を選ぶこと

陰キャが解説!根暗な陰キャの就活必勝法 落ちる原因は頭が良いから