結婚した方が良い女は顔で判断しない 顔の良さは減価償却だから

男って単純だから女を顔で重点的に判断してしまいますよね。

しかし、それでは人生損することになります。ありきたりな表現になってしまいますが人は顔ではありません。性格が大事です。

なぜ顔で判断するのが危険であるのか良い女とかどういったものであるのか考えたいと思います。

顔は資産であり減価償却される

自分は顔の良さは天からの賜りものであり資産の一つであると認識しています。そして資産というものは必ず摩耗して減っていきます。これは減価償却であると言えます。

減価償却とは「長期間にわたって使用される固定資産の取得(設備投資)に要した支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分する手続き。そして、資産価値が1円になるまで毎年費用配分を行うこと。」です。

美人の顔は資産価値が若いうちはスリランカが買えるほど莫大な価値があると言えるでしょう。しかし、誰しも年をとれば皺やシミが出来て醜くなります。これは生物の宿命ですからどうしようもありません。

そう考えると毎年毎年美しさが失われて最後顔が消えることはないのでシワシワなおばあちゃんになれば顔の価値は誰しもが1円になると言えるのではないでしょうか。美人もそうでない子もみな等しく最後はシワシワの1円になるのです。

このような世の中の無情な現実から即して考えると顔は必ず摩耗して減っていく資産であり減価償却されるものであると言えるのではないでしょうか。

もっと言えば顔だけで判断するということはこれから年々下がっていく株を喜々として購入するようなものです。冷静に考えればそんな人間を見たら引きますよね。

しかし、こと恋愛においては男はついつい顔で選んでしまいます。顔で選ばないという男でも9割は顔で選んでいると思います。

それがいかに愚かで無価値なものであるか減価償却の考えからしっかりと骨身に染み込ませないと1円の女を掴むことになってしまいます。嫌ですよね。

どうせなら上がる株が欲しいですよね。そこで価値が年を経るごとに上昇していく良い女の条件を考えていきたいと思います。

良い女の条件

地頭が良い

顔で見ないなら重視すべきは頭。これしかないですよね。ただし勉強が出来る子ではなく地頭が良い女を見つけなければなりません。

勉強が出来る子が頭が良いとは限りません。学校の勉強が出来ても実際に会社で働いたとき全く役に立たないただの数合わせ程度にしか思われない人間は地頭が悪いです。社会に出て働いて活躍できる人間が頭が良い人間です。

具体的に言えば物事を整理して考えられて優先順位がつけられる。自分で問題点を見つけることが出来て行動することが出来る人間が地頭が良いと言えます。

このような女と付き合うことが出来れば確実に自分の知らない世界を見ることが出来ますしそれが自分にとって絶対にプラスになります。また、そのような女はほとんど家事などもテキパキこなせます。

勉強だけできる子と結婚なんてしてしまったら悲惨ですよ。絶対に勉強至上主義で教育ママになります。教育ママは正直頭良くないですよ。勉強以外のことで学べる重要さを理解している人でないと確実に子供がニートになります。

母性本能が強い

やはり母性本能、優しさに溢れている人でないと話になりません。人への思いやりがあり常に暖かく支えあっていける関係でなくてはいけません。頭がいいだけで思いやりにかけていたらただの嫌な奴になるので人としての思いやりを持てる人間であるかは見過ごしてはならない部分でしょう。

一人の時間を楽しめる

一人の時間を楽しめる人間でなくては二人でいる時間も楽しめることが出来ません。言い換えれば自立している女が最高ということです。

恋人関係になるといつまでもベタベタいることが良しとされますが本当にそうでしょうか。恋人である前に一人の人生を歩む独立した人間であるはずです。ベタベタしているだけなのは野生の猿と変わりません。

お互い違う経験をして違う視点を持って違う考え方を持ちそれを尊重しあえるからこそよりいい関係になるはずです。

ずっと一緒にいれば同じ考えを持つようになるので最初はいいのですが次第に同じ考えしか出てこないパートナーに尊敬が無くなります。尊敬が無くなれば愛が無くなります。

そのため一人の時間を楽しめて色々な経験をしている女と付き合えれば自分も独立した一人の人間として生きる喜びが得られるのです。

逆境に強い人

恋人で責任が無くヘラヘラしていられるうちは顔だけで全く問題が無いのですが結婚まで考えたらそうはいきませんよね。

結婚なんて考えるだけで面倒ですよね。役所への手続き、出産、子育て、家のローン、相手の両親との関係など想像するだけで恐ろしいですね。

絶対に平坦な人生なんか歩めません。台風の中を裸で出かけるようなものです。

そんな困難で状況で男に頼り切ったりすぐに諦める人では苛立ちがバベルの塔まで積みあがりますよね。

そこで逆境に強く一緒にいてなんとかなりそうだと思える相手というのは非常に貴重で重要なのではないでしょうか。

諦めるより行動して改善していくことを諦めないそんな逆境に強い女は魅力的ですよね。

しっかり叱れる人

最近は怒らない教育なんて流行っていますけど間違ってますよね。確かに理不尽に怒ったり委縮するくらい怒鳴るのは間違いだと思いますが愛があるからこそ悪い所は悪いで叱らないといけません。叱るということはしっかりと責任を持つことだと自分は思っています。

近所でも子供から目を離して世間話に前のめりになっている母親がいますが子供がバイクに飛び出していこうが無視。遅れて気付いた後の一言が子供を叱る言葉ではなく「バイクの人に怒られちゃう駄目だよ」です。責任放棄としかいいようがありません。

そのため叱りということは責任を持つことであり愛であると思います。だからしっかりと嫌われるかもしれないというリスクをとって叱れる人は貴重であり逃してはならない女ですよね。

向上心がある人

時代はいつだって変わりますし変われば価値観だって善悪だって変わります。その事に気付いて常に価値観をアップデートさせることが出来る向上心のある女は大事です。

結婚したら日々の生活は常にトライ&エラーの連続です。常に向上心をもって工夫を一緒にしていける女でないと虚ろな目で待ち日を過ごすことになるので向上心を持って取り組める女を見つけたら逃してはなりません。

信念がある

目まぐるしく世の中が変わっていく中で当然変えていける部分は変えなくてはなりません。しかし、自分自身の確固たる指針である信念が無い人間はあっちにいったりこっちにいったりと流れに流されるだけの根無し草になってしまいます。

そんな根無し草と一緒にいても流行に意味もなく付き合わされて疲弊するだけになってしまいますし基礎が無いと成長がありません。基礎が無い所に家を建てても崩れます。人間も一緒です。

そのため信念があり人生の指針をしっかりと持っている女であるかよく確認する必要があります。

太ってない人

病気などでどうしようもない場合は別ですが健康体で太っている女はよくありません。自分は肥満は怠慢であると常日頃から思っています。

自分自身を見つめなおして摂生に努めれば男から見て太っている状態になるはずがありません。太るということはかなり自分に甘く手を抜いていることだと思います。

可愛いと思う人がいるかもしれませんが絶対に堕落した部分でにっちもさっちもいかなくなるので注意が必要です。

そのため太っていな人は必要最低限の意識を持って取り組んでいると言えるでしょう。

安心できる人

やはり一緒に過ごしていくわけですから刺激がいつまでもあるような荒ぶるような人では始めのうちは良いかもしれませんが絶対に別れることになります。

男って女の前ではアホみたいに格好つけるアホなんですが付き合った後ほとんどの男がネコ化現象とでも言えばいいのでしょうか、絶対に甘えん坊になります。

絶対に甘えん坊になるのであるならば安心できる人でなければ甘えられません。男って意外に弱いので甘えられない=生き地獄であることを意味します。

そのため安心して甘えられる女は良い女です。

まとめ

以上の様に女を顔をメインで判断することは下がっていく株に対して全力投資するようなものなのでアホ丸出しです。毎年減っていく資産と割り切り短期的なものであるとしっかりと判断する必要があります。

顔ではなく性格なんて言う男がほとんどですが絶対に無意識のうちに顔で選んでます。より意識しましょう顔は下がっていく資産であり無価値なものであると。

そして良い女を見つけて付き合えば顔だけの女と付き合うよりよっぽど幸せで良い人生を歩むことが出来ます。

以下の本では男女の思考・性格の差をユーモラスに表現しており結婚前により深く相手のことを理解するためのバイブルであると思います。

是非良い女と素晴らしい人生を送ってほしいと願います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

髭が濃い男性必見!!濃い自分がオススメするシェーバー4選

真面目で誠実な男はモテないという圧倒的事実

婚活は20代がオススメ!30代でいい人は少ない!男も女も30代での婚活がヤバい理...

モテる男とモテない男は結婚しない

実体験から学ぶ衰退する組織の特徴・原因

社会人で友達がいないと将来終わる理由