職場の人間関係が最悪で辞めたい!我慢と転職どっちが良いかの違いを説明

人が会社を辞める原因はなんだかで人間関係です。

ただ、人間関係を理由に辞めない方が良いとか辞めた方が良いなど真逆の情報が行き交っています。

 

職場の人間関係が最悪で辞めたいと思ったとき、我慢した方が良い場合と転職した方が良いについて状況ごとに説明します。

人間関係のストレスは人生に影響するので大事です。

職場の人間関係が最悪で辞めても良い場合

人間関係で辞めるのは甘えと言われがちですが、生きていくうえでストレスなのは常に人間関係です。

ストレスは心身に本当に影響を及ぼすので危ない場合は躊躇わずに辞めるべきです。

本当に辞めるべき最悪な状況は5つです。

社風、意識が自分と合っていない会社

働くうえで給料はもちろん大事です。

ただ、人って面白いもので入社するときは条件面で選んで入社しますが辞める時は人間関係が理由で辞めます。

人間関係とはほとんどがその会社の価値観、社風によって難易度が変わってきます。

なんとなく自分はこの会社に合っていない。 辛いけど辞めてしまうのは甘えだと思っていませんか? 長く働くうえで大事なのは給料よりも社風...

 

社風は人間が作るのでクズが集まってクズが有能を追い出して残れば、クズが評価されるような価値観の中で働くことになります。

価値観が合わないと自分では良いと思ったことを否定されて理解不能な状態になります。

ただただ苦しいだけなのです。

 

会社に染まって諦めて生きるなら良いですが、それをせず自分なりの価値観を大事にしたいならそこに留まる理由はありません。

自分のレベル価値観に合った職場で働くことが幸せに繋がります。

なので、価値観が合わないと会社を変えないとどうにもならないのでその場合は辞めるしかないのです。

机に向かって作業する男
どうしてこんなにも自分の会社は頭のおかしいクズばかりが存在しているのか。 そして、そのクズが多いゆえにレベルが低すぎてこれから先大丈夫かな...

人間性が最低な人たちの方が多い

品性は金では買えないとよく言ったもので、人間性が終わっている人たちはこれから先も一生クズのままです。

で、何故人間性が終わっている人ばかりが集まる会社になるかと言えば会社もまた終わっているからです。

 

いい会社にはいい人が、駄目な会社には駄目な人が集まるのです。

そうなってしまう原因は社長と管理職のせいです。

管理職に向いていない人が管理職になるとまさに地獄であり、まともな人ほど嫌な思いをしていなくなります。

一つだけ生き残るチェスの駒
年功序列で出世したり、中小企業で人数が少なすぎて仕方なく上に行ってしまった全く管理職に向いていない人がいる会社はヤバいです。 上司が終わっ...

 

人間性が終わっている人たちは一生変わることなく最低なので、無駄に悩むより転職した方が確実です。

努力もせず悪口ばかり言って常に被害者意識で無能ゆえに人の行動ばかり見ているような最低な人間ばかりの会社はろくでもないです。

人は環境によって良くも悪くもなります。

 

努力もせず人を蹴落とすようなことしか考えていないような人たちとは働かない方が良いので転職すべきです。

各種ハラスメント等、いじめが存在している

今では各種コンプライアンスが整備されており改善されてきていますが、古い体質の会社だと今でも平気で各種ハラスメントがあります。

ハラスメントに関しては10年くらい前まではどこでも平気であったのでこれを理由に辞めても同じなんてことはありました。

 

しかし、今ではハラスメントが無い会社の方が多いし、ハラスメントを放置しているような会社に成長性はありません。

 

自分もハラスメントが横行する会社で働いていたことがありますが、自分がやられても人がやられているのを見ても精神が壊れます。

うんざりして何かしようとかのやる気が全く無くなります。

 

怯えて毎日を無難に過ごすことしか考えられない現状の奴隷に甘んじることになります。

精神を本当に壊してしまうと人生を棒に振ることになるので、ハラスメントがあってそれを放置している会社は危険です。

 

そして、放置している以上問題意識も無いので変わりません。

人としての尊厳を無視する会社は辞めるべきです。

真面目な人が損をしてクズが増殖している

まともな会社ではクズが消えるか隅に追いやられて有能が活躍します。

逆にまともな人が辞めてクズが残る会社では、クズによって真面目な人が損をする会社になります。

ダメな会社でありがちな辞めて欲しくない仕事ができる優秀な人ほど辞めてしまう現状。 まともな人が辞めていくと会社にしがみつくしかない...

 

クズが生き残るってことは単純に人事制度が機能していない会社であることの証明です。

一生懸命やればやるほど馬鹿らしいと感じて嫌な思いをする様な場所に居て出世するなら良いですが、恐らくしません。

 

ただ、嫌な思いをしてクズが出世していくだけです。

真面目な人が損をする会社だと誰も努力しようなんて思わないので全員が無気力に働くようになります。

 

無気力な自分と無気力な会社と共に心中するつもりなら良いですが、そんな人生を送りたくないなら辞めるのが正解です。

既に心身に不調が出てしまっている

自分の経験から辞めた方が良い会社は以下の通りです。

・価値観があっていない会社

・人間性が劣悪な人が多い会社

・ハラスメントが横行する会社

・真面目な人が損をする人事制度が機能して会社です

 

ただ、誰もが優秀で働けるわけでも無いので自業自得を覚悟で我慢できるならそれもある意味正解な部分があると思います。

しかし、頭が良い人は疑問や矛盾に気付くのが得意です。

 

おかしいことばかりに触れていて、心身に不調が出てしまっているなら問答無用で辞めるべきです。

辛くても頑張るなんて風潮がありますが、努力と我慢は違います。

 

心身に不調が出てしまっている以上、既に限界です。

そんな時は色々な情報を調べて甘えじゃないかと考えるより前に一刻も早く辞めて自分の人生を取り戻すべきです。

人間関係が最悪でも我慢した方が良い場合

人間関係はストレスですが、だからと言って簡単に辞めると同じことを繰り返すことがあります。

我慢してもう少しだけ頑張った方が良い場合を紹介します。

入社して日が浅い

人間関係が最悪だと思ってもお互いに知らないゆえに誤解ってよくあります。

人間関係が最悪と思っても入社して日が浅い場合はよほどのことが無い限り様子を見て頑張りましょう。

 

実はほとんどの人が人見知りなので、お互いに様子をうかがっているだけの時があります。

会社では最初に愛想がよく話しかけてくる人ほど無能で暇を持て余しているカスです。

 

まともな人ほど忙しいし、慎重な性格が多いので様子を見ているようなことがあります。

そうなると、お互いにちょっと愛想が悪い感じになったり、とっつきにくいので嫌な感じと判断してしまいがちです。

しかし、実際は年数を重ねていくほど良い人たちと思えるようなこともあるので入社して日が浅い場合は感情的に辞めるのは避けるべきです。

嫌な奴が数年で消える

人間性が劣悪な奴が居る場合は精神的に辛すぎるので辞めても良いです。

しかし、嫌な奴がこれからもいる場合は我慢合戦に耐え切れずに潰れます。

 

ただ、運が良いことに嫌な奴があと数年で消えて引退しそうな時は残りの年数を数えて耐えられそうな辞めずに耐えた方が得です。

ただ、これは嫌な奴が少数の場合に限ります。

 

人間性が終わっている奴が上にいるような会社は、それに影響されて他の奴も人間性が終わっている場合が多いです。

なにより、怖いのがヤバい奴が居なくなったと思ったら影を潜めていただけでよりヤバい奴が上に君臨するパターンもあります。

 

嫌な奴が特定の人だけで消えそうなら耐えることもおすすめします。

改善するための努力を何もしていない

人間関係で辞めてはいけないは半分正しくて半分間違っています。

そもそも辞める理由なんてほとんどが人間関係なんだから、甘えとか逃げでは決していないしそれ以外の理由で辞めるなんて存在しません。

 

ただ、同時に人間関係なんてどこでも付いて回ります。

人間関係改善のために何か変える努力をしたのかが無いとどこへ行っても同じことを繰り返してしまう危険があります。

 

仕事が出来なくて人間関係が気まずいなら出来るように努力してみる。

レベルの低い会社なら少しでもマシになるように協力して教えるようにする。

 

そんな自分が思いついて良くなるだろうという方法を結果上手くいかなくてもやったかやらないかで納得感が違ってきます。

自分に非があっても改善のために行動するからこそ失敗から学んで次に活かされるので転職したら上手くいくことが多くなります。

 

文句を言うのは簡単ですが、一時嫌な思いをして変わることが無く失敗しても自分なりのやり切った努力をしていないとまた文句だけの日々になります。

やるだけやっていないなら、自分が思う限りのことをして気持ちよく辞めましょう。

人間関係が最悪な会社からは転職しよう

転職の理由で最も多いのが人間関係です。

人間関係が良ければ多少給料が低くても辞めないでなんとなく働けてしまうのが人間です。

 

人間関係が理由で辞めることは甘えとか逃げとか言われますが、逃げでもなんでもありません。

人間関係が最悪な会社では自分の人生が疲弊して毎日が楽しくなく、お金があってもつまらない人生を歩むことになります。

 

人間関係が最悪な会社からは精神衛生上良くないので転職するのが絶対に良いです。

ただ、人間関係が理由でいきなり転職するのは不安だと思うので在職中に転職活動から始めるのがベストです。

 

転職活動をする前にまずは自分の本当の適正年収と向いている業種を知っておきましょう。

 

仕事は合う合わないが存在するので今一度自分がどんな仕事に向いているのか知っておきましょう。

敵を知り己を知れば百戦危うからずです。

 

仕事の適性把握にはミイダスが有効です。

 

無料で自分の適正年収と自分に向いている職種を教えてくれるのでそれを基準に活動できます。

本当の価値をミイダスで知る

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

 

キャリアアドバイザーがいるような転職サイトは成功報酬で転職者の年収35%程度を会社から取っていきます。

つまり、キャリアアドバイザーが付くような転職サイトはお金がかかるので経営能力が無いブラック企業は登録も出来ず、そもそもが弾かれています。

 

また、求人票を見るだけで企業が求めている基準を知ることが出来るので自分がスキルアップする際にも役立ちます。

 

さらに、めんどくさい履歴書、職務経歴書は上手いこと添削してくれるし、面接では過去にどんな質問があったか教えてくれます。

自分のキャリアの棚卸しも様々な事例をキャリアドバイザーとして見ていることから、手伝ってくれたり方向性を示してくれます。

時間がない中でも効率よく転職活動が可能になるのです。

 

これが完全無料で使えるので使わないと損です。

 

あと、実際に活動してみて思ったのがキャリアアドバイザーは複数登録しとくべきです。

人によって相性が絶対にあります。

全員が全員優秀ではないので色々自分の目で見て比較した方が良いです。

 

完全無料なのでいくつ登録しても安心です。

 

相手も複数登録前提で話を進めているので逆に一つだけだと足元を見てきます。

失礼なキャリアアドバイザーっていますからね。注意しましょう。

むしろ複数登録でないと損していますよ!

 

現に転職に成功した人は平均4社以上登録していますから。

自分が登録したキャリアアドバイザーは4つです。

 

1つ目がリクルートエージェントです。

 

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

 

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

 

個人的な感想としては優良な地元企業の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

見たことあるような地元の企業が「こんなに良い条件の勤務体系になっているのか!?」って驚くことが多いです。

 

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

 

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

 

その点パソナキャリならしっかりとサポートしてくれます。

また、自分に合った会社選びも親身になって行ってくれます。

 

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

 

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

転職するにあたってこの本を読んでおくと逃げの転職から攻めの転職、そして自分の将来を守ることにも繋がっていきます。

是非読んでみてください。

まとめ

職場の人間関係が最悪だと全てにおいて人生が狂っていきます。

環境が人を作るのでろくでもない奴らがいるところで働くと自分もろくでもない人間になって人生をつまらなくします。

 

簡単に諦めて転職するにも良くないですが、色々行動したうえで駄目だと判断したらすぐに転職した方が良いです。

人間関係のストレスがある会社か無い会社では天と地ほど労働環境や人生の楽しさが違ってきます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性が多い職場は疲れる?気を付けるべきことと特徴を実体験から解説

仕事で期待されていないことを悲しいと思う必要なし!実はメリットだらけ

ネオン掲示板

残業をしない人は嫌われる!?職場で嫌われて一生報われない理由

会社の飲み会は行きたくないが少しは行った方が良い理由

転職は筆記試験が原因で落ちるのではない!筆記試験が出来なかったとしても大丈夫な理...

会社をサボるずる休みに使える言い訳と気を付けること