飲み会が多い会社は危険!風通しが良いとは嘘

飲み会が多い会社は従業員通しが仲良しで風通しが良いと思われていますが、飲み会が多い会社は普通に危ない会社であると思います。

なぜ、飲み会が多い会社が危ない会社であるのか理由を説明します。

単純に飲み会は無駄

飲み会は親睦を深めるとか普段言えないことが言えて活発な議論が出来るとか色々言われていますが普通に無駄です。

本当に仲良く友達同士でやるのであれば全然良いのですが、仕事において飲み会が役に立つことなんてほとんどありません。

そもそも、飲み会なんて特に席の指定をしなければほとんどの人間がいつも一緒にいるような人間で固まるので新しい人間と親睦が深まるなんてことは一切ありません。

仲の良い者同士で勝手に飲み会に行っていればいいのです。

そして、飲み会だと普段言えないことが言えると考えられていますが、普段言えないことは大体言わない方が良いことです。

また、飲み会で言ったことなんて所詮酒の席だと流されるか、墓穴を掘って恨まれるだけなので良いことなんてありません。

そんな大して価値のない飲み会を最高だと信じて何度も繰り返す飲み会が多い会社は単純に普通の良い会社であるはずがないです。

適当に飲み会さえやっていれば士気も高まって社員の留飲も下がるという前時代的な考え方をしている会社は危険です。

新しい時代に新しいことを求められているのに昔の事しか出来ない企業体質だからです。

基本的に飲み会は無駄なのでどんどん勇気を出して断って自分の時間を大事にすべきです。

会社の飲み会なんか行きたくない! それ、当たり前の考えです。 友達でもなんでもないなんだったら嫌な奴と仕事終わりに一緒にいる意味が分...

馴れ合いが生まれる

飲み会が多い会社で働いたことがある自分の感覚なんですが飲み会が多い会社は馴れ合いが多く組織としてしっかりと機能していないです。

飲み会を何度もやると普通の人間なら多少なりとも情が湧くし、どうしようもない会社の方針もお酒が入った状態で上の人間がくだらない屁理屈を並び立てるのを聞いていると一応正当性はあるのかなと誤解してしまいます。

こうなると、みんな頑張っているしあんまり言っても悪いかなと忖度するようになります。

また、飲み会なんて基本的に悪口が多いです。

特に飲み会をたくさんやる会社なんて話題が尽きるので、会社の人間の細かい一挙手一投足を報告しあうようになります。

そうなると、自ずと監視社会を自分たちで作り上げることになるのです。

ここまで来ると、自分の悪口を言われないために本当は嫌われてもしっかりと言わなければならないことでも、遠慮して言わないようになります。

表面上だけは仲良くして腹のうちを探りあう馴れ合いの組織になります。

馴れ合う仲良しグループは確実に組織を蝕みます。

https://shiomakiai.com/%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e4%bb%b2%e8%89%af%e3%81%97%e3%81%94%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%af%e5%8d%b1%e9%99%ba%ef%bc%81%e9%a6%b4%e3%82%8c%e5%90%88%e3%81%84%e3%81%8c%e7%b5%84%e7%b9%94%e3%82%92%e5%b4%a9/

だから、飲み会が多い会社は馴れ合いが進んでいくので危ないのです。

雰囲気で洗脳される

飲み会をやればやるほど志向が偏ります。

飲み会が多いということは、自分のプライベートの時間が少ないことを意味します。

プライベートの時間が少ないと外の世界を知る機会が極端に減ります。

そうなると内部の人間で同じような仕事の話をすることになるので自分自身の思考回路が気付かないうちに会社寄りになっていくのです。

思考回路が会社寄りになれば最初はおかしいと思っていたことでも、理由があるからしょうがないことなんだ・・・

と意味も無く自分が納得し始めることになるのでいつの間にか会社に忠誠を誓っている状態になっていくのです。

飲み会をたくさんやるということは、従業員の時間を奪って思考を偏らせて洗脳していることになります。

そして、組織の同質化が進んだ組織では新しいことなんて何もできず飲み会で愚痴を言って陰で出来もしない理屈を並び立てるだけなので何一つ進歩しません。

洗脳されるし進歩はせず衰退していく組織なんて何一つも良いことなんてありません。だから、飲み会が多い会社は危険なのです。

自分の勤めている会社は認めたくないのですが10年以内に潰れる衰退した会社です。 会社が衰退するまでにどのような特徴・原因があり手遅れになっ...

飲み会が多くて嫌なら転職も視野に入れるべき

飲み会が多い会社は監視社会になりやすく洗脳されがちです。

また、飲み会が多い会社ほど表面上は風通しがよく仲良しなんて言いますが実際は全く違います。

仲が悪いことが多いです。

そんな会社でいつまでも過ごすのは精神的にも良くないですし、何より衰退していく組織なので潰れるリスクもあります。

少しでも早く今後のことを考えるべきです。

飲み会が多い会社がどうしても嫌だと考えている場合、転職した方が今後の人生のためにもいいと思います。

今の時代飲み会に付き合って尽くしても返ってくるものの方が少ないので、飲み会の少ない職場でプライベートを充実させた方が良いです。

どこも飲み会が多いなんて悲しいことを思わないでください。

実際に活動するときはキャリアアドバイザーを活用しましょう。

履歴書、職務経歴書の添削から面接のアドバイスまで完全無料で行ってくれます。

転職活動っていうと絶対に転職しないといけないと思いがちですが、現職に残ることも含めて転職活動です。

飲み会が多くて疑問に感じてモヤモヤするより行動した方が良いです。

キャリアアドバイザーは複数登録がオススメです。

相性がありますし、人によって言うことが違うので自分に合った人と活動した方が効率が良いのです。

また、求人内容も違ったりするので多く登録しておけばそれだけ色々な求人を見れます。

現に転職に成功した人は平均4社以上登録している事実があります。

実際に自分が使った転職サイトを紹介します。

1つ目がリクルートエージェントです。

業界最大でありブランド力があり、転職実績も一番です。

そのため、確実な転職のノウハウがあります。

求人数が他と比べて圧倒的に多いので登録しない手はありません!

圧倒的な求人数があれば必ず入社したいと思える会社が見つかります。

とにかく色々な求人を見たいならこれ以上はないです!

求人数重視ならリクルートエージェント

2つ目は、DODAです。

個人的な感想としては地元企業のあまり大きくないような会社の求人が結構ある印象なので地元転職にはオススメです。

地元で転職したいと思うなら是非活用した方が良いです。

また、求人数も多く求人検索機能が充実しているので希望する求人が探しやすいです。

優良企業への転職情報ならdoda

3つ目はパソナキャリアです。

お世辞にも求人数は多いとは言えません。

しかし、このキャリアアドバイザーの魅力は親身になって対応してくれることです。

初めての転職でわけがわからない状態のときにいきなり面接にぶち込まれても上手くいきません。

そもそも、飲み会が多い理由で転職してもいいのかといった不安までしっかりと話を聞いてアドバイスしてくれたので安心感が違います。

履歴書の添削から面接の受け答えまで本当に丁寧に指導してくれるので転職が初めての人はぜったいに登録すべきです。

徹底した親身な対応を求めるならパソナキャリア

20代でしたらマイナビAGENTがオススメです。

20代に完全特化した転職サイトです。利用者のほとんどが20代~30代までで若い人のサポートを中心に行っています。

20代後半でも6割程度の人が年収アップした転職が出来ているので、20代なら登録しておかないと損です。

20代転職でもう失敗したくないならマイナビAGENT

まとめ

飲み会って友達同士なら良いですが、会社関係だとしんどいです。

精神エネルギーが削られていきます。

会社の体制も旧態依然としていることが多いので将来が不安になります。

飲み会が嫌だったり疑問に感じるなら転職活動だけでもしてみましょう。

疑問を抱えたまま働くって本当に辛いですよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社内イベントが嫌いで無駄だと思う理由と社内イベント好きな奴の特徴

絶望的なまでに会社員に向いてない性格の特徴・診断

中小企業の家族経営・同族経営はブラック気質だから辞めるべき

責任から逃げる、責任を負わないムカつく逃げハラ上司の特徴と対策

INTJは孤独な天才でサラリーマンに向いてない

怒った落書き

会社は内部から崩壊する!組織崩壊の段階的特徴と予兆