FP2級は独学でも合格が可能!勉強法と勉強時間・テキストを紹介

FP2級は人生を生きるうえで絶対にとっておいて損のない資格です。

そんなFP2級は資格講座を受けなくても独学で受かることが十分に可能です。

独学で合格できる勉強法と勉強時間を紹介します。

FP2級の勉強時間

FP2級は合格まで300時間がかかりFP3級とは違い難しい試験みたいに脅していますがFP3級がめちゃくちゃ簡単だとしたらFP2級は簡単レベルです。

そもそも300時間も勉強が必要な資格って結構な難関資格ですよ。FP2級は難関資格ではありません

しっかりと適切な勉強法をすれば誰でも独学で受かることが出来る資格です。

FP3級を持っていれば150時間が目安だと言われていますが個人的には60時間。多くても100時間あれば余裕で受かると思っています。

特に試験だけ受かればいいやという方法で勉強するなら30時間もあれば受かってしまうと思います。

それだけFP2級は簡単な資格であり誰でも合格が出来る試験なのです。

ただFP2級は人生を生きるうえで非常に役に立つ資格なので出来れば受かれば良いという気持ちではなくしっかりと60時間以上勉強して完璧な知識を身につけて欲しいと思います。

社会人になれば勉強なんかしなくてもいいと思いますよね。逆です。社会人だからこそ実生活に役立つことを自分の頭で考えて会得していかなければなりません...

勉強法とオススメテキスト

勉強法は非常にシンプルで簡単です。

まず、テキストはこれをオススメします。

このテキストは図解入りで非常に見やすく文章もただ羅列してあるだけでなく重要な部分は強調してくれているうえに文字自体も堅苦しいような文字体で無いので気軽に読むことが出来ます。

まずは、この本をいきなり覚えようとしなくていいのでサラッと読みます。大体こんなことを勉強するんだなってことがわかれば上出来です。

その後、しっかりと覚えるようにもう一度読みます。今度は重要な部分はしっかりと覚えるように少し気合を入れて読んでおけばいいです。

ここまで来たらひたすら問題集を解きます。オススメの問題集はこれです。

テキストと同じシリーズを使った方がわかりやすいのでこの問題集をオススメします。また、この問題集は解説がしっかりとしているので間違えた部分もなぜ間違えたのかしっかりとわかるので最高です。そして、後ろ部分についてる答えが切り離して分離できるのですぐに解説を読めるのも素晴らしいです。

問題集のやり方としてはとりあえず解かずに答えを書き込むです!!!

FP2級の試験ははっきり言うと過去問から似たような問題と全く同じ問題が多数出題されています。問題集は過去問から構成されているのでしっかりとやれば自ずと過去問対策が出来ているのです。

だから、効率よく勉強するには自分で必死に答えを解くのではなく答えを完璧に覚えることが大事なんです。

FP2級はいかに暗記が出来るかが大事です。

そして、答えを書き込む際に絶対に大事なポイントがあります。

それは、答えの補足まで含めて全て問題に答えを書き込むことです。

直接的に言えば問題集をテキストにしてしまってください。

そして、出来れば問題集を5周すれば絶対に独学でも合格できます。

ちなみに計算問題があり電卓が必要になるので購入しておきましょう。自分は常にこの電卓を使っています。

ちなみに過去問はいりません。そもそも売ってないですし問題集を完璧にすることが過去問対策になります。

どうしてもと言うならTACの直前予想問題集をやっておけば言うことないでしょう。

FP2級に最短で受かるには

しっかりと勉強してほしいのですが「もう時間が無いんだよ!!!」って人もいると思います。

そんな人のための対策も教えます。

基本的にはしっかり勉強する方法と一緒ですがテキストはいらないです。そんな余裕ないですよね。

とりあえず問題集をやります。問題集に答えを書き込みます。で、時間の限りひたすら覚える。

これで終わりです。

基本的に問題集の内容から出題されるのでやればその分だけ得点に繋がります。

運が良ければ30時間前後で合格することが出来ます。

まとめ

FP2級は独学でも絶対に合格できる資格です。

そのためには、テキスト→問題集書き込み→ひたすら覚えるを繰り返せば良いのです。

これで誰でも絶対に合格できるので是非独学での合格を目指してください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自信を持ってオススメするモテるメンズ香水と付け方

使わない株主優待券の有効活用法

性格診断で適職・生き方を模索する

ブログ書くことないときのネタの探し方 社会情勢と自分を知る

ヤフーキャッシングのリボを一括返済する

松紳というトークの最高峰