転職した方がいい会社の特徴!見極めるポイントを紹介

人生は一度きりしかないですし今の時代企業が一生雇って守ってくれる保障なんて存在しません。

若い時間を駄目な企業に搾取されるのは人生の損失です。

そのため駄目だなって思ったら転職した方が良いです。迷わずに転職した方が良い場合のポイントを紹介します。

赤字企業からは転職した方が良い

とにかくなんでもいいから転職した方が良い会社の特徴ナンバーワンは赤字企業です。

赤字だとそもそも会社が存続できません。普通に潰れます。

潰れる会社に所属していることにメリットなんか何もありません。

ドラマみたいに劇的に立て直すことが出来る確率なんてめちゃくちゃ低いです。低いからこそ上手くいくとドラマとかになるのです。

赤字企業は給料が下げられるのは当然のこととして従業員に長時間労働を強いることをしたり逆に暇すぎてやることがなくスキルが全く身に付かないなんてこともあります。

そして、赤字企業は思うほど簡単に潰れないのでそわそわしながらしがみついていると年ばかり重ねて転職が厳しい年齢になってしまうことだってあります。

だから、赤字企業は未来が無く赤字にしている時点で経営者や何かしらに問題があるのですぐに辞めましょう。

現代は不景気なので実際に自分が働いている会社が赤字の場合があるかもしれません。 赤字だからと言ってすぐに潰れることは少ないですが絶対に赤字...

経営陣が老害の場合

財政が黒字であっても経営陣が老害で占められている場合も転職を考えた方が良いです。

今の時代どこの企業でも同じことをひたすらやっていけばいいのではなく、何かしらの新しい挑戦をし続けていかないと立ち行かなくなります。

それなのに、老害が経営陣にいると昔話と意味不明な時代遅れの理念ばかり語り新しいことに対して否定的なことしか言いません。

これでは新しいことが生み出せなくなるのでいつかは赤字に転落します。

そして、老害が幅を利かせていると媚びを売る人間が評価されて上にいることが多いので老害がいなくなっても媚びを売ることしか出来ない人間だけです。

そんな状態で赤字になる未来しかないのです。

だからこそ、老害が経営陣の多数を占める場合は転職を考えていくべきであるのです。

悪口ばかりの会社

悪口が多い会社は転職を検討した方が良いです。

もちろん、悪口なんてどこの会社でもありますからそれだけで転職するのは駄目です。

しかし、衰退する駄目な会社は悪口が多すぎるのです。

自分の勤めている会社は認めたくないのですが10年以内に潰れる衰退した会社です。 会社が衰退するまでにどのような特徴・原因があり手遅れになっ...

悪口が多いということは社内評論家が多いということです。

全員が会社に対して意見は持っているし改善しようという気持ちがあるのですがそれを発揮できる場と吸い上げれる人間がいないことを意味しています。

意見が採用されないいつまでたっても変わらない現状をひたすらこの人は馬鹿だからと悪口を言うことでストレスを発散しているような会社は危険です。

圧倒的に才能があるカリスマがいるなら良いですが大体の会社は違います。

それなのに、意見も聞かず悪口しか言えない環境ではリーダーの方針が誤る可能性が高いです。

誤れば必然と赤字企業になっていくので悪口の内容が常に会社の愚痴の上の人間の愚かさについて語られている時は転職を考えた方が良いです。

また、悪口が多いとモチベーションが下がるので普通に良くないです。

叱れない無責任な上司が多い

叱れない無責任な上司が多い会社も転職を検討すべきです。

無責任でしょうもない上司はいくらでもいますが、叱れない上司が存在していると危ないです。

叱らないと叱れないは違います。

別に声を荒げなくても部下のミスに対してしっかりと指導することも叱ることのうちだと思います。

それすらせずに、いちいち部下に何か言うと嫌われてしまうからと言う思春期の学生レベルのセンチメンタルな気分で責任を放棄して叱らない上司がいる会社は終わる可能性が高いです。

叱らないということは、自分が悪いことをしている自覚が無いということになります。

すると、部下は悪い態度も改めることなんて自発的にするはずないです。絶対に調子に乗ります。

また、何もしないのならば上司なんていてもいなくても一緒です。上司としての威厳が無くなります。

威厳が無いと誰も言うことなんか聞かないし叱られないからと無秩序な組織になります。

こんな組織が長く続くことは無いです。

だから、今は良くても転職を検討しておいた方がいいのです。

昔前は怒ってばかりでどうしようもない上司というのが話題になっていましたが、最近は叱れない上司というものが増えてきたような気がします。自分は、怒っ...
どこの職場にもいるのですが、人一倍給料をもらっておきながら責任感が無く無責任で頼りにならない上司。 本当に腹が立ちますよね。 そんな...

飲み会が多すぎる会社

飲み会が多すぎる会社は転職を考えた方が良いです。

営業とかで接待として飲み会が多いなら良いのですが、会社内での飲み会が多い会社は圧倒的に危険です。

なぜなら、仲良しグループで誤魔化して組織運営をしている可能性が高いからです。

本当は組織内に不満があり改善すべきことにしっかりと向き合わないといけないのに飲み会で愚痴を吐き出させれば上手くいくだろうと考えていることが多いです。

しかも、一見すると仲が良いと思われる飲み会が多い組織ほど仲が悪いです。

飲み会ばかりしているとネタが無いので会社内の悪口がメインになるし考え方が狭くなるので良いアイディアが浮かびません。

会社は当然ですが友達を作りに行くような場所ではありません。仕事をする場所です。 しかし、結構な人数が明るさと軽さをはき違えて仲良しごっこで...

会社内での飲み会が多い場合は適当な理由を付けてとっとと帰りましょう。

帰って転職サイトを見ている方がよっぽど良いです。

会社の飲み会なんか行きたくない! それ、当たり前の考えです。 友達でもなんでもないなんだったら嫌な奴と仕事終わりに一緒にいる意味が分...

自分が生きている実感が無い会社

長時間労働とか厳しいパワハラまがいの会社からは転職しようなんて言われていますが、一番大事なのって自分が生き生きと会社で働けているかどうかで考えるべきです。

実際に働いてみると長時間労働でも仕事が楽しく評価されれば仕事が趣味になってしまう人もいますし、そういった人は長時間労働だから転職しないといけないと考えない方が良いです。

なぜなら、生き生きと楽しく働けているから。

指導が厳しくても厳しい環境で成長できる人間なら別に無理に転職してやりがいがない会社に行く方がつまらない人生を送ることになると思います。

例え楽な仕事でも生きている実感が無く虚ろな目で働いているような会社でも人生を無駄にしてしまうのです。

だから、自分がこの会社ではイキイキと働けない、ここにいてもしょうがないと感じるならば他人が良い会社であると言ってもその会社は自分にとっては転職すべき会社であるのです。

特に20代の場合は一度は転職活動をして違う企業を知ってみることが大事です。

社会人として働いていれば誰もが一度は会社を辞めたいと思うはずです。 そんな時大体は結局行動をしませんが自分は絶対に転職活動をするべきだと思...

転職は早いうちにしよう

転職は特別なスキルが無いと今でも若い方が有利です。だから、早いうちに辞めた方が良い会社に該当する場合は転職しましょう。

転職する場合はこの本を読んで欲しいです。この本は単なる転職のテクニックではなく自分の人生と仕事との考え方とキャリアの棚卸まで生きるうえで必要なことを学べるので、まさに転職を考えたらその時点で読むべき本です。

実際に転職する場合はキャリアアドバイザーを活用することで効率よく転職活動を進めることが出来ます。

オススメは業界実績求人数が一番多いリクルートエージェントです。

リクルートエージェントはオススメではあるのですが、登録者数も多いので対応が親身でないこともあります。また、キャリアアドバイザーとは結局相性なので複数登録が絶対に良いです。

その他オススメの転職支援としてはDODAとパソナキャリアです。


DODAは求人数も多く検索もしやすいです。パソナキャリアは求人は他より少ないですがキャリアアドバイザーが親身になってくれるのでオススメです。

転職活動したからと言って絶対に転職する必要なんて無いと思っています。転職活動をして残るという選択まで含めて転職活動です。

転職活動をしていて不採用の嵐でなんだか嫌になって転職自体を諦めたいと思っている人に言いたいです。 人生の方向性をしっかりと確認できているな...

赤字企業で危ない場合以外は自分の価値と何を勉強していかないと評価されないかわかるだけでも素晴らしい体験だと思います。そのうえで、残って勉強してから転職しても良いと思います。

人生一度しかないですし企業が守ってくれる時代ではありません。自分で人生を考えて転職すべき会社からは早めに転職しましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紳竜の研究 島田紳助が成功した戦略の全てが詰まっている

楽して稼ぎたい!大学生におすすめする楽して稼げる短期バイトを紹介

なぜ老害になるのか?原因と特徴を解説

怖い先輩こそ良い先輩

転職活動は20代で一度はした方が良い理由

サラリーマンで仕事が出来るとは部下を育てられること